「麻生 会見」の検索結果

今すぐ視聴する

1兆円規模の臨時交付金設ける 麻生・岸田会談一致
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 1兆円規模の臨時交付金設ける 麻生・岸田会談一致  麻生財務大臣と自民党の岸田政調会長が会談し、地方自治体が自由に使える1兆円規模の交付金を設けることで合意しました。  自民党・岸田政調会長:「1兆円の臨時交付金、麻生副総理の方から了解したと、1兆円で調整するというお答えを頂きました」  自民党は今週に取りまとめた新型コロナウイルスに関する経済対策への提言のなかで、地方自治体が地方の実情に応じて使える交付金を設けるよう求めています。3日の会談で麻生大臣と岸田政調会長は、1兆円規模の交付金を設けることで一致しました。今後、政府内で調整を進め、来週にまとめる緊急経済対策に盛り込まれることになります。
安倍総理と麻生副総理の同席避ける リスク分散へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 安倍総理と麻生副総理の同席避ける リスク分散へ  新型コロナウイルスへの感染予防のため、麻生副総理が安倍総理大臣との同席を避け、政府対策本部の会議に出席しないことになりました。  西村官房副長官:「非常に密接な状況というご指摘もあるなかで、副総理は出席はされない。分散した形で開催していくということになろうかと思います」  政府対策本部については出席する閣僚や事務方がマスクを着用するほか、記者やカメラマンといった取材者もマスク着用が要請されています。また、西村副長官は「その他の会議についても検討を進める」と述べ、閣議などについても感染のリスクを分散させる方策を検討する考えを示しました。

おすすめの作品

第八話
帰ってきた時効警察 第八話 霧山(オダギリ ジョー)は、総武市のビバリーヒルズと呼ばれる高級住宅街・甲府町で起きた、悪徳不動産会社社長・東吉田真一(二階堂智)の殺害事件を捜査することに。事件当時、室内が荒らされていたため強盗目的の殺人との線も浮上したが、被害者に恨みを持つ人間が多すぎて捜査は難航。焦った捜査班が第一発見者のメイド・佐伯多美子(松田美由紀)に自白を無理強いしたことで、社会的問題にもなった事件だ。霧山はさっそく三日月(麻生久美子)を連れて、事件現場となった東吉田家へ。しかし、霧山は被害者の妻・美幸(麻生久美子・二役)の母・八重(加藤治子)から事件当日の話を聞いている最中、とんでもないアクシデントが起こり、入院するハメになってしまう。
第二話
時効警察 第二話 ある日、三日月(麻生久美子)と熊本(岩松了)がラブホテルから出てくる現場を連写した写真を、蜂須賀(緋田康人)が持ってきた。不倫発覚か!? と盛り上がる時効管理課の面々。そんな中、霧山(オダギリ ジョー)は、オリンピック代表候補だった水泳選手・藤山一子(塩山みさこ)とコーチ・小原安雄(田中要次)の心中事件に興味を持つ。
第八話
時効警察 第八話 霧山(オダギリ ジョー)は、女子高生・立花律子(真木よう子)がセーラー服のスカーフで絞殺された時効事件を調べることに。律子は朝日ヶ丘大学合格発表の日の夜、当時痴漢被害が続発していた森へ自ら赴き、そこで殺されたらしい。霧山は三日月(麻生久美子)と共に、朝日ヶ丘大学卒業後に同大学数理学部の助教授をしている律子の親友・関ヶ原弥生(櫻井淳子)を訪ね、話を聞くことに。
第四話
帰ってきた時効警察 第四話 引っ越してからというもの不眠に悩まされている三日月(麻生久美子)は、タクシーにあったパンフレットで見付けた催眠療法師・スリープ玲子(ともさかりえ)のクリニックへ。なんとスリープ玲子は、三日月と中学で同級生だった卯月玲子だった! まさかの再会に喜ぶ2人。するとそこへ、霧山(オダギリ ジョー)が突然訪ねてきた。霧山が趣味で捜査し始めた時効事件は、玲子の父で小説家だった卯月善(矢崎滋)の不倫相手・七海奈美(村岡希美)が完全密室で殺された事件だったからだ。
最終回
帰ってきた時効警察 最終回 三日月(麻生久美子)のもとへ、昔付き合っていた刑事・九門竜(神保悟志)から電話がかかってきた。5年前に三日月は、ニューヨークのインターポールへの派遣が決まった九門竜からの「一緒に来ないか」という誘いを断り、現在に至っている。一時帰国したため会いたいという九門竜の言葉に戸惑う三日月。一方の霧山(オダギリ ジョー)は、スパニッシュギターの名手・熱賀しおり(室井滋)がコンサートを開いていたホールの屋上から、コスプレ楽屋泥棒・鳥山清助(岡元次郎)が突き落とされて死んだ時効事件を捜査し始める。
第一話
帰ってきた時効警察 第一話 三日月(麻生久美子)たちに惜しまれつつ、霧山(オダギリジョー)が金欠を理由に趣味である“時効事件の捜査”をやめてから1年。それ以外は特に変化のない総武警察署随一のヒマな部署・時効管理課に、新卒の真加出(小出早織)が配属された。そんな中、熊本(岩松了)から、時効になったばかりの国会議員・福原健一(あべかつのり)撲殺事件のファイルを見せられた霧山は興味津々。さらに何かに後押しされるかのように、霧山はある日ひょんなことから大金を手に入れる!霧山はさっそく趣味を再開。三日月を連れ、事件当時は駆け出しキャスターだった榎田美紗子(麻木久仁子)のもとへ。
第七話
帰ってきた時効警察 第七話 霧山(オダギリ ジョー)は、「イノシシ主婦見間違い事故 それとも殺人事件なのか?」という、どっちつかずの名称がついた時効事件を捜査することに。イノシシの里とよばれる“大間下(おおまか)村”で、村の猟友会メンバーがイノシシと間違って、イノシシの毛皮をまとった村の主婦・一宮理恵子(宮地真緒)を射殺してしまった事件だ。当初は痛ましい事故と考えられていたが、事件当日に理恵子の夫・一路(山中崇)が猟銃で自殺しているのが自宅で発見されたため、殺人事件の可能性も浮上したという。霧山と三日月(麻生久美子)は、さっそく大間下村へ行き、一路の姉・御厨まさへ(国生さゆり)を訪ねることに。
第三話
時効警察 第三話 三日月(麻生久美子)は時効管理課に花を飾ってみるが、霧山(オダギリ ジョー)をはじめ時効管理課の人間は誰も気付いてくれなくてガッカリ。そんな中、霧山はまた時効事件を捜査し始める。政治家への不正献金問題でマスコミの攻撃を受けていた会社の社員・町田拓二(大西武志)が、駅のホームから転落死した事件である。同じホームで電車待ちしていた藤沢郁也(田中哲司)も不正に関与していた疑いがあり、それに感づいた町田を藤沢が殺したという説も出てきたが、現在は藤沢の妻である道子(緒川たまき)が事故死だと証言。殺人の疑いは消えたまま現在に至った。
小泉環境大臣が“屋外”会見 新型コロナ対策で
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 小泉環境大臣が“屋外”会見 新型コロナ対策で  新型コロナウイルスの感染拡大防止の一環として、小泉進次郎環境大臣は閣議後の会見を屋外で行いました。  小泉大臣が7日朝に会見を行ったのは、国会議事堂の前に臨時で設けられたスペースです。閣議後に定例で行われる大臣の会見は普段、各省庁の会見室や国会の廊下などで行われていて、屋外で行われるのは異例のことです。小泉大臣は会見のなかで、安倍総理大臣が7日に発令する見通しの緊急事態宣言に触れ、「政府が危機感を国民の皆さんに示せるかどうかが非常に重要だ」と強調しました。また、テレワークを前提とした勤務体制に移行するなど、環境省における感染防止策をさらに徹底するとしました。
感染拡大のなか経済対策は…安倍総理会見ノーカット
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 感染拡大のなか経済対策は…安倍総理会見ノーカット  新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、今後の経済対策、マスクの供給などについて安倍総理大臣が会見を行いました。会見の模様をノーカットでお届けします。