「7PAY 不正」の検索結果

「7PAY 不正」に関する情報は見つかりませんでした。
「7PAY」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

コンビニ店主「人手不足が深刻」 経産省が初調査
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 コンビニ店主「人手不足が深刻」 経産省が初調査  24時間営業問題などで揺れるコンビニ業界に関して経済産業省の検討会が21日、初めて加盟店のオーナーから聞き取り調査を行いました。オーナーたちは人手不足や長時間労働の現状を訴えたいと話しています。  ファミリーマートのオーナー:「人手不足が深刻なのと人件費の高騰。かなり厳しい状況」  セブン-イレブンのオーナー:「7payの失墜がとても影響していて、(従業員に)多大な労力を掛けさせた」  コンビニ経営を巡っては加盟店のオーナーの高齢化やアルバイトの人手不足など問題が深刻化しているため、経産省では6月からコンビニの実態調査を行っています。コンビニ各社は時短営業を検討するなど加盟店への支援策を打ち出してはいますが、オーナーたちの不安は大きく、経産省は検討会を通じて各社とオーナーとの妥協点を探る狙いです。
Twitterのトレンドを席巻した”7pay”大喜利の餌食に...
無料
AbemaPrime【平日よる9時〜生放送】 Twitterのトレンドを席巻した”7pay”大喜利の餌食に... 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!

おすすめの作品

三井住友カードのスマホアプリ不正ログイン1.6万件
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 三井住友カードのスマホアプリ不正ログイン1.6万件  三井住友カードのスマートフォンアプリで1万6000件の不正ログインです。  三井住友カードによりますと、19日に行った調査で会員向けのスマホアプリが外部から約500万件の不正アクセスを受けたということです。このうち、1万6756件で不正にログインされて利用者の氏名や利用明細などが閲覧された恐れがあるとしています。クレジットカードの番号の流出やカードが悪用される被害は確認されていません。三井住友カードは「深くお詫び申し上げます」としたうえで、今後はセキュリティーの強化を図るとしています。
北朝鮮に日用品を不正輸出か 61歳男性を書類送検
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 北朝鮮に日用品を不正輸出か 61歳男性を書類送検  北朝鮮に家具や洗濯機など1000点以上の日用品を不正に輸出したとして、61歳の元社長の男性が書類送検されました。  東京・江戸川区に住む輸出会社の元社長の男性はおととし11月、大阪の港から家具や洗濯機、ガスコンロなど1000点を超える日用品を北朝鮮に不正に輸出した疑いが持たれています。警察によりますと、元社長は中国を経由して北朝鮮に輸出されることを知りながら取引先の中国企業から依頼を受けて日用品を輸出していたということです。4年前から11回にわたって輸出し、合わせて約500万円の利益を得ていたとみられ、元社長は容疑を認めています。
第15話
モンスター ~その愛と復讐~ 第15話 スヨンは証人となりト・グァンウ社長の不正を裁判で証言した。同時に提出した動画にはグァンウが不正を働き裏金を作っていたというヤン・ドンとの会話が録画されていた。グァンウの不祥事で世間が大騒ぎになる中、スヨンはトドグループの社内でいじめに遭っていた。家族のため耐えるスヨンの前に突然、会長夫人が現れる。
第6話 同じ着信音
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第6話 同じ着信音 クォン・ミナの本当の名前はキム・ガヨンで、高校生だったことが分かった。パク・ムソンの息子であるパク・ギョンワンとも知り合いだった。一方、元長官のヨン・イルジェがファン検事に『娘を守ってほしい』と頼みに来た。彼は次長検事のイ・チャンジュンは犯人ではないと言い張った。ファン検事はキム・ガヨンの携帯を探し出すため、ヨン検事にも手伝ってもらい、ソ検事の部屋を探るのだがソ検事にバレてしまい、もめていると...
第11話 “0”と“7”
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第11話 “0”と“7” キム・ガヨンが毎週月曜日に会っていたのは警察署署長のキム・ウギュンだった。一方、イ・チャンジュンは首席秘書官になるのだが、キム・ウギュンから送られてきたプレゼントを見て顔色を変え...。キム・ガヨンが犯人の手掛かりとなる数字を思い出すのだが、その数字は0と7。これは何を意味するのだろうか。イ・チャンジュンの下につくことになったソ検事は、イ首席の部屋を訪れたイ・ユンボムとの会話を録音しようとするのだが...。
第14話 真犯人、逮捕
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第14話 真犯人、逮捕 ユン課長は、いなくなったキム・ガヨンを捜すため彼女の家に向かったが、そこで見たのはヨン検事の変死体だった。パク・ムソン、キム・ガヨン事件の同一犯だと考え捜査する警察だが、捜査は難航する。一方、ヨン・イルジェが握っていたイ・ユンボムの弱みは脱税の証拠だった。それをヨン検事が持っていったと知ったファン検事は“07”との関係性を考え始める。そして、ついに犯人が明らかとなるが、その犯人とは...
最終話 事件終結と新しい出発
秘密の森~深い闇の向こうに~ 最終話 事件終結と新しい出発 全て自分が教示したことだと自白したイ・チャンジュンと、そのことに気付いたファン検事。2人は古い建物で会い、イ・チャンジュンは今までのことを全て自白した。イ・チャンジュンが犯人だと聞いたソ検事は、ハン刑事と共に建物の1階に向かうも、その時...。イ・チャンジュンが残した音声ファイルは、瞬く間に大ニュースに。事件が一件落着し、ファン検事は少しだが人間らしい感情を取り戻したように見えた。
厚労省 統計不正再発防止で有識者が防止策を提言
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 厚労省 統計不正再発防止で有識者が防止策を提言  今年1月に発覚した厚生労働省の統計不正問題を受けて、大学教授などで構成する有識者会議は外部のチェック機能の強化やAI(人工知能)の活用など、再発防止策を提言しました。  厚労省では今年1月、不適切な手法で賃金などの動向調査を行っていたことが明らかになりました。これを受けて先月から有識者会議が開かれ、職員の統計への無関心や規範意識の欠如など組織としての体制の甘さが指摘されていました。有識者会議は、今後はマニュアルを作ってルールに基づいた業務を行うことや、専門家など外部を絡めてチェック体制を強化すること、AIを導入して業務の効率化を進めるなどの再発防止策を提言しました。厚労省はこの提言をもとに対策をまとめ、今月中に公表することにしています。
第4話 使い捨ての駒
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第4話 使い捨ての駒 パク・ムソンが死ぬ前、最後に会ったのはヨン検事だったことが明らかに。ファン検事は、ヨン検事の父親であり元長官のヨン・イルジェに会いに行った。そこで聞いた話から事件のヒントを得たファン検事は、“愛”という感情がよく分からないためハン刑事に質問をする。一方、次長に裏切られたと思ったソ検事は内密にある女性を捜し始める。その女性は、あるクラブで働いているのだが、ファン検事も彼女の跡を追う。しかし、その日の夜...
第5話 新たな被害者
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第5話 新たな被害者 ファン検事とソ検事が追っていた女性が、パク・ムソンの家で重体で発見された。どうにか一命をとりとめた彼女の名前はクォン・ミナ。クラブで働いていた彼女は偽名を使い働いていた。そんな中、『犯人を見た』という通報があり、凶器と思われる包丁からは、ファン検事の指紋が検出される。次長検事のイ・チャンジュンに疑われるが、ファン検事は女性と次長検事の関係を知っている。一方、ファン検事を逮捕するかで、もめている警察は...