「15話」の検索結果

今すぐ視聴する

第15話
マンホール~不思議な国のピル~ 第15話 留学中にジェヒョンと運命的な再会を果たし、結婚したスジン。ピルはジェヒョンが計画的にスジンに近づいたに違いないと確信して彼を責める。スジンはピルに思い出の品をすべて返して友達に戻ろうと告げるが、ピルは再び未来を変えようと決意。ところが肝心のマンホールが消えていた! ピルは区役所の土木課で働くソクテに助けを求め、マンホールの秘密を打ち明けるが...。そんな中、スジンは別人のように冷たいジェヒョンを目撃して...。
第15話
本当に良い時代 第15話 ドンソクはヘウォンを探すが見つからず、事件のカギを握っているハン部長が目覚めたという連絡をもらう。そこに必死に探していたヘウォンが現れ、そのままキスをする。ドンソクはラジオを聞きながら昔のことを思い出す。家族の復讐のためにヘウォンに駆け落ちしようと言ったが、それがすべてではなかった...。
第15話 ハッピー・バースデー
王子様をオトせ! 第15話 ハッピー・バースデー リャンリャンをクビにしてしまったチー・イーは、泣きながら会社を飛び出した彼女を追って誤解を詫び、処分を撤回する。彼の誠実さを知ったリャンリャンは機嫌を直し、自宅でチー・イーの誕生会を開くことに。招かれたチー・イーの父は2人の仲を喜び、おそろいのスニーカーをプレゼント。皆でジョギングしようと提案する。
第15話 スキルアウト
とある科学の超電磁砲 第15話 スキルアウト 「武装無能力集団(スキルアウト)」による能力者狩りが頻発。通報を受けて駆け付けた黒子たちは彼らを逮捕するが、襲われた婚后によると、なぜか能力が使えなくなって気を失った後、気がつくと全員が倒されていたのだという。どうやら、背中に黒いクモの入れ墨を入れた革ジャンの男に助けられたらしい。その話を聞いて呆然とする固法。その後も能力者狩りは終息せず、捜査の結果、「ビッグスパイダー」という組織が、闇ルートから非合法な武器を入手して行っていたものと判明する。リーダーの名前は黒妻綿流。婚后を助けた男と同じく、背中にクモの入れ墨があるらしく……。
第15話 魔女っ娘とはなんぞや/洋装道楽
「鬼灯の冷徹」第弐期 第15話 魔女っ娘とはなんぞや/洋装道楽 初めての映画出演を終えたマキは、監督に次の作品の役をオファーされる。なんとその役は「ドジ魔女っ娘」。年齢的にギリアウトでしょと怒るマキは気を取り直して台本を見るが、その呪文の難解さと奇妙さに不安になる。リサーチを兼ねて一度本物の魔女に会ってみたいと言いだした監督が、金魚草飼育DVDの打ち合わせでスタジオに来ていた鬼灯に声をかけた数日後。リリスの紹介で、魔女の谷から本物の魔女がやって来た!/テレビで現世の子供服を見た座敷童子。私たちも洋服が着たいと、とっておきの伊藤博文と寛永通宝を取り出し鬼灯に頼みこむ。根負けした鬼灯が子供服を買ってくるが、どうにもセンスが悪く、買ってきてもらった手前文句が言えない座敷童子の表情は遠慮と悲哀の混じった埴輪のよう。それではどんな洋服が似合うのか? 現世の人を見て方向性を決めてはどうかとの茄子の提案に、浄玻璃鏡を覗き込む鬼灯たち。そこに映っていたのは?
第15話 サムライ、ブシドー、動くヴァンダム
無料
ハヤテのごとく! 第15話 サムライ、ブシドー、動くヴァンダム マリアのおかげで、とりあえず白皇学院に編入できたハヤテ。パーティから一夜明け、生徒手帳をみて改めて夢ではないと確認し、思わず喜ぶハヤテ。そんなハヤテにナギは自分のクラスと同じになれるかの心配をしている。ナギは13歳だから自分とは学年が違うはずなのに?と思うハヤテにナギは驚きの事実を告げる。なんと、ナギは飛び級をしているので高校生なのだ!驚くハヤテに、証拠として学生証を見せるナギ。なにはともあれ、登校日初日、朝の7時に学校に向かったハヤテとナギであった。
第15話 炎の生まれた日
灼眼のシャナ 第15話 炎の生まれた日 天道宮から虹が登った。 その輝きは天道宮を離れていたヴィルヘルミナの目にも入っていた。 ショッピングモールで徒と対峙していたヴィルヘルミナは、その場から逃げる様に、天道宮へ踵を返す。 だが一足遅く、天道宮の中にいたシャナの前には、ひとりの徒が現れていた。 新たなフレイムヘイズ、新たな炎髪灼眼の誕生を阻止するため、現れたその男の名はウィネ。 シロを驚かせ、徒を天道宮へ招いてしまった責に動揺するシャナに、戻ってきたヴィルヘルミナは言う「この生活は不要になった」「もう大丈夫」だと。 それは、新たな道、フレイムヘイズへの扉が開かれた瞬間だった。
第15話
オー・マイ・ビーナス 第15話 ヨンホとジュウンは、気持ちを確かめ合い、ラブラブな関係に。しかしハードなトレーニングは相変わらずだ。ヨンホは、ジュウンの元にやってきた彼女の母に無事挨拶を終える。しかし、カホンの会長からジュウンへ突然連絡が入り...。一方スジンは、ハードなダイエットが原因で、妊娠がしずらい状態になったことを医師から聞き、落ち込む。
第15話 皇太子は暴力亭主!?
無料
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第15話 皇太子は暴力亭主!? 怒っているチェギョンを連れ出したシンは、自分の気持ちを伝え、ふたりだけの時間を過ごす。そんななか、シンがユルを殴ったことがネットで配信され、宮廷は大騒ぎに。そのことで皇后はファヨンに謝るが、このままでは済まされないとファヨン。皇帝はシンを呼び出すが、理由も話さず反抗的な態度のシンに、怒りを隠せない。王室は、釈明するより普段どおりに振る舞うことで悪い噂を払拭しようと、皇太子夫婦を公式の場に出席させることに。そして、シンとチェギョンはフランス大使に招かれたクラシック演奏会に行くが、眠気を覚ますためトイレに行ったチェギョンにトラブルが発生し......。
第15話 交渉成立
無料
白詰草 第15話 交渉成立 児童虐待や火災を責められ、閉鎖することになった積賢斎。そんな中、ユミンは書堂と縁を切ることをスンナムに告げ、セヒと手を組むことに。セヒはユミンに黄龍グループの新ブランドの顧問にならないかと提案する。
第115話 次期会長
白詰草 第115話 次期会長 逃亡したボンチョルはセヒに家からある物を持ってくるよう指示するが、セヒはユミンに連れられ死んだ実母と対面したショックで家にこもる。ユミンは自分の目標は達成されたと言い、会長職もウンギルに引き継ぐと言う。
第15話
花郎<ファラン>(吹替) 第15話 ジディに剣を向け、おまえが王なのかと問い詰めたソヌ。ジディをかばおうとしたアロは、ソヌの剣に斬られて傷ついてしまう。ソヌの態度は再び冷たくなり、アロは思い悩む。そんな中、国境付近では南扶余(ナムブヨ)(百済(ペクチェ))の挑発が続く。パク・ヨンシルは南扶余と和平を結ぶか戦をするかを決定するよう只召(チソ)太后に迫る。只召太后は和親のため、軍隊ではなく叔明(スンミョン)王女と花郎を使節団として南扶余に派遣すると宣言。アロは叔明王女に同行を命じられて...。
第15話 「最弱(かみじょうとうま)」
とある科学の超電磁砲S 第15話 「最弱(かみじょうとうま)」 すべての始まりの原因となった自分が、計画を止めなくてはならない。そのためには死を選ぶことすらためらわない――。そう決意する美琴を、ボロボロになりながらもなんとか止めた上条。そして、彼は「みんなが笑っていられる幸せな結末」をつかみ取るために、ミサカたちがいる次の実験場へと走る。待ち受けるのは、学園都市最強の『超能力者』一方通行。身の程を知らずに立ち向かってくる『最弱』上条当麻に対して、『最強』一方通行の容赦のない攻撃をが叩き込まれ……。時がすこし経ち、上条を追ってようやく戦いの場にたどり着いた美琴。そこで見たものは意外な光景で――!
第15話 思い出の地へ
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第15話 思い出の地へ カナダの街を散策するウンタクの前に突然シンが現れる。ウンタクはそんなシンを怪しむが、広告契約の恩があるため食事をごちそうすることに。10年前に2人で訪れた場所をたどりながら、シンは初恋の人との思い出を語る。だが記憶のないウンタクは自分のこととは知らず初恋話に嫉妬する。そして2人は思い出のレストランへ。自分に向かって“代表”と呼び掛けるウンタクを見て、シンは“未来は正しかった”と1人ほほ笑む。
第15話 王妃の座
無料
チャン・オクチョン 第15話 王妃の座 大妃の策略により、流産してしまったオクチョン。粛宗はオクチョンが息子を産んだも同然と、彼女に禧嬪の位を与える。だが、世継ぎを生んでも、王妃の子として育てられると知ったオクチョンは一つしかない王妃の座への欲望を燃やし始める。そんなある日、王妃が粛宗のために用意した夜食を食べたオクチョンが倒れてしまう。
第15話
花郎<ファラン>(字幕) 第15話 ジディに剣を向け、おまえが王なのかと問い詰めたソヌ。ジディをかばおうとしたアロは、ソヌの剣に斬られて傷ついてしまう。ソヌの態度は再び冷たくなり、アロは思い悩む。そんな中、国境付近では南扶余(ナムブヨ)(百済(ペクチェ))の挑発が続く。パク・ヨンシルは南扶余と和平を結ぶか戦をするかを決定するよう只召(チソ)太后に迫る。只召太后は和親のため、軍隊ではなく叔明(スンミョン)王女と花郎を使節団として南扶余に派遣すると宣言。アロは叔明王女に同行を命じられて...。
Episode 15 新しいヒトのカタチ
Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- Episode 15 新しいヒトのカタチ マルドゥークの手斧によりゴルゴーンの神性を低下させることに成功した藤丸たちは、鮮血神殿の最奥に辿り着く。 現れたゴルゴーンは復讐のため人類を滅ぼすと明かすが、そんな彼女に、これまで抑えていた神性を解放したアナが攻撃を仕掛ける。 アナの魔眼はゴルゴーンの魔眼を相殺することができ、またその武器である鎌は不死の女神に対抗する唯一の策なのだった。 いかなる攻撃を受けても再生するゴルゴーンに対し、アナの刃は届くのか———。
第15話 団長へ
七つの大罪 神々の逆鱗 第15話 団長へ 魔神王の命でメリオダス奪還へと向けて動き出したゼルドリス。そこに現れたのは、ゼルドリスの師・キューザックと、メリオダスの師・チャンドラーだった。チャンドラーは〈豚の帽子〉亭へと向かい、〈七つの大罪〉へと襲い掛かる。キングとゴウセルは渾身の合技を繰り出すが、チャンドラーは軽傷を負っただけだった。その後も必死で応戦し、一度は勝利したと思われたが…チャンドラーは悪魔のような姿へと変貌を遂げて再び立ち上がり――!?
第15話 「女王艦隊(じょうおうかんたい)」
無料
とある魔術の禁書目録Ⅱ 第15話 「女王艦隊(じょうおうかんたい)」 突然の襲撃を受けた上条たち。運河から現れた巨大な氷の帆船に乗り込むことになった上条とオルソラは、そこで意外な人物--アニェーゼと顔を合わせる。氷の帆船は大規模霊装『女王艦隊』の護衛艦の一隻で、彼女は侵入者である上条たちの捜索を手伝っていたのだという。彼女は罪人として『法の書』事件の責任をとらされ、同じ部隊のシスターたちは『女王艦隊』で使役されていたのだ。ここから逃げたいのなら、自分の言うことを聞けと取引を持ちかけるアニェーゼ。その取引内容とは、アニェーゼ奪還を企てるも捕まってしまったルチアとアンジェレネの確保だった。部下を助けてほしいと懇願するアニェーゼの言葉に従い、どうにか二人の救出に成功する上条たち。
第15話
相続者たち 第15話 ジスクは学校に来たウォンとドンウクにタンとヨンドの成績を公開する。ギエは、エスドに会いタンとラヘルの婚約を正式に破棄してほしいと言う。一方、キム会長は、ボディーガードまで同行させ、タンを傷つけてでも学校に行かせないようにする...。
第15話 本当の恋人
無料
百年の花嫁 第15話 本当の恋人 ドゥリムはお金のために替え玉をやったとウソをつき、ガンジュを突き放す。ルミは、事実を知ってショックを受けるガンジュに、ドゥリムが自分のことよりガンジュの心配をしていたこと、またイギョンたちがドゥリムの命を犠牲にしようとしていたことを教える。それを聞いたガンジュはイギョンよりドゥリムを信じることにする。そんな中、ミョンヒとジェランは、イギョンとの結婚を発表する記者会見を開こうとするのだが...。
第15話 覚悟
あなたはひどいです 第15話 覚悟 バーで深酒をしたジナは、パク会長ではなくヒョンジュンに電話をかけて介抱を求める。息子に肩を抱かれ帰宅するジナを見たパク会長は、2人を遠ざけようと、自分の全権をヒョンジュンに手渡す覚悟で条件を提示する。その頃、家政婦として働き始めたヘジンの義姉ボンソンは、これまでお世話になったお礼にと、家族を外食に誘う。ところが、食事の最中にボンソンの勤め先がヘジンの働く大学の講師宅と知り、ヘジンの機嫌が一変する。
第15話 「御使堕し(エンゼルフォール)」
無料
とある魔術の禁書目録 第15話 「御使堕し(エンゼルフォール)」 「一方通行(アクセラレータ)」を倒した無能力者(レベル0)として、一躍有名人となってしまった上条。統括理事会は、混乱が収拾するまでの間、彼に一時学園都市の外に出るように命令する。行先は海。不法滞在者のはずがなぜか問題なく学園都市を出られたインデックスとともに、温泉旅館「わだつみ」に腰を落ち着ける上条。しかし、小萌先生の配慮で久しぶりに会えることになっていた両親と幼なじみの従妹は、諸事情で到着が遅れていた。翌朝、到着した父親の刀夜たち。……だったのだが、なぜか母親の詩菜はインデックスで、従妹の乙姫は美琴の姿をしていた。どんなたちの悪いいたずらだよ!と憤る上条だったが、どうやら、世界的に「人間の外見と中身が入れ替わってしまう」現象が起きているようだった。そんな上条の前に、赤い外套を着た奇妙なシスターが現れる――。
第15話 『裏町の草ひき』
Fairy gone フェアリーゴーン 第15話 『裏町の草ひき』 ディーゼの反乱の影には常にウルフランの暗躍があった。結局はそれら全てを裏切り、果たして男は何を目的に動いているのか。 事後処理で、ひたすらに反乱者の捜査と摘発の日々が続くドロテアの面々。マーリヤは自責の念にかられながらも職務にあたる。そんな中フリーは、ディーゼに内通したと思われる元王族、クリストフ・ラーンの存在にまでたどり着く。
第15話 雨中(うちゅう)の敗走
灼眼のシャナⅢ-FINAL- 第15話 雨中(うちゅう)の敗走 シャナたちの作戦『引潮』がスタートした。戦場に視聴覚を妨げる自在法『トラロカン』の雨が降りしきる中、瑠璃色の炎を灯す塔へと急ぐ傷ついたフレイムヘイズたち。だが、敵に退路を見せる危い作戦の真意に気付いた者がいた。三柱臣が一人シュドナイだ。「あの囮に追撃部隊を引き付けるつもりか」。その推測を元に行動しようとしたシュドナイの眼前に、シャナとヴィルヘルミナが現れる。フレイムヘイズ兵団壊滅を阻止するため、最悪の“紅世の王”と呼ばれるシュドナイを止めるシャナたちの戦いが、雨に煙る空で火花を散らす。
第15話
無料
キツネちゃん、何しているの? 第15話 兵務庁に行ったチョルスは入隊を取り消そうとするが、延期期日が残っておらず取り消せないと言われる。怒ってあちこち当り散らしていたチョルスは外に追い出され、怒りが収まらず壁に拳を打ち付ける。ビョンヒはチョルスの手を見て驚き、取り消せないという事実に慌てるが、待っているから気をつけて行って来るよう自信を持って話す。ビョンヒの不安な表情を見たチョルスは何かおかしいと感じ、チョルスと目が合ったビョンヒは明るく毎日出退勤させてくれと言う。ジュニから結婚しようと言われたピョンガクは驚いて、かっと怒って留学にでも行けと言う。一緒にスクーターに乗ったビョンヒとチョルスは、会社を休んで遊びに行って楽しい時間を過ごす。スパゲティを食べていたチョルスはビョンヒに待つって本気だったのかと尋ね、慌てたビョンヒは当然だと言いながら話を逸らす。家に帰りながらビョンヒが軍隊の話ばかりすると、チョルスはやめるよう言いながら正直になれと言う。心変わりするのが怖いんじゃないのかというチョルスの言葉に、ビョンヒは怖いと正直に話し、チョルスはしばらくビョンヒを見つめて黙って背を向ける。セシボンの事務所に警察が押しかけ、ファン社長とビョンヒに告発があったので警察署まで同行してくれと言う。