「黒田 光」の検索結果

今すぐ視聴する

第27話 宇宙を走る閃光
機動戦士Vガンダム 第27話 宇宙を走る閃光 ズガン艦隊の殲滅を図るためビッグキャノンの発射準備の最中、ジュンコが取り付けられた爆弾を見つけてしまう。外そうとした時、彼女は閃光の中に消えた。彼女によって守られたビッグキャノンのビームはコロニーをかすめ、ベスパの艦隊を巻き込んでいくのだった。
第39話 光の翼の歌
機動戦士Vガンダム 第39話 光の翼の歌 ウッソたちは懐かしき我が家へと向かう。その様子を窺っていたベスパのマチスはホワイトアークを攻撃する。その戦闘に気付いたウッソは、強くなった自分に戸惑いつつも、V2の光の翼を広げ敵を全滅させる。死にゆくマチスたちにかつての自分たち重ね、彼らの墓を作ったのだ。
LINE.4 覚悟の5人
弱虫ペダル GLORY LINE LINE.4 覚悟の5人 先頭で御堂筋と鳴子の激しいデッドヒートが続く!後方では黒田が決死の引きを見せ猛追するが、前を行く2人を視界に捉えることができない。するとこれまで引いてもらっていた葦木場が「ゴール前にいなければ勝負にならない」と、黒田とポジションを交代し、メトロノームダンシングで激走。ぐんぐん前との差を詰めていく。今泉も鳴子の走りを後押しすべく懸命にペダルを踏む。御堂筋、鳴子、黒田、葦木場、今泉――。覚悟を決めた5人の決着の時が迫る!
LINE.1 最終局面へ
無料
弱虫ペダル GLORY LINE LINE.1 最終局面へ インターハイ栃木県大会1日目。ファーストリザルトは箱根学園の銅橋が獲得、続く山岳ステージでも総北のキャプテン手嶋を抑え、箱根学園の真波が山岳賞に輝いた。快進撃を見せる箱根学園は迫るゴールに向けて、エース葦木場とエースアシスト黒田が飛び出す!抜群にしなる脚を持つ“黒猫”黒田の走りに後れを取ると思われた総北だったが、今泉と鳴子の2年生コンビが猛追していく。緊迫する最終局面、遂にゴール争奪戦がスタートする!
LINE.2 2人のエース!!
弱虫ペダル GLORY LINE LINE.2 2人のエース!! 1日目のゴールに向けて、黒田の引きで一気にリードする箱根学園だが、総北はスプリンターからオールラウンダーに転向した鳴子章吉が本領を発揮!登りでもスピードを発揮する新必殺技を見せて一歩も引かない。手嶋から「エースは自分たちで決めろ」と言われ、コンビというよりライバルのように競り合って走る今泉と鳴子に対し、黒田は葦木場とのコンビで百戦錬磨のレース運びを見せる。そんな中、後方から両チームに忍び寄る影が…!
LINE.5 削る3秒
弱虫ペダル GLORY LINE LINE.5 削る3秒 自らの力を全解放して“変態”した御堂筋と、この日のために磨いてきた純粋な全力スプリントを見せる鳴子がゴールに近づく。そこに、黒田のギリギリのコーナリングと決死のアシストから飛び出した葦木場が追いついた!「オレは強いよ!」黒田に背中を押された葦木場、御堂筋と鳴子の三つ巴のゴールスプリント!3人がゴールラインに向かってバイクを投げ出して、ほぼ同着でゴール―。果たして、インターハイ1日目を制したのは…!?
第三話 すれ違う想い
School Days 第三話 すれ違う想い 誠と付き合い始めた言葉だが、二人の気持ちはうまくかみ合わない。悩みを抱える言葉に、気持ちが空回りしている誠。誠は電車の中で落ち込んでいる言葉を抱き締めるが拒絶されてしまう…。そんな電車の中での行動を、誠と同じクラスの光に目撃されてしまい…。
第五話 波紋
School Days 第五話 波紋 言葉から誘われたプールでのデートだったが、なりゆきで世界や光達と6人で行くことになってしまう。世界との特訓の事が頭から離れない誠を他所に、言葉は誠の恋人として積極的に誠に接する。言葉の気持ちとは裏腹に、誠は世界へ自分の思いをぶつけるが…。
第42話 鮮血は光の渦に
機動戦士Vガンダム 第42話 鮮血は光の渦に リガ・ミリティアと地球連邦軍の連合艦隊は、ピピニーデン艦隊を一時後退させた。混戦の中で、ウッソは自らの理想の子供にしたがるルペの猛攻を受け困惑するが撃破する。彼女は権力にしがみつく愚かな男ピピニーデンを道連れにして、爆発の中に消えていった。
第44話 愛は光の果てに
機動戦士Vガンダム 第44話 愛は光の果てに ホワイトアークは、ザンスカール近衛師団のキスハールに発見されたため、彼を捕虜にして脱出する。キスハールが死んだと思い、彼を執拗に攻撃するカリンガ。二人は愛し合っていたが誤解が解けず相討ちになる。この悲劇を見てシャクティは、戦いを終わらせる決意を固めた。
#3:レンズは見ていた光と影
無料
オオカミちゃんには騙されない #3:レンズは見ていた光と影 【前回のおさらい】 かずまの太陽LINEでライブに参加するゆうか、あいり、ひろむ、ゆいと。ライブ後、前回かずまが太陽LINEでライブに誘ったミチの話題に。 さらに、メンバーが共同作業する「カフェ」作りもスタート。カフェに飾る写真チームと、アトリエに残るチームの2組に別れる。 提供:Indeed
第7話 こころ、ひらいて
放課後さいころ倶楽部 第7話 こころ、ひらいて 喫茶店に一人でいた美姫は、突如現れたマキに半ば強引にツーリングに誘われる。風光明媚な山中で無邪気に川遊びを楽しんだあと、美姫のカバンに入っていた、“もんじろう”で遊ぶことに。ゲームの中で〝お互いに相手の悪口〟を言い合って遊ぶ2人。辛辣なマキの悪口にショックを受けながらも負けじとやり返し、次第に心が解放された美姫は「おおきに」とマキに感謝の言葉を伝える。その言葉の意味をマキもわかっていて……。
第二話 二人の距離
School Days 第二話 二人の距離 言葉と付き合う事になった誠は、言葉を初めてデートに誘うが、言葉は暴走気味の誠に戸惑い気味…。翌日、デートの事を聞いた世界は誠の暴走っぷりにあきれるが、二人の為に持っていた映画のチケットを渡す。
第四話 無垢
School Days 第四話 無垢 言葉との仲を進展したい誠。誰もいない学校の屋上で誠は言葉に迫るが、心の準備のできていない言葉は誠の行為を拒んでしまう。誠との付き合い方を世界に相談する言葉。そして、言葉とうまくいかずいらつく誠を見かねた世界は、誠にある提案を持ちかける。
第六話 明かされた関係
School Days 第六話 明かされた関係 世界と一線を越えてしまった誠。表向きには言葉と付きあう事を続けるが、世界との関係は加速していく。世界も言葉に悪いと思いつつ、誠を拒めなくなっていく。次第に誠は言葉を避けるようになり、言葉からの電話も拒否するようになってしまう…。
第七話 前夜祭
School Days 第七話 前夜祭 言葉を避けるようになる誠。そして世界との関係は加速していく…。誠と世界の関係に気付いた刹那は、世界の為に言葉を誠から遠ざけようとし、誠の携帯電話を取り上げ言葉からの電話を着信拒否にしてしまう…。
第八話 学祭
School Days 第八話 学祭 誠との関係を言葉に伝えられずにいた世界だったが、学園祭も迫ったある夜、誠のマンションの前で言葉と鉢合わせしてしまう。言葉からきついコトバをぶつけられた世界は、ふさぎこんで学校を休んでしまう。そして、それぞれの思いを他所に、学園祭が始まる。
第九話 後夜祭
School Days 第九話 後夜祭 誠に後夜祭のフォークダンスを一緒に踊ると約束させた世界。だが誠は、言葉とも踊る約束をしていたのだが…。一方の言葉はクラスの出し物の受付から離れられず、誠に何度もメールを送るも一向に返答がなく…。
第十話 心と体
School Days 第十話 心と体 学園祭最後のフォークダンスで楽しそうに踊っている誠と世界。そんな二人を見てしまった言葉だが、頑なに自分は誠の恋人だと主張する。フランスへの旅立ちを控えた刹那は、世界を誠に託そうと奔走するのだが…。
第十一話 みんなの誠
School Days 第十一話 みんなの誠 クリスマスも近くなってきた頃。誠は箍が外れたかの様に、手当たり次第に異性との関係を重ねていた。言葉は我を忘れてしまい、世界は突然の刹那の転校と誠の浮気のショックで引きこもってしまう。だがそんなある日、世界の体にある異変が…。
第十二話 スクールデイズ
School Days 第十二話 スクールデイズ 世界から逃げ出すように街を彷徨っていた誠は、クリスマスツリーの下で言葉と再会し、聖夜を共に過ごす。誠の家に向かう二人を偶然目撃した世界は、事実を確かめるかの様に誠の家に押しかけるが…。
LINE.3 約束の時
弱虫ペダル GLORY LINE LINE.3 約束の時 1日目ゴールまで残り3.5㎞!優勝は総北か箱根学園どちらかのチームだと誰もが確信する中、突如京都伏見の御堂筋と岸神が後方から奇襲を仕掛け、御堂筋がゴールに向けて一気にアタック!しかし、鳴子だけは御堂筋から目を離さず、そのアタックについていく。開会前の宣戦布告のとおり、御堂筋vs鳴子のリターンマッチが始まる!一方、今泉に協調を提案した黒田は「スイッチ」を入れ、今まで以上の走りで2人を追いかける!
LINE.8 2日目、スタート!!
弱虫ペダル GLORY LINE LINE.8 2日目、スタート!! インターハイ2日目がスタートし、選手が1日目の着順スタートで次々と走り出す。少しでも早く先頭の今泉と鳴子に追いつこうと坂道と手嶋がペダルを回すが、鏑木は自身の様子がおかしいことに気付く。一方、なかなかペースを上げない箱根学園だったが、それは司令塔の黒田を合流させるためだった。そんな中、不調の鏑木がチームからちぎれてしまう。鏑木を助けに行こうとする坂道を、箱根学園を警戒して止める手嶋。そこに青八木が口を開き…。
LINE.11 山王
弱虫ペダル GLORY LINE LINE.11 山王 坂道と悠人の戦いが始まった。“山王”とまで呼ばれるほどになった坂道と戦うことに悠人は興奮し、先頭を行くそれぞれのチームメイトとの合流をゴールとする勝負を持ちかける。「ただチームのために」走る坂道の姿勢に違和感を覚えながら一気に勝負に出る悠人。しかし今泉と鳴子が坂道が来ることを察知し、勝負は引き分けとなった。しかし、そこに黒田ら箱根学園が追いつくと、勢いは一気に箱根学園へ。追うか、手嶋を待つか…。今泉は判断を迫られ…。
LINE.13 罪を背負いし者
弱虫ペダル GLORY LINE LINE.13 罪を背負いし者 スプリントリザルトを懸けた闘いが始まった。箱根学園キャプテンのスプリンター泉田に対し、京都伏見は泉田の「最上級筋肉(よきにく)」に執着する岸神小鞠が飛び出す!泉田は、前年のインターハイでの敗北、自分がキャプテンにふさわしいのか葛藤していたこと、そんな自分の背中を押してくれた葦木場や黒田の言葉を思い出していた。すべての罪と覚悟を背負った泉田が疾走する!しかし岸神も「最上級筋肉(よきにく)」への異常な執着で追いすがる!
LINE.17 山のはじまり
弱虫ペダル GLORY LINE LINE.17 山のはじまり 後方に落ちていた鏑木と青八木が追いつき、遂に合流を果たした総北。5人が揃い、チームにも希望が見え始めた。その中で、坂道は真波ともう一度戦うという約束を胸に走る。一方、先頭集団はすでに平坦から山岳・榛名山へと突入!山岳リザルト、そしてその先のゴールに向けて熱を帯びる。箱根学園の真波も坂道を気にしていたが、黒田は京都伏見の動きを警戒。そして、御堂筋たちがアタックを仕掛け、一進一退の攻防が繰り広げられる!
第一話 告白
無料
School Days 第一話 告白 伊藤誠は入学式の時に出会った桂言葉に密かに想いを寄せていた。毎日同じ電車の中で見かける言葉の姿を、携帯電話の待ち受け画面にする誠。恋のおまじないなんてくだらないと思っていた誠だったが、同じクラスで隣の席の西園寺世界に待ち受け画面をみられてしまい…。
KHAOS.4 10.14 新宿FACE
KHAOS 2017 KHAOS.4 10.14 新宿FACE 2017年10月14日に新宿FACEにて開催された、「KHAOS」。今回は【KHAOS of WAR】関東vs関西・全面対抗戦が実現![KHAOS -65kg Fight/3分3R]FUMIYA(ポゴナ・クラブジム)vs篠原悠人(DURGA),[KHAOS -59kg Fight/3分3R]芦澤竜誠(K-1ジム総本部チームペガサス)vs河野一平(若獅子会館),[KHAOS -63kg Fight/3分3R]“バズーカ”巧樹(菅原道場)vs川崎真一朗(月心会ラスカルジム),[KHAOS -53kg Fight/3分3R]小只直弥(K-1ジム総本部チームペガサス)vs山脇魁斗(隆拳塾),[KHAOS -53kg Fight/3分3R]桑田裕太(Ωmega)vs黒田斗真(隆拳塾),[KHAOS女子 -50kg Fight/3分3R]壽美(NEXT LEVEL渋谷)vsテキサス・アユミ(STURGIS新宿ジム),[プレリミナリーファイト/KHAOS -63kg Fight/3分3R]田畑凌(池袋BLUE DOG GYM)vs櫻井光(K-1 GYM YOKOHAMA TEAM TORNADO)の対戦にも大注目!
#3:4時間遅刻にバンダリ激怒!脱落バスツアー
Popteenカバーガール戦争 #3:4時間遅刻にバンダリ激怒!脱落バスツアー メンズモデルのバンダリ&ひろむが参戦! 楽しいバスツアーロケに出発!のはずが...。 「のんたんが来ていません」 まさかの寝坊で4時間遅刻!バンダリ激怒&ひろむとケンカ!? トラブル起きまくりで人間性むき出しの修羅場に突入! さらに編集長の爆弾発言「...メンバー脱落。」