「ABEMA 予約」の検索結果

今すぐ視聴する

悪質…正月に“高級客室”の無断キャンセル相次ぐ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 悪質…正月に“高級客室”の無断キャンセル相次ぐ  栃木県内の7つの旅館などで正月に団体の宿泊予約が入っていたものの、無断キャンセルが相次いでいたことが分かりました。いずれも同じ名前を名乗る人物が予約していました。  栃木県那須塩原市にある温泉郷。源泉かけ流し100%の天然温泉が自慢の旅館で、2日、10人の団体予約が無断キャンセルされました。予約の電話があったのは去年8月で、露天風呂付きの高額な部屋を要望されたそうです。  「湯守田中屋」専務取締役・田中佑治さん:「正月の時期だったので、特別メニューを用意した。総額は36万円強になる。(電話の相手は)年配ではない感じだった」  宿泊予定日が近付いた去年12月に旅館側から確認の電話をしたところ、つながらず、そのまま連絡もない状態だったといいます。  「湯守田中屋」専務取締役・田中佑治さん:「来る可能性もゼロではないので、勝手にキャンセルする対応はしない」  他の宿泊施設に相談したところ、那須塩原市や栃木県日光市などで同様の無断キャンセルが栃木県内で合わせて7件起きていたことが新たに発覚。いずれも予約日は1月2日と3日で、それぞれの宿泊施設で同じ名前を名乗る人物によって10人規模の予約が入っていたことが分かりました。  「湯守田中屋」専務取締役・田中佑治さん:「うちだけと思っていたものが7施設で見つかり、前代未聞でびっくりしている。民事で訴訟を考えているし、7施設で相談しながら今後、進めていきたい」
キャンセル繰り返しポイント取得…高級ホテルに滞在
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 キャンセル繰り返しポイント取得…高級ホテルに滞在  ホテル予約サイトで無断キャンセルを繰り返してポイントを不正取得した疑いで逮捕された親子。番組の取材で、この2人とみられる親子が高級ホテルに長期滞在していたことが明らかになりました。  便利な「一休.com」が悪用されたのでしょうか。23日、検察に送られたのは住所不定で51歳の岸田治子容疑者と息子の治博容疑者(30)。去年8月、京都市内の宿泊施設を予約してポイントを不正に得ていたとされます。  みなとみらいの高級ホテル。2人は、偽名を使ってトイレと風呂が別の部屋を使っていたといいます。  容疑者親子が泊まったホテルの従業員:「正直びっくりしました。『連泊連泊』でご予約が入ってきたので、怪しむこともなくご宿泊頂いておりました」  そんなぜいたくを支えたのはせこい手口。2人はインターネットの宿泊予約サイトでホテルを探し、宿泊予約サイトを通して予約を入れます。すると、この時点で仮のポイントがもらえます。問題は、キャンセルした時。当然、ポイントは消えるはず。しかし、ホテル側がキャンセル処理を忘れるとポイントが渡ってしまうといいます。こうして得たポイントは約190万円分。宿泊代金も得られないため、被害総額は8000万円を超えます。被害は今回以外も多発しているといいます。  事件を受け、一休は「提携先のホテルにキャンセル処理をするよう啓発している」などとコメントしています。
親子で無断キャンセル繰り返し ポイント不正取得か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 親子で無断キャンセル繰り返し ポイント不正取得か  親子で予約したホテルの無断キャンセルを繰り返していました。  岸田治子容疑者(51)と息子の治博容疑者(30)は去年8月、宿泊予約サイト「一休.com」で予約した京都市内の4つの宿泊施設をすべて無断キャンセルし、業務を妨害したうえ、うち1件からは不正に宿泊特典のポイントを得ていた疑いが持たれています。2人は同様の手口を2200回以上繰り返し、不正にポイント約190万円分を手に入れたということです。母親の治子容疑者は容疑を否認し、息子の治博容疑者は容疑を認めています。2人は得たポイントでホテルを転々として暮らしていたとみられます。
毎年の恵方巻き大量廃棄 予約販売などで削減対策
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 毎年の恵方巻き大量廃棄 予約販売などで削減対策  スーパーやコンビニエンスストア26社が恵方巻きのフードロス削減に取り組みます。  節分の縁起物の恵方巻きを巡っては、売れ残りが大量廃棄されて問題となっています。農林水産省は今年の販売が本格化するのを前に、スーパーやコンビニエンスストアなど流通各社に需要に見合う販売をして廃棄を減らすよう求めました。これまでに大手コンビニエンスストアや地方のスーパーなど26社が予約販売やハーフサイズの商品を強化するなどの対策を取ると報告があったということです。農水省ではポスターに使うキャラクターなどを各社に提供するなどして、フードロス削減を強化する方針です。
#139:メリクリ!ブスが忘れられないキスの味
おぎやはぎの「ブス」テレビ #139:メリクリ!ブスが忘れられないキスの味 ▼「1人で大量のチキンを予約…」クリスマスで見栄を張っちゃったブス! ▼完全再現!ブスのいつかのメリークリスマス!「帰り際にキス!何か口移しされ…♡」 ▼「800円おごってもらって、〇〇の匂いを嗅がれた…」やっぱり悲しいブスのクリスマス
#43:指で、舌で、心をほぐして月収300万!?女性向け性感マッサージに潜入
給与明細 #43:指で、舌で、心をほぐして月収300万!?女性向け性感マッサージに潜入 ▼女性向け性感マッサージ店に潜入ボーイが体験入店! ▼採用条件は【外見・ホスピタリティ・学歴】ハイスペ揃いのマッサージ店の実態とは? ▼予約はLINEで。イケメンとデート感覚で利用する客の元にガチ潜入! ▼月給50~300万円…No.1セラピストの給与を暴く!
「春節休暇」で空港や観光名所“感染”警戒
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「春節休暇」で空港や観光名所“感染”警戒  日本の空港や観光地の店では新型コロナウイルスの感染への警戒が続いています。  中国では25日が旧正月の春節で、この期間、多くの中国人が日本を訪れます。去年は春節の1カ月間で72万人が日本を訪れています。新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、羽田空港ではマスクをした旅行客の姿が目立っています。全日空によりますと、この時期、中国からの便の予約率は9割を超えているということです。また、横浜の観光名所の中華街ではドラッグストアがマスクの爆買いに備え、個数制限などを設けるなどしています。
付録に“レコード録音機” 発売前から増刷検討も
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 付録に“レコード録音機” 発売前から増刷検討も  付録が注目され、科学雑誌に予約殺到です。発売の2カ月も前ですが、出版社は早くも増刷を検討してます。  3月に発売予定の科学雑誌の付録として付いてくるレコードメーカー。自分だけのオリジナルレコードが作れるというだけあり、発売2カ月前にもかかわらず、予約が殺到しています。編集長に使い方を教えてもらいました。  学研プラス大人の科学マガジン・吉野敏弘編集長:「(レコードに)録りたい曲をスマホから選んで」  自分のスマートフォンに入っている音楽などをレコードに録音できるといいます。レコードメーカー本体とスマホをつなぎ、録音用の針を落として録りたい音楽を再生すると、スマホが再生する音楽の振動を針に伝えてレコードに刻んでいきます。これで完成。たったこれだけの作業でオリジナルレコードを作ることができました。もちろん、作ったレコードは通常のプレイヤーでも再生ができます。さらに、このレコードメーカーはこんな使い方も。  学研プラス大人の科学マガジン・吉野敏弘編集長:「スマホに声を録音すれば、自分の声のレコードも作ることができる」  このレコードメーカーを付録として出版する雑誌は不定期の発売で、これまでにもカメラやプラネタリウムなど大人が童心に帰ることができる付録を作ってきました。  学研プラス大人の科学マガジン・吉野敏弘編集長:「大人に向けてワクワクするような。物の仕組みを知って、使いこなして楽しむ。そういうものを届けたい」
外国人観光客の消費相談 最も多いのは宿泊関連
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 外国人観光客の消費相談 最も多いのは宿泊関連  日本を訪れた外国人観光客の消費トラブルは宿泊に関することが最も多いことが分かりました。  国民生活センターは外国人観光客向けの消費相談窓口を設けて1年が経過したことを受け、相談の実態を初めて明らかにしました。年間相談件数は283件で、このうち最も多かったのは中国語での相談で、約6割でした。具体的には「予約した民泊に行ったが、オーナーが不在で宿泊できず野宿した」などといった宿泊に関する相談が最も多く、次いで「レストランで高額なお通し代の請求を受けた」など外食に関することが多かったということです。国民生活センターでは英語と中国語のほか、韓国語やタイ語、ベトナム語など6カ国語で電話相談を受け付けています。
泣きの独り芝居で…美容院経営の女性から現金詐取か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 泣きの独り芝居で…美容院経営の女性から現金詐取か  東京・板橋区で美容院を経営する女性に「タクシーに財布を忘れた」などと嘘を言って現金をだまし取ったとして、31歳の無職の男が逮捕されました。大阪などでも美容院などが狙われる事件があり、警視庁で関連を調べています。  赤間祐太郎容疑者はおととし9月、板橋区で美容院を経営する女性に「着付けの予約に来たが、タクシーに財布を忘れた」などと嘘を言って現金3万円をだまし取った疑いが持たれています。  被害に遭った女性:「とにかく運転手さんに電話して、戻ってくれないと困るんですって泣きの涙。結局、電話の履歴はない、独り芝居だった」  警視庁によりますと、赤間容疑者は女性に偽名の借用書を渡していたということです。取り調べに対して「金がなくてだまし取った」と容疑を認めています。大阪や愛知でも同様の手口で美容院などが狙われる事件が起きていて、警視庁が関連を調べています。
驚愕1泊120万円! 五輪まで半年“民泊バブル”
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 驚愕1泊120万円! 五輪まで半年“民泊バブル”  東京オリンピック開幕が約半年後に迫るなか、開催地の東京では民泊の宿泊料金が驚くほど高騰していて、普段の数十倍となっているところも見られます。  夜明け前、船で運ばれるのは巨大なオリンピックのシンボル。実は、日本で作られていた高さ約15メートルのシンボル。8月9日まで展示される予定です。  東京オリンピック開幕まで約半年となり、大会に向けて着々と準備が進んでいます。宿泊施設も期間中、たくさんの人が訪れることもあり、おととし、ホテルの客室数は大幅に増えました。  そんななか、こんな一風変わったホテルも。東京・秋葉原駅の高架下に先月にオープンしたこのホテル。高架下という限られた空間の中を有効活用したデザインが特徴です。気になるオリンピック期間中の予約は…。  フロントスタッフ・中島太陽さん:「週に何件かという感じだが、五輪を見据えて4人とか6人とか。こういう立地条件のなかでは、珍しいタイプの部屋をたくさん用意している」  しかし、客室数が大幅に増えても宿泊需要はこれを上回るデータがあります。みずほ総合研究所によりますと、東京都のホテルの客室は8月に最大4000室程度の不足が発生する見込みだということです。  そこで、客室不足の対策として期待されるのが、戸建て住宅やマンションを宿泊施設として提供する民泊です。観光庁によりますと、オリンピックもあり、民泊事業の届け出は急増していて、おととし6月に法が施行されてから、わずか1年半で約10倍に増えました。  番組がオリンピック期間中の民泊…