「BS ムー」の検索結果

今すぐ視聴する

第20話 及川徹は天才ではない
ハイキュー!! 第20話 及川徹は天才ではない 青葉城西とのIH予選3回戦が始まった。序盤から繰り広げられる、影山と及川のセッター対決。試合巧者の青葉城西は、及川のもと烏野の隙をついて着実に得点を重ねていく。次第に焦りを見せ始める影山。 そんななか烏野のムードメーカー・田中が奮起するが、それを見た及川は―。
第6話 スナイパー
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪(吹替) 第6話 スナイパー イリノイ州で連続狙撃事件が発生。犯人は白昼に遠距離から無差別に狙撃し、その行動は次第にエスカレートしていく。BAUは調査を開始するが、秘密裏に行われていたはずの捜査がなぜかマスコミに漏れ、ニュースで大々的に流れてしまう。射撃の適性試験に落ちてしまい、銃の所持を禁じられていたリードは・・・。
第10話 悪魔のカルト集団
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪(吹替) 第10話 悪魔のカルト集団 ヴァージニア州である高校の人気者が撲殺された。犯行現場に残された証拠を調査していたBAUは、悪魔崇拝のカルト集団が犯行に関与している可能性を導き出す。遺体発見現場の近くからは、頭蓋骨が割れた白骨死体が発見される。そこには、その仮説を裏付けるある文字が残されていた。
第11話 テネシーの吸血鬼
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪(吹替) 第11話 テネシーの吸血鬼 テネシー州の平和な街で、64年ぶりに殺人事件が発生、残された遺体からは内臓と血痕が抜き取られていた。現地に向かったBAUだが、週末にスカイダイビングで怪我をしていたギデオンだけは現場に行けず、代わりに、普段は現場へ赴かないガルシアを遠隔操作してプロファイリングにあたる。
第14話 死刑へのカウントダウン
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪(吹替) 第14話 死刑へのカウントダウン 12人もの少女の連続殺人の容疑で逮捕された夫婦に死刑執行の時が迫っていた。ところが、13人目の被害者が発見された新たな犯行を調査するためにBAUはフロリダに向かった。妻と面会したギデオンは彼女が実は無罪で、夫の犠牲者の一人なのではないかと疑い始める・・・。
第15話 蘇ったシリアル・キラー
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪(吹替) 第15話 蘇ったシリアル・キラー 長い間沈黙を守ってきた連続殺人魔が、BAUに5日以内に次の犠牲者を殺す、と予告してきた。20年前に7人の女性が殺害された事件だったが、犯人は突然犯行を続けることをやめ、ギデオンの先輩である元捜査官が事件を解決できぬまま引退していた。ギデオンは彼に捜査の協力を求める。
第16話 虐殺の儀式
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪(吹替) 第16話 虐殺の儀式 建設中の空き巣に忍び込んでいた大学生5人が惨殺された。現場には皮を剥がされたり、杭を刺された凄惨な死体が残されており、ギデオンは複数による犯行とプロファイルする。死体損壊の様相が、先住民の戦いの儀式に酷似しており、さらに現場の土地も元々先住民の土地であったことから、ある一人の男が浮上する。
第6話 スナイパー
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪(字幕) 第6話 スナイパー イリノイ州で連続狙撃事件が発生。犯人は白昼に遠距離から無差別に狙撃し、その行動は次第にエスカレートしていく。BAUは調査を開始するが、秘密裏に行われていたはずの捜査がなぜかマスコミに漏れ、ニュースで大々的に流れてしまう。射撃の適性試験に落ちてしまい、銃の所持を禁じられていたリードは・・・。
第10話 悪魔のカルト集団
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪(字幕) 第10話 悪魔のカルト集団 ヴァージニア州である高校の人気者が撲殺された。犯行現場に残された証拠を調査していたBAUは、悪魔崇拝のカルト集団が犯行に関与している可能性を導き出す。遺体発見現場の近くからは、頭蓋骨が割れた白骨死体が発見される。そこには、その仮説を裏付けるある文字が残されていた。
第11話 テネシーの吸血鬼
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪(字幕) 第11話 テネシーの吸血鬼 テネシー州の平和な街で、64年ぶりに殺人事件が発生、残された遺体からは内臓と血痕が抜き取られていた。現地に向かったBAUだが、週末にスカイダイビングで怪我をしていたギデオンだけは現場に行けず、代わりに、普段は現場へ赴かないガルシアを遠隔操作してプロファイリングにあたる。
第14話 死刑へのカウントダウン
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪(字幕) 第14話 死刑へのカウントダウン 12人もの少女の連続殺人の容疑で逮捕された夫婦に死刑執行の時が迫っていた。ところが、13人目の被害者が発見された新たな犯行を調査するためにBAUはフロリダに向かった。妻と面会したギデオンは彼女が実は無罪で、夫の犠牲者の一人なのではないかと疑い始める・・・。
第15話 蘇ったシリアル・キラー
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪(字幕) 第15話 蘇ったシリアル・キラー 長い間沈黙を守ってきた連続殺人魔が、BAUに5日以内に次の犠牲者を殺す、と予告してきた。20年前に7人の女性が殺害された事件だったが、犯人は突然犯行を続けることをやめ、ギデオンの先輩である元捜査官が事件を解決できぬまま引退していた。ギデオンは彼に捜査の協力を求める。
第16話 虐殺の儀式
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪(字幕) 第16話 虐殺の儀式 建設中の空き巣に忍び込んでいた大学生5人が惨殺された。現場には皮を剥がされたり、杭を刺された凄惨な死体が残されており、ギデオンは複数による犯行とプロファイルする。死体損壊の様相が、先住民の戦いの儀式に酷似しており、さらに現場の土地も元々先住民の土地であったことから、ある一人の男が浮上する。
第2話 クチーヨ
S.W.A.T.(吹替) 第2話 クチーヨ 判決を受けるため裁判所に護送された4人の犯罪者が、保安官代理になりすました男の手引きで脱走するという事件が発生。4人の中の1人はスペイン語で「ナイフ」を意味する「クチーヨ」と呼ばれる凶悪犯で、手引きをしたのはそのイトコに当たるラモンだった。ホンドーとマムフォードのチームは、競い合うように脱走犯たちを捕らえていく。
第3話 パミリヤ
S.W.A.T.(吹替) 第3話 パミリヤ ヘロインの取引があったとの情報が入り、ある麻薬組織のアジトに踏み込んだホンドーらは、閉じ込められていたフィリピンからの移民たちを発見。彼らはヘロインを体内にのみ込んで運び屋として利用されており、発見直後にその中の1人、ハヴィエルという男性が泡を吹いて危篤状態に陥る。
第7話 家族の絆
S.W.A.T.(吹替) 第7話 家族の絆 ホンドーの地元でギャングのメンバー3人が射殺される事件が発生。犯人はプロの可能性があった。ホンドーは服役中の元ギャング、リロイから内密に話があると呼び出される。リロイとホンドーは子供の頃からの知り合いで、息子ダリルがギャング達の殺害現場を目撃したと知ったリロイは、ホンドーにダリルを守ってほしいと頼む。
第8話 ミラクル
S.W.A.T.(吹替) 第8話 ミラクル クリスマス・シーズン、ロス市警では病院の寄付金集めパーティーが開かれ、警察委員長プランクも出席していたが、その最中、違法なバーで銃撃戦発生の知らせが入る。チームが休暇中のホンドーはマムフォードのチームに加わり、SWATの仕事を生で見たいと希望するプランク委員長も防犯ベストを着用して現場へ向かう。
第9話 死角
S.W.A.T.(吹替) 第9話 死角 モトクロス・バイクに乗った3人組の強盗が合法ドラッグ店を襲い、客2人を殺害。SWATに入る前に似た手口の事件を扱ったタンは、当時の情報屋アリーに接触する。タンとアリーは恋愛関係にあったが、お互いのためにならないと判断したタンが連絡を絶ってしまったため、アリーはタンを恨んでいた。
第10話 プリズン・パニック
S.W.A.T.(吹替) 第10話 プリズン・パニック 民営の刑務所で暴動が発生。3つのギャングがそれぞれ3つのブロックを占拠し、刑務所を訪れていた作業員達や、カウンセリングのために来ていたシスターと神父達が人質に取られ、ホンドー・チームも3組に分かれて対応に当たる。SWATチームは看守や受刑者達と接触していく中で、ある事実を知ることになる。
第11話 コリアタウン
S.W.A.T.(吹替) 第11話 コリアタウン ギャング「ゴールデン・ボーイズ」の大ボスをあぶり出すため、SWATと麻薬取締局は合同捜査を行い、ホンドー・チームが強奪犯になりすまして2500万ドル相当、50キロのフェンタニルを盗み出す。捜査陣の思惑通り、この強奪に慌てたギャングたちはあちこちに電話をかけ、その傍受から大ボスらしきエディ・リーという男が浮かび上がる。
第12話 化学テロ
S.W.A.T.(吹替) 第12話 化学テロ 港で大量のシアン化物が押収され、化学テロに使われるはずだった可能性が浮上。押収の様子を遠くから見て、その場を立ち去った2人組の男は、交通違反で女性警官ドナに止められるが、自分たちは連邦法にも州法にも縛られない自由な「主権者」だと主張。免許証の提示をめぐって口論の末に、2人組の1人が発砲し...。
第14話 死んだはずの男
S.W.A.T.(吹替) 第14話 死んだはずの男 非番の日に水辺の公園を歩いていたルカは、死んだと思われていた連続殺人犯「美形キラー」らしき男を見かけ、追いかけようとして逃げられるが、車のナンバーを押さえる。ルカはホンドーにそのことを知らせるとともに、2年前「美形キラー」の魔の手から救い出した女優ケリを訪ね、SWATの本部に保護する。
第15話 ピットクルー
S.W.A.T.(吹替) 第15話 ピットクルー 3つの州で連続した現金輸送車強盗が発生。4人組の犯行グループはその手際の良さと早業から「ピットクルー」と呼ばれている。SWATはFBIと合同捜査に乗り出し、以前にも化学テロ事件で組んだFBIのデュボワ捜査官が指揮を執る。だがデュボワ捜査官は時折集中力に欠ける様子を見せ、ジェシカは不信感を募らせる。
第16話 復讐
S.W.A.T.(吹替) 第16話 復讐 裕福な家の娘ジュリエットがボディガードの目の前で誘拐される。ボディガードのリックは元海兵隊員で、今は富裕層専門のグレンジャー警備に勤務しており、誘拐犯に撃たれて腕を負傷する。両親の元にはジュリエットから電話がかかってきて、犯人からの要求が身代金500万ドルであることを告げる。
第17話 武器庫
S.W.A.T.(吹替) 第17話 武器庫 ギャング組織ロス・レイエスの殺し屋ロペスの車をジャックしたアンヘル・ルセロは、パトカーに行く手を阻まれ、車を乗り捨てて近くの民家に飛び込む。車の中には死んだロペスが残されており、ルセロは民家に住む一家3人を人質に取って立てこもる。説得に当たるジェシカに対し、ルセロは「妹が殺される」と言い、車と時間を要求する
第19話 情報源
S.W.A.T.(吹替) 第19話 情報源 巨悪や権力と闘うロシアの女性ジャーナリスト、イリーナが取材や講演のためにLAを訪れ、お抱えの警備チームが頼りにならないことを証明したSWATチームが警護に当たることに。イリーナは大量の銃がロシアからアメリカに密輸されるとの情報をキャッチしており、その情報源である「シャオリン」と名乗る人物と会うことになっていた。
第20話 報復
S.W.A.T.(吹替) 第20話 報復 ホンドーは元麻薬取締官のKCとともに、ジェ・キムの調査を独自に続け、市の職員イアン・ペックと密会している現場をとらえる。ホンドーはイアンに接触し、フェンタニルの摘発で資金繰りの苦しくなったジェ・キムが、イアンを買収して土地の評価額を不正に上げ、銀行から2500万ドルの融資を受けたことを知る。その返済日が翌日に迫っていた...。
第21話 山狩り
S.W.A.T.(吹替) 第21話 山狩り バイカー族「マークス」が「ジャッカルズ」を立て続けに襲撃する事件が発生し、その原因を突き止めるため、ディーコンはパトロール警官時代の先輩ホーキンスを訪ねる。ホーキンスはマークスに潜入捜査をしていた経験があり、今は引退して山奥に引きこもっている。しかしホーキンスのキャビンには彼の姿はなく、兵士姿の男達から突然襲撃を受ける。
第2話 キャンパス連続放火犯
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪(吹替) 第2話 キャンパス連続放火犯 BAUは、大学のキャンパスで起こっている連続放火事件を調査する。ほとんどの証拠が焼失し、手掛かりが少ない状況では、捜査は心理的な分析に頼るしかなかった。しかし犯人は、従来のプロファイリングで導き出される犯人像とは違う行動を取り、捜査は難航。BAUは、常識的な分析から頭を切り替え、新たな犯人像に迫ることができるのか?
第3話 パームビーチの爆弾魔
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪(吹替) 第3話 パームビーチの爆弾魔 フロリダ州パームビーチで起こった爆破事件の捜査に乗り出したBAU。現場から集められた破片を元に爆弾を復元したモーガンは、そのあまりの精巧さに驚き、同時にある人物に思い当たる。事件の鍵を握ると思われるその人物に会いに、ある場所に向かったギデオン。その人物こそ、ギデオンの心に深い傷を負わせ、現場を離れる原因となった張本人だった。