「14話」の検索結果

今すぐ視聴する

第14話 君よ 笑って
無料
オレのことスキでしょ。 第14話 君よ 笑って 記念公演の日。ギュウォンは主役をヒジュに譲り、声帯を悪くした彼女に代わり歌の部分だけを舞台袖で代役する。公演は大成功し、1人で泣いていたギュウォンを優しく抱き寄せるシン。そしてヒジュは記者たちの前で、ギュウォンが歌っていたことを明かす。公演を見た関係者が、ギュウォンの歌によるザ・ステューピッド&風花のユニットバンドに興味を抱き、テスト演奏をすることに。
第14話
黄金の私の人生 第14話 ドギョンからジアンの夢が彫刻家だったと聞いて留学を勧めるジェソンとミョンヒ。そんな2人にジアンは申し訳ない思いになる。ジスは自分が焼いたパンをジアンに届けに行き、ドギョンがジアンの兄だと知る。ヒョクはジスが落としたレシピノートを拾っていた。間もなくドギョンとジアンが恋愛関係だと噂になり、ノ会長はウンソクのことを公表しようとするが、役員会に現れたジアンは納得いく説明をして公表することなく事態を収拾する。
第14話 合言葉の行方
無料
キレイな男 第14話 合言葉の行方 ナ副会長が実の母親だと知り驚愕するマテだが、追い打ちをかけるように「外国にでも行かないと一生地獄を見させる」と言い捨てられ放心状態になってしまう。ボトンは一晩連絡の途絶えたマテをミスクの納骨堂で見つけ、「ミスクに愛された事実は変わらない」と元気づける。ダビデからMGの実態を聞かされたムンスは、ボトン社の立ち退きを白紙に戻し、ナ副会長に挑戦状を叩きつける。
第14話
ボイス~112の奇跡~ 第14話 チャン・ギュア事件の参考人としてソンウン地方警察庁に来たモ・テグ。その声を聞いたグォンジュは、テグがウニョン洞事件の犯人と直感し、ジニョクに伝える。グォンジュは、調査を受けるテグの態度を見て、バックに巨大な力が存在し、テグを守っているのだと確信するのだが...。
第14話 敵か、味方か
無料
スパイ~愛を守るもの~ 第14話 敵か、味方か ソヌはジュンヒョクの前に現れ、ハードディスクを渡す代わり、ヘリム救出の協力と家族の安全を保証するよう持ちかける。一方、国情院に追い込まれたウソクは一緒にいたユンジンにハードディスクを託し、ヨンソとともに国情院の監視下に。ウソクとヨンソが消え、案じるソヌの前に、ハードディスクを持ったユンジンが現れ...。
第14話 ユルの逆襲
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第14話 ユルの逆襲 チェギョンの床入りを知り、居ても立ってもいられないユルは、翌朝、彼女の元に駆けつけ、無事を確認して思わず抱きしめてしまう。しかし、そこをシンに見られ衝突。そのことでシンはチェギョンともケンカになる。ユルはチェギョンに「君を愛してしまった」と告白するが、彼女から今さら後戻りはできないと言われてしまう。一方、タイでのシンとヒョリンの写真が出回り、チェギョンを心配するガンヒョンたちはヒョリンに詰め寄る。慌てて止めに入ったチェギョンは、偶然にもヒョリンの秘密を知ることに。そんななか、チェギョンはシンとヒョリンがキスをしている写真を見てしまい、ショックを受け......。
第14話
マンホール~不思議な国のピル~ 第14話 婚姻届を提出せず、ピルに別れを告げたジンスク。ソクテは、一人で酒を飲みながら泣いていたジンスクを慰める。一方、ピルはトンネルの中で暴行犯を捕らえた瞬間、初めて12時前にマンホールに吸い込まれる。タイムスリップ先は2018年の未来。派出所に勤務する巡査となったピルは、近隣住民の通報を受けてある家を訪れ、倒れた女性を発見する。ピルは彼女がジェヒョンの恋人だと気づくが、ジェヒョンはすでにスジンと結婚していて...。
第14話
本当に良い時代 第14話 ドンソクはスンスンの行方を聞くため、へウォンのアルバイト先にやってくる。ヘウォンとドンソクがスンスンの元に行こうするが、正体の分からない誰かが二人を尾行する。スンフンの身代わりに怪我をしたドンヒは家族に言わずに入院し、チスはそんな無謀なドンヒに目をとめる。一方、ドンソクはヘウォンを海に残し、尾行してきた人物を追撃する。
第14話 同居がばれた!
無料
王子様をオトせ! 第14話 同居がばれた! 自分の気持ちに気づいた2人の生活には、微妙に甘い空気が漂いはじめる。ところが、ある日シー女史から同居しているの?と問われたリャンリャンは、つい認めてしまう。社長自身が恋愛しているなら、恋愛禁止令も撤回してもらえると社員は喜ぶが、これを聞いたチー・イーは激怒。秘密をばらしたリャンリャンを呼びつける。
第14話 絶望という病
Re:ゼロから始める異世界生活 第14話 絶望という病 ただ守りたかった。その気持ちに嘘はないはずだった。いったいどこで間違ってしまったのだろう。何よりも大切にしたいと願った相手からの拒絶。取り返しのつかないことをしてしまったことを認められずにスバルは煩悶する。そんなときエミリアたちのいるロズワールの領地内で不穏な動きがあることを知らされたスバルは、自分であればきっと助けられるはずだと、レムやクルシュたちの反対を押し切ってエミリアの元に戻るのだが……。
第14話 特別講習
とある科学の超電磁砲 第14話 特別講習 よく晴れた夏休みのある日。ファミレスに集まって遊ぶ計画を立てる美琴と黒子のもとにやってきた初春によると、佐天は特別講習のために来られなくなったという。とある高校で行われるその特別講習には、あちこちの学校から生徒が集められていた。アケミやむーちゃん、マコちんと一緒に講習を受ける佐天。小学生のような見かけの先生に講義を受けたり、「常盤台狩り」事件で知り合った重福と再会してお昼を一緒に食べたりしながらも、物憂げで、いまひとつぼんやりした雰囲気を過ごす。それは、この講習が「幻想御手(レベルアッパー)」を使用した生徒たちを集めて行われたせいで……。
第14話 偉大なる者
灼眼のシャナ 第14話 偉大なる者 まずカリカリな部分を少し食べて、次にモフモフの部分を食べる。それがシャナが一番好きなメロンパンの食べ方だ。 シャナがメロンパンを好きになったのは、まだシャナがフレイムヘイズになる前のこと。 場所は、この世からも紅世からも見えない場所・天道宮。 そこに居たのはアラストールと、シャナの生活面を世話するヴィルヘルミナ、そしてシャナがシロと呼ぶ鍛錬の相手。 限られた人物が、理想のフレイムヘイズを生み出すため、十分な時間を掛けシャナを育てていた。 そして、その日が来た。 いや、予定より、予想より早くその日が来てしまった。
第114話 23年ぶりの電話
白詰草 第114話 23年ぶりの電話 株式贈与契約書が偽物だったことが分かり激怒するボンチョル。セヒはボンチョルのせいでソンジュが実子を失ったという言葉に動揺。そんな時、ソンジュ宛にチュ・ギョンファと名乗る女性から電話がかかってくる。
第14話
花郎<ファラン>(吹替) 第14話 “花中在王(ファジュンジェワン)”という掛け軸の文字を目にした花郎たち。ソヌが王なのではないかという噂が飛び交う中、ソヌは親友を殺した王を捜し始める。ジディは心の動揺を隠して、ソヌに王を捜す理由を尋ねるが...。一方、只召太后は彡麦宗を刺客から守るためにソヌを偽の王に仕立て上げようと考え、スホを呼んで密令を下す。そんな中、花郎同士の命を懸けた対戦が開催される。ヨンシルはソヌが王なのか否かを確かめるべく、叔明王女にある提案をするが...。
第14話 「約束」
とある科学の超電磁砲S 第14話 「約束」 お姉様から、何か言ってくださるまでは、じっと待つ。そう決意しながらも、連日の美琴不在に不安を募らせる黒子。そんな彼女のもとに、意外な人物――お姉様にちょっかいをかけていた上条が現れた。黒子は、わずかでも美琴の手掛かりを得ようと、自分の部屋に招き入れる。しかしそこに寮監が見回りにやってきてしまい、上条をベッドの下へと追し込める。ベッドの下で息を殺す上条だったが、そこである資料――自分が出会った御坂妹が参加している『実験』の裏側に隠された真実を見つける。美琴の孤独な戦いを知った上条は、夜の学園都市を走りだす。一方、美琴は、自らが為すべき最後の選択肢にたどり着いていた――。
第14話 ちょっとちょっと!パーティー行かなあかんねん。早よして、ホント
ハヤテのごとく! 第14話 ちょっとちょっと!パーティー行かなあかんねん。早よして、ホント 白皇学院の編入試験も終り、早くも合格祝いパーティーをやることになった!試験勉強の邪魔や雪路の試験妨害など様々なことがあったとはいえ、合格しているという自信は多少あったハヤテ。一方、桂家では雪路が血相を変えていた。慌ててヒナギクの部屋に入る雪路。雪路の口から驚きの事実が告げられた!「ハヤテの編入試験 不合格」。しかも雪路のいたずらがハヤテを不合格にした原因が多分に考えられるという事実を聞いたヒナギクは大激怒。とりあえずは、不合格という事実を告げなければいけないのだが、合格パーティーは間もなく始まろうとしていた!
第14話 死闘、二機のユニコーン
機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 第14話 死闘、二機のユニコーン ミネバとマリーダ奪還作戦を仕掛けるガランシェール隊。その阻止をマリーダに命じるアルベルト。ユニコーンガンダムのバナージはデストロイモードに変身したバンシィに苦戦する。一方、マーサ達の手を逃れたミネバはリディの救いの手を拒み、バナージが受け止めてくれると信じて空に身を投げた。バナージはその願い通りにミネバを助けてガランシェールに届け、マリーダとジンネマン救出のため再びガルダへ向かった。ガンダムへの憎しみに囚われたマリーダだが、ジンネマンの出現に心を乱される。リディの憎悪はバンシィもまたガンダムだという事実をマリーダに突きつけ、混乱してバンシィから吐き出されたマリーダをジンネマンは助けるのだった。
第14話 忘却
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第14話 忘却 パク・チュンホンからウンタクを守るために剣を抜いたシンは、ウンタクとの約束を守るために神のいない場所に1人残り、孤独と闘っていた。一方、シンと彼にまつわるすべての記憶を消されたウンタクはラジオのPDになるという夢をかなえたが、雨の日に情緒不安定になる症状に悩まされていた。シンがいなくなって9年後の初雪の日、ウンタクはロウソクに火をともして切実な思いで「誰か自分を助けてほしい」と願いをかける。
第14話 大妃の策略
無料
チャン・オクチョン 第14話 大妃の策略 母が大妃や王妃に愚弄されたのを見て、怒りを露わにするオクチョン。一方、清の商人、チンはミン・ユジュンと取引する代わり、粛宗に謁見させるよう詰め寄る。チンに商売を横取りされたチャン・ヒョンは悔しさを隠せない。大妃は粛宗と王妃を二人だけにするため陵幸の計画を立てる。そんな中オクチョンの体に異変が...。
第14話
花郎<ファラン>(字幕) 第14話 “花中在王(ファジュンジェワン)”という掛け軸の文字を目にした花郎たち。ソヌが王なのではないかという噂が飛び交う中、ソヌは親友を殺した王を捜し始める。ジディは心の動揺を隠して、ソヌに王を捜す理由を尋ねるが...。一方、只召太后は彡麦宗を刺客から守るためにソヌを偽の王に仕立て上げようと考え、スホを呼んで密令を下す。そんな中、花郎同士の命を懸けた対戦が開催される。ヨンシルはソヌが王なのか否かを確かめるべく、叔明王女にある提案をするが...。
第14話 揺れ動くセヒの心
無料
白詰草 第14話 揺れ動くセヒの心 ユミンに会うため積賢斎にセヒがやってくる。酔って絡むセヒをユミンは慌てて積賢斎から連れ出し、ホテルに送って帰宅するが、スンナムはユミンの行動を不審に思う。翌日、セヒはボンチョルに「お見合いをしたい」と告げる。
Episode 14 決戦
Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- Episode 14 決戦 冥界の女神エレシュキガルと和解し、ウルクへと戻った藤丸達は冥界から帰還を果たしたギルガメッシュの元へ向かう。 ゴルゴーンとの最終決戦が迫る中、ギルガメッシュは藤丸達へ苦境を打破する作戦を提言する。 それは、彼女の再侵攻より先にゴルゴーンの本拠地である鮮血神殿へ強襲をかけることであった。 ウルクの命運をかけた最後の戦いを前に、北壁へと向かう藤丸はそこで共に戦ったマーリン、アナの思いに触れる。
第14話 新たなる脅威
七つの大罪 神々の逆鱗 第14話 新たなる脅威 〈七つの大罪〉一行がキャメロットへ向かう中、ゼルドリスは魔神王より「メリオダスを奪還せよ」「〈七つの大罪〉を皆殺しにせよ」との命を受けていた。ゼルドリスが〈十戒〉に招集をかけるが、駆けつける者は誰一人いない。コンタクトがあったグロキシニアとドロールは、「もう命令には従わない」という。だがゼルドリスのもとに、新たな魔神族・キューザックとチャンドラーが現れる。2人はそれぞれ、メリオダスとゼルドリスの師匠だった男で――。
第14話 「水の都(みずのみやこ)」
無料
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第14話 「水の都(みずのみやこ)」 大覇星祭最終日に行われる大抽選会・来場者ナンバーズ。不幸の代名詞であるはずの上条は、何を間違ったか、一等賞の北イタリア五泊七日のペア旅行に当選してしまう! そしてなぜかパスポートを持っていたインデックスとともに、上条は幸せな旅行を満喫すべく出発した。しかし、当然のように出発前の空港でトラブルに巻き込まれ、現地に到着してからも現地ガイドに置いてけぼりを食らい、自力でホテルを目指すはめに。その上、現地語の通訳として頼みの綱であるインデックスが行方不明になってしまう。言葉もわからないイタリア・キオッジアの地で、ひとり放り出されてしまった上条だったが、そこに救いの女神--オルソラが現れる。
第14話 「家族の絆」/「学校へ行こう」
無料
フリージ 第14話 「家族の絆」/「学校へ行こう」 「家族の絆」  今日はウム・アラウィがいない。「彼女、娘さんと孫が泊まりに来てるから、ここへはこれないのよ。」そこへ、ウム・サルームの息子夫婦がやってきて、「お母さんを家族旅行に連れていきたい。」という。一悶着あったが、結局ウム・サルームは2,3日、家族と過ごすことに。ウム・サイードはウム・ハマスに「結局、友達は、家族以下なのかしら」と愚痴をこぼすが、自分も息子のところに泊まりに行こうと電話をかけ、行ってしまう。しかし、行った先の息子の家には、イタズラ・アブードしかいない。どうやら、アブードの世話を押し付けて、息子夫婦は出かけてしまったようだ。「家族の絆って?」と考える4人のおばあちゃんのお話。 「学校へ行こう」  ウム・サイードは、息子夫婦に新たな子供が生まれそうで、やきもきしている。そこへ、息子から電話で、今日も陣痛があるものの、いつ生まれるかわからないから、「アブードの小学校へ行って、先生と面談してくれ」ということに。しぶしぶ引き受けたウム・サイードは、いつもの4人で小学校へ。国語の先生に「アブードのアラビア語はなっていない。家でもっと読書をさせなさい」と言われてしまう。さらに理科の先生、社会の先生と会ううちに、ウム・サイードは ある結論に至る。
第14話 暴かれる正体
無料
百年の花嫁 第14話 暴かれる正体 ドゥリムをかばって大ケガをしたイヒョンは、意識不明になる。付き添うドゥリムのもとにミョンヒが訪れ、二度とガンジュに会わないようにと告げる。ジェランもドゥリムを訪れ、下手なまねをしたら祖母たちの命はないと脅し、ドゥリムは怒りをぶつける。身を引くことを決めたドゥリムは、遠くからガンジュを見つめ、心の中でそっと別れを告げるのだった。一方、ガンジュはイギョンの様子が以前と違うことに違和感を覚えるのだが...。
第14話 思わぬ告白
あなたはひどいです 第14話 思わぬ告白 ジナの家に呼び出されたヘダンは、帰宅したヒョンジュンと鉢合わせてしまう。ヒョンジュンの家柄とジナとの関わりを知らないヘダンは、ジナの挑発を真に受けてヒョンジュンに騙されたと誤解する。その後、ヒョンジュンはヘダンに釈明した上で、更なる誠意を見せようと、突然交際を申し込む。一方、ソンハとしてジナに接するギョンスは、イ・ギョンスという視覚障がい者の友人がいると作り話をする。それを聞いたジナは、激しく動揺する。
第14話 「最強(さいじゃく)VS最弱(さいきょう)」
無料
とある魔術の禁書目録 第14話 「最強(さいじゃく)VS最弱(さいきょう)」 絶体絶命のミサカのもとへと駆け付けた上条は、桁違いな「一方通行(アクセラレータ)」の強さの前に防戦一方。しかし、反射的に突き出した上条の「右手」が、「一方通行(アクセラレータ)」の顔面に突き刺さる。圧倒的な強さを誇る最強であったがゆえに、肉弾近接戦闘は初めてだった「一方通行(アクセラレータ)」は、その現象に面食らう。そして、再び上条の右拳が容赦なく打ちつけられる。形勢逆転かと思われたその時、風――空気の動きを操る「一方通行(アクセラレータ)」の反撃が上条を襲った。そこへ忠告を無視した美琴が駆けつけるも、上条はそれを止め、来るなと叫ぶ。そんな中、「一方通行(アクセラレータ)」の力は、風を操ることで空気中にプラズマを生み出すまでになっていた。人類には防ぐことのできないその力への対抗策を思いついた美琴は、倒れているミサカを揺り起こす――。
第14話 『歯車がとまる城』
Fairy gone フェアリーゴーン 第14話 『歯車がとまる城』 皇帝を救ったレイ・ドーンが領地へ戻ることになった。ドロテアはレイ・ドーンの警護を命じられるが、マーリヤは複雑な胸中を隠せない。ヴェロニカも護送中のレイ・ドーンを尾行して、復讐の機会を窺っていた。その途上、橋が爆破され一行は足止めを喰らい、古城で一泊することになる。レイ・ドーンに近付くウルフラン、そしてヴェロニカ。マーリヤとフリーは彼らと再び対峙する。
第14話
相続者たち 第14話 ラヘルはタンの家を訪れ、ギエに保護者会議の時になぜウンサンの母親として来たのか尋ねる。ウォンは帝国グループの人事異動を発表してキム会長の人々を根こそぎ異動させる。一方、ラヘルはウンサンが働くカフェでケータリングを注文し、ウンサンはチャニョンとボナのパーティーにアルバイトの姿で行くことになる。