「黒田 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

第七話 前夜祭
School Days 第七話 前夜祭 言葉を避けるようになる誠。そして世界との関係は加速していく…。誠と世界の関係に気付いた刹那は、世界の為に言葉を誠から遠ざけようとし、誠の携帯電話を取り上げ言葉からの電話を着信拒否にしてしまう…。
第八話 学祭
School Days 第八話 学祭 誠との関係を言葉に伝えられずにいた世界だったが、学園祭も迫ったある夜、誠のマンションの前で言葉と鉢合わせしてしまう。言葉からきついコトバをぶつけられた世界は、ふさぎこんで学校を休んでしまう。そして、それぞれの思いを他所に、学園祭が始まる。
第九話 後夜祭
School Days 第九話 後夜祭 誠に後夜祭のフォークダンスを一緒に踊ると約束させた世界。だが誠は、言葉とも踊る約束をしていたのだが…。一方の言葉はクラスの出し物の受付から離れられず、誠に何度もメールを送るも一向に返答がなく…。
第十話 心と体
School Days 第十話 心と体 学園祭最後のフォークダンスで楽しそうに踊っている誠と世界。そんな二人を見てしまった言葉だが、頑なに自分は誠の恋人だと主張する。フランスへの旅立ちを控えた刹那は、世界を誠に託そうと奔走するのだが…。
第十一話 みんなの誠
School Days 第十一話 みんなの誠 クリスマスも近くなってきた頃。誠は箍が外れたかの様に、手当たり次第に異性との関係を重ねていた。言葉は我を忘れてしまい、世界は突然の刹那の転校と誠の浮気のショックで引きこもってしまう。だがそんなある日、世界の体にある異変が…。
第十二話 スクールデイズ
School Days 第十二話 スクールデイズ 世界から逃げ出すように街を彷徨っていた誠は、クリスマスツリーの下で言葉と再会し、聖夜を共に過ごす。誠の家に向かう二人を偶然目撃した世界は、事実を確かめるかの様に誠の家に押しかけるが…。
LINE.3 約束の時
弱虫ペダル GLORY LINE LINE.3 約束の時 1日目ゴールまで残り3.5㎞!優勝は総北か箱根学園どちらかのチームだと誰もが確信する中、突如京都伏見の御堂筋と岸神が後方から奇襲を仕掛け、御堂筋がゴールに向けて一気にアタック!しかし、鳴子だけは御堂筋から目を離さず、そのアタックについていく。開会前の宣戦布告のとおり、御堂筋vs鳴子のリターンマッチが始まる!一方、今泉に協調を提案した黒田は「スイッチ」を入れ、今まで以上の走りで2人を追いかける!
LINE.8 2日目、スタート!!
弱虫ペダル GLORY LINE LINE.8 2日目、スタート!! インターハイ2日目がスタートし、選手が1日目の着順スタートで次々と走り出す。少しでも早く先頭の今泉と鳴子に追いつこうと坂道と手嶋がペダルを回すが、鏑木は自身の様子がおかしいことに気付く。一方、なかなかペースを上げない箱根学園だったが、それは司令塔の黒田を合流させるためだった。そんな中、不調の鏑木がチームからちぎれてしまう。鏑木を助けに行こうとする坂道を、箱根学園を警戒して止める手嶋。そこに青八木が口を開き…。
LINE.11 山王
弱虫ペダル GLORY LINE LINE.11 山王 坂道と悠人の戦いが始まった。“山王”とまで呼ばれるほどになった坂道と戦うことに悠人は興奮し、先頭を行くそれぞれのチームメイトとの合流をゴールとする勝負を持ちかける。「ただチームのために」走る坂道の姿勢に違和感を覚えながら一気に勝負に出る悠人。しかし今泉と鳴子が坂道が来ることを察知し、勝負は引き分けとなった。しかし、そこに黒田ら箱根学園が追いつくと、勢いは一気に箱根学園へ。追うか、手嶋を待つか…。今泉は判断を迫られ…。
LINE.13 罪を背負いし者
弱虫ペダル GLORY LINE LINE.13 罪を背負いし者 スプリントリザルトを懸けた闘いが始まった。箱根学園キャプテンのスプリンター泉田に対し、京都伏見は泉田の「最上級筋肉(よきにく)」に執着する岸神小鞠が飛び出す!泉田は、前年のインターハイでの敗北、自分がキャプテンにふさわしいのか葛藤していたこと、そんな自分の背中を押してくれた葦木場や黒田の言葉を思い出していた。すべての罪と覚悟を背負った泉田が疾走する!しかし岸神も「最上級筋肉(よきにく)」への異常な執着で追いすがる!
LINE.17 山のはじまり
弱虫ペダル GLORY LINE LINE.17 山のはじまり 後方に落ちていた鏑木と青八木が追いつき、遂に合流を果たした総北。5人が揃い、チームにも希望が見え始めた。その中で、坂道は真波ともう一度戦うという約束を胸に走る。一方、先頭集団はすでに平坦から山岳・榛名山へと突入!山岳リザルト、そしてその先のゴールに向けて熱を帯びる。箱根学園の真波も坂道を気にしていたが、黒田は京都伏見の動きを警戒。そして、御堂筋たちがアタックを仕掛け、一進一退の攻防が繰り広げられる!
第一話 告白
無料
School Days 第一話 告白 伊藤誠は入学式の時に出会った桂言葉に密かに想いを寄せていた。毎日同じ電車の中で見かける言葉の姿を、携帯電話の待ち受け画面にする誠。恋のおまじないなんてくだらないと思っていた誠だったが、同じクラスで隣の席の西園寺世界に待ち受け画面をみられてしまい…。
KHAOS.4 10.14 新宿FACE
KHAOS 2017 KHAOS.4 10.14 新宿FACE 2017年10月14日に新宿FACEにて開催された、「KHAOS」。今回は【KHAOS of WAR】関東vs関西・全面対抗戦が実現![KHAOS -65kg Fight/3分3R]FUMIYA(ポゴナ・クラブジム)vs篠原悠人(DURGA),[KHAOS -59kg Fight/3分3R]芦澤竜誠(K-1ジム総本部チームペガサス)vs河野一平(若獅子会館),[KHAOS -63kg Fight/3分3R]“バズーカ”巧樹(菅原道場)vs川崎真一朗(月心会ラスカルジム),[KHAOS -53kg Fight/3分3R]小只直弥(K-1ジム総本部チームペガサス)vs山脇魁斗(隆拳塾),[KHAOS -53kg Fight/3分3R]桑田裕太(Ωmega)vs黒田斗真(隆拳塾),[KHAOS女子 -50kg Fight/3分3R]壽美(NEXT LEVEL渋谷)vsテキサス・アユミ(STURGIS新宿ジム),[プレリミナリーファイト/KHAOS -63kg Fight/3分3R]田畑凌(池袋BLUE DOG GYM)vs櫻井光(K-1 GYM YOKOHAMA TEAM TORNADO)の対戦にも大注目!
#1【全編】KHAOS.5 2018.5.26 新宿FACE
KHAOS 2018 #1【全編】KHAOS.5 2018.5.26 新宿FACE 何もないところから新しいものを生み出していくリング「KHAOS」。2018年5月26日「KHAOS.5 KHAOS of WAR 関東vs関西 全面戦争」を東京・新宿FACEより配信! 【対戦カード】 KHAOSフェザー級/3分3R 小久保 裕気vs龍斗 KHAOS女子フライ級/2分3R RINA vs 壽美 KHAOSヘビー級/3分3R・延長1R 訓 -NORI- vs RUI KHAOSヘビー級/3分3R・延長1R 古田 太一 vs OD・KEN 先鋒戦/KHAOSスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R 林 勇汰 vs 黒田 勇斗 次鋒戦/KHAOSライト級/3分3R・延長1R 東本 央貴 vs 近藤 拳成 Kondo Kensei 中堅戦/KHAOSウェルター級/3分3R・延長1R 小鉄 vs 平山 迅 副将戦/KHAOSスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R 森坂 陸 vs 椿原 龍矢 大将戦/KHAOSスーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R 神保 克哉 vs 和島 大海 ※出場選手はケガ等により変更となる場合があります
#3:4時間遅刻にバンダリ激怒!脱落バスツアー
Popteenカバーガール戦争 #3:4時間遅刻にバンダリ激怒!脱落バスツアー メンズモデルのバンダリ&ひろむが参戦! 楽しいバスツアーロケに出発!のはずが...。 「のんたんが来ていません」 まさかの寝坊で4時間遅刻!バンダリ激怒&ひろむとケンカ!? トラブル起きまくりで人間性むき出しの修羅場に突入! さらに編集長の爆弾発言「...メンバー脱落。」
夢のプロ棋士デビューなるか!?折田翔吾アマの五番勝負 第二局 対 出口若武四段 1/2
夢のプロ棋士デビューなるか!?折田翔吾アマの五番勝負 夢のプロ棋士デビューなるか!?折田翔吾アマの五番勝負 第二局 対 出口若武四段 1/2 本放送は将棋情報LIVEです。 プロ編入まであと2勝!白星スタートとなった折田アマ、このまま連勝となるか!? 対するは出口四段、奨励会三段時代に並み居るプロを倒し新人王戦決勝まで藤井聡太七段と対局。満を持してプロデビューし怒涛の勢いで勝ち星を続ける将棋界の若武者!プロとして連勝は絶対に阻止しなければならない。本局絶対にプロが負けられない一戦。 棋士編入試験の受験資格は、現在の公式戦において、最も良いところから見て10勝以上、なおかつ6割5分以上の成績を収めたアマチュア・女流棋士の希望者となっている。棋士との五番勝負(試験官は新四段5名を棋士番号順に選出)を行い、5対局中3勝で合格、フリ―クラスへの編入資格を得る。持時間は3時間。
夢のプロ棋士デビューなるか!?折田翔吾アマの五番勝負 第二局 対 出口若武四段 2/2
夢のプロ棋士デビューなるか!?折田翔吾アマの五番勝負 夢のプロ棋士デビューなるか!?折田翔吾アマの五番勝負 第二局 対 出口若武四段 2/2 本放送は将棋情報LIVEです。 プロ編入まであと2勝!白星スタートとなった折田アマ、このまま連勝となるか!? 対するは出口四段、奨励会三段時代に並み居るプロを倒し新人王戦決勝まで藤井聡太七段と対局。満を持してプロデビューし怒涛の勢いで勝ち星を続ける将棋界の若武者!プロとして連勝は絶対に阻止しなければならない。本局絶対にプロが負けられない一戦。 棋士編入試験の受験資格は、現在の公式戦において、最も良いところから見て10勝以上、なおかつ6割5分以上の成績を収めたアマチュア・女流棋士の希望者となっている。棋士との五番勝負(試験官は新四段5名を棋士番号順に選出)を行い、5対局中3勝で合格、フリ―クラスへの編入資格を得る。持時間は3時間。