「AK 今日」の検索結果

今すぐ視聴する

第三話 「春のちらし寿司」
衛宮さんちの今日のごはん 第三話 「春のちらし寿司」 3月3日はひなまつり。イリヤを衛宮家に招待し、日本の文化を体験してもらうことに。凛と桜の手を借り、士郎がイリヤのためにふるまう"ひなまつりの料理"は…?
第十話 「冷めても美味しいからあげ」
衛宮さんちの今日のごはん 第十話 「冷めても美味しいからあげ」 文化祭まであと一週間。一成達生徒会メンバーは、毎日遅くまで続く準備に疲れ果てていた。そんな彼らを見かねた士郎は、差し入れを持っていくことにする。
第十一話 「特製ふわとろオムライス」
衛宮さんちの今日のごはん 第十一話 「特製ふわとろオムライス」 凛に買い物の荷物持ちを頼まれたアーチャー。待ち合わせ場所で凛を待っていると、通りかかったランサーにカフェのアルバイトを手伝ってほしいと頼まれる。
第十三話 「あったか寄せ鍋」
衛宮さんちの今日のごはん 第十三話 「あったか寄せ鍋」 大雪の降る、とても寒いある日。今日も、衛宮家には自然とみんなが集まり、同じものを囲み、同じ場所で食事をとる。士郎が作る、今日のごはんは―。
第ニ話 「鮭ときのこのバターホイル焼き」
衛宮さんちの今日のごはん 第ニ話 「鮭ときのこのバターホイル焼き」 夕飯の買い出しに来た士郎。献立を考えながら商店街を歩いていると、魚屋で店番をしているランサーに出会う。士郎は鮭を使った料理を作ることを決めたが、何故かランサーが衛宮家に夕飯を食べにくることになり…
第四話 「春野菜とベーコンのサンドイッチ」
衛宮さんちの今日のごはん 第四話 「春野菜とベーコンのサンドイッチ」 バイト先の酒屋・コペンハーゲンで配達の手伝いを頼まれた士郎。最後の配達先であった柳洞寺で僧侶の零観から頼まれ、山菜を使ったサンドイッチを作ることになるのだが、山門で見かけたアサシンのことが気になり…。
第六話 「はじめてのハンバーグ」
衛宮さんちの今日のごはん 第六話 「はじめてのハンバーグ」 今日は雨。士郎は幼き日の記憶をふと思い出す。雨が降っていたある日、士郎は料理番組で作っていたハンバーグを作ることを決めた。それはハンバーグが好物なある人のためで…。
第八話 「遠坂さんの五目炒飯」
衛宮さんちの今日のごはん 第八話 「遠坂さんの五目炒飯」 士郎と桜は凛に家の片づけの手伝いを頼まれる。遠坂邸には、魔導装置や魔導書などがたくさん。三人で片づけをしているとちょうどお昼の時間に。今日のごはんは凛と桜が作ることになり―。
第九話 「秋の味覚-キャスター和食修行編-」
衛宮さんちの今日のごはん 第九話 「秋の味覚-キャスター和食修行編-」 士郎が商店街を歩いていると、突然後ろから腕を引っ張られる。振り返ると、そこにはキャスターがいた。 料理修行中のキャスターは、士郎にある料理の作り方を教えてほしいようで―。
第十二話 「フライパンだけで作るローストビーフ」
衛宮さんちの今日のごはん 第十二話 「フライパンだけで作るローストビーフ」 今日はクリスマス。イリヤは士郎たちをアインツベルン城に招待し、クリスマスパーティーを開く。みんなでパーティー料理を堪能していると、士郎の前にとある来訪者が現れ―。
第一話 「年越しそば」
無料
衛宮さんちの今日のごはん 第一話 「年越しそば」 今日は大晦日。大掃除を終えた士郎とセイバーは、夕飯の買い出しに出かける。家で留守番中の大河とイリヤは、こたつの中でのんびりと士郎が作ってくれるごはんを待っていた。 今夜の衛宮家のごはんは…?
第五話 「たけのこグラタン」
衛宮さんちの今日のごはん 第五話 「たけのこグラタン」 士郎が作った朝食を完食し笑顔になるセイバー達を見て、ため息をつく桜。その姿はどこか思い悩んでいるようだった。士郎は一成からサンドイッチのお礼にたけのこを貰う。夕食にグラタンを作ろうとする桜に士郎はたけのこを入れようと提案する。
第七話 「さらりと頂く冷やし茶漬け」
衛宮さんちの今日のごはん 第七話 「さらりと頂く冷やし茶漬け」 大河のはからいで、士郎とセイバーと凛はウォーターレジャーランド・わくわくざぶーんに行くことに。そこで遭遇したランサーとアーチャーに勝負を挑まれ、ビーチバレー対決が始まる。その後遊び疲れた彼女たちに、士郎が作る今日のごはんは…?
#75:ココリコ田中&極楽がデモ?業界に問題提起選手権!
極楽とんぼKAKERUTV #75:ココリコ田中&極楽がデモ?業界に問題提起選手権! 【今回のKAKERUTVとは?】 テレビの業界にいて「実はおかしいと思っていた事」、 「理解できない事」「コレは必要なのか」と思うことはたくさんある。そこで今日は極楽とんぼを筆頭に"ココリコ 田中直樹""インパルス 板倉 俊之""野呂佳代"に「業界に問題提起」をする。 「この思いは自分だけなのか」それとも「みんなが思っていた事なのか」視聴者に決めてもらう!
LIMIT MAKE #1
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #1 日本最高峰のバスフィッシング・トーナメンターである青木大介が、決められたエリアで自ら目標ウエイトを設定。そのウエイトを目指し、全力で立ち向かう様子を収めたドキュメント・ムービー「LIMIT MAKE」。
LIMIT MAKE #4
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #4 日本最高峰のバスフィッシング・トーナメンター、青木大介が、決められたエリアで自ら目標ウエイトを設定。そのウエイトを目指し己と戦う様子を収めたドキュメント・ムービー「LIMIT MAKE」。
LIMIT MAKE #9
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #9 青木自身、2度目の訪問となる岐阜県・五三川。厳冬期の1月に釣りをするのは初めて。しかもロケ当日は記録的な寒波が!完璧に不利なこの状況を青木はどう打開するのか?
LIMIT MAKE #12
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #12 「ボートで挑む霞水系秋の陣」 10月、大雨の影響で増水の続く、常陸利根川〜北浦へ。今回はトーナメンター青木の真骨頂、ボートでの釣り。大型の個体の少ないこの水域で4キロの目標をクリアできるか?
LIMIT MAKE #10
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #10 2017年5月、霞ヶ浦水系にて驚異の5000g超えを達成した青木。2018年は舞台を利根川水系に絞り、3本の合計重量4500gを目指す。しかし減水、そして田畑からの濁り水。まともに釣りを展開することが出来ない。果たしてこのタフコンディションを打開し、記録を叩き出すことが出来るのか!?
LIMIT MAKE #11
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #11 「青木大介が千葉県のリザーバーへ!」 酷暑が続く2018年の夏。青木は、岸釣りでは訪れたことの無い、亀山湖・三島湖へ。ボートの釣りとは違うアプローチ。減水の続く両湖。タフコンディションの中、4500gの目標を達成することができるか?
LIMIT MAKE #13
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #13 「青木、厳冬期の霞ヶ浦水系へ」 2019年1月、厳冬期の霞ヶ浦水系。青木はボートで3500gの目標達成を目指す。 朝の水温は4度。魚の活性は明らかに低い状況。シャッドをメインにゲームを組み立てていく。 数少ないバイトをモノにできるか?
LIMIT MAKE #14
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #14 「青木、初夏の大江川・五三川へ」 2017年1月、大江川。2018年1月、五三川。いずれもノーフィッシュで終わった青木。2019年5月、リベンジを果たすべく現地へと向かう。目標設定は4kg。決して簡単な数字ではない。まさに背水の陣を敷いて挑む今回のリミットメイク、見逃せない!
LIMIT MAKE #15
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #15 「青木、秋の霞ヶ浦水系へ」 舞台は9月末の霞ヶ浦水系。目標ウエイトは5本で5kg。 水位は下がり、溶存酸素量の少ない水質。 状況の好ましくない中、本湖・流入河川をラン&ガンし大型のバスを探していく。 果たして目標達成なるか?
LIMIT MAKE #2
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #2 日本最高峰のバスフィッシング・トーナメンターである青木大介が、決められたエリアで自ら目標ウエイトを設定。そのウエイトを目指し、全力で立ち向かう様子を収めたドキュメント・ムービー「LIMIT MAKE」。その第2回目の戦いの舞台は、青木の地元である西湖、河口湖、山中湖という富士三湖だ。ただし、いつもはボートがメインで、岸釣りの経験はほとんどないという青木。地元とはいえ油断できない戦いである。
LIMIT MAKE #3
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #3 日本最強のバスフィッシング・トーナメンター、青木大介が決められたフィールドで目標ウエイトを目指し2日間本気で己自身と戦う「LIMIT MAKE」が早くも3回目のロケを迎えた。新たなる戦いの舞台となったのは、茨城県の牛久沼水系。それほど広くはないが、ときに大型のバスが釣れる場所として知られ、多くのマニアが足繁く通うテクニカルなフィールドである。苦汁をなめた霞ヶ浦水系、爆発的な釣果を叩きだした西湖に続いて、青木がどんな釣りを見せてくれるのか、実に楽しみだ。
第3話 それ、好きだなあ
多田くんは恋をしない 第3話 それ、好きだなあ 多田家の飼い猫にして、多田珈琲店のマスコット。そして戦慄のニャンコビッグとしてブログでも活躍する人気者のニャンコビッグ。彼は子猫の頃、庭先で鳴いていたところを多田に拾われた。彼にとって多田は、命の恩人であり、多田の亡き両親にかわって見守るべき存在でもある。今日もいつもと同じように、まだ寝ている多田を起こすため、ニャンコビッグは行動を開始するのだが……。