「CNBLUE 番組」の検索結果

今すぐ視聴する

【東方神起/BTS/2NE1/少女時代/CNBLUE/ソユ/ソンミ/チョンギゴ】第761話(韓国2014年4月20日放送)
SBS 人気歌謡 【東方神起/BTS/2NE1/少女時代/CNBLUE/ソユ/ソンミ/チョンギゴ】第761話(韓国2014年4月20日放送) (韓国2014年4月20日放送)BTS、東方神起、少女時代、2NE1、CNBLUE、ソユ、チョンギゴ、ソンミ、パク·ジユン、NELL、BESTie、SPICA、Melody Day、テウォン、SPEED、C-Clown、LUNAFLY
【BIGBANG/BTS/Red Velvet/OH MY GIRL/Jinusean/CLC】第813話(韓国2015年5月3日放送)
SBS 人気歌謡 【BIGBANG/BTS/Red Velvet/OH MY GIRL/Jinusean/CLC】第813話(韓国2015年5月3日放送) (韓国2015年5月3日放送)【スペシャルMC】ヨンファ(CNBLUE)、キム・ユジョン、ホン・ジョンヒョン【出演】BIGBANG、BTS、ジヌション、Red Velvet、JIMIN N J.DON 、OH MY GIRL、Gavy NJ、NC.A、Dal★Shabet、Blady、MR.MR、キム・イェリム、UNIQ、THE ARK、CLC、RUBBER SOUL、A.cian、プップッ(Fresh Girls)、ソ・ユミ、A-BLE
第5話 トラウマ
シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第5話 トラウマ ヒョンミンに傷つけられたヘジをなんとか守ろうと、動きだしたジウン。しかしそのたくらみが、ハウォンの心を密かにかき乱していた。一方、会長の亡き息子達の法事も10年目。今回こそはどうしても孫達を法事に出席させたい会長は、またもやハウォンの協力を得ることに。法事への出席を渋る孫達を理解出来ないハウォンだったが、それにはそれぞれの複雑な理由があるようで...。
第7話 シンデレラは2度やってくる
シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第7話 シンデレラは2度やってくる ハウォンへの告白の模様が瞬く間にネットで拡散されたヒョンミンは、すっかり噂の的になっていた。そのころハヌルの家では、ソウ達が家を出て行ったハウォンを心配していたが、ジウンは相変わらずの冷たい態度。しかしいち早くハウォンを見つけたジウンは、誤解を解きハウォンを連れて帰る。なんとなく穏やかに心を通わせているようなふたりであったが、そこへ新たなミッションが始まることに。
第8話 バカンスへ行こう
シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第8話 バカンスへ行こう 無事ヒョンミンを旅行に連れ出す事に成功したハウォンは少々浮かれ気味でバカンスを満喫。そんなハウォンにひいていたハヌルの家の面々も個々に羽を休めていた。一方ハウォンの継母は、ハウォンの実父ではないかと疑っているカン・ヨンジンを突き止め、本人に近づく。旅先でますます距離を縮めるハウォンとジウン。みんなでハメをはずしたバーベキューが終わり、泥酔した状態でふたりきりになり...。
第9話 スキャンダル
シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第9話 スキャンダル 昨晩の出来事に動揺したハウォンは盛大に転倒。足を捻挫してしまいバカンスはおひらきに。ソウルに戻ったハウォンは、病院で秘書ユンソンが臓器移植センターへ入っていくのを見かける。ハヌルの家では負傷したハウォンに皆が優しくしてくれるが、ジウンとはあの夜以来どうしてもぎくしゃくしてしまう。そんななか、ソウがマネージャーに呼び出され、事務所で見せられたものは...!
第10話 シンデレラの片想い
シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第10話 シンデレラの片想い 「あなたのところで休みたい」とジウンに告白したヘジ。悩むジウンと荒れるヒョンミン、そしてハウォンも心中穏やかではない。ジウンが自分に気があるかどうか確かめるための大作戦を始める。作戦はからまわりで終わるが、結局優しいジウンに満足のハウォン。このまま幸せは続くのか...。一方、会長夫人の送迎を頼まれた秘書のユンソン。着いた先では予想外の展開が待っていた。
第11話 本当に好きなのは...
シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第11話 本当に好きなのは... ヘジがハヌルの家に滞在することになり、そこに住む3人の胸中は明らかにざわついていた。ジウンとのイイ感じのデートを中断されたハウォンは尚更面白くない。ヘジの家庭の事情に同情はするものの、なんとか自分に注目を集めようと足掻くハウォン。そこにヘジからの痛恨の一撃が放たれる。ジウンの本心は...?一方で、カン会長は夫人の行動に不信感を抱き始め、秘書ユンソンに監視を依頼する。
第12話 似た者同士
シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第12話 似た者同士 実父と名乗る男の出現に動揺し、母の遺影の前で独り泣くハウォン。駆けつけたジウンは、1年前の自分も似たような状況だったことを語る。ふたりは同じ傷を抱えた者同士通じ合い、強い心が甦ったハウォンは騒動を乗り越える。ソウはラジオで「初恋の真っ最中」と告白。ヒョンミンは最も思い出したくない過去を振り返り、何かを決意し謎の行動に出る。そして、ジウンはついにハウォンに本心を伝える。
第1話 鋼のシンデレラ
無料
シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第1話 鋼のシンデレラ 継母と義姉にこき使われながら、進学のため日夜バイトに励む女子高校生ハウォンは、さしずめ現代版シンデレラ。そんななか、ハウォンの度胸を目の当たりにした青年ヒョンミンが、夜12時まで3時間の奇妙なバイトを持ちかける。破格のバイト料だったがハウォンは一蹴。しかし実母の命日、納骨料金の滞納が発覚し、ハウォンは貯めた学費を充てる決意をするも、あと100万ウォン足りず...。
第2話 シンデレラの選択
無料
シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第2話 シンデレラの選択 母の遺骨を納める費用のため、財閥ハヌルグループ会長の結婚式に孫ヒョンミンの婚約者のふりをして出席したハウォン。ヒョンミンを想う幼なじみヘジはショックを受けるが、そばにはいつもヘジに優しく寄り添う青年ジウンがいた。アウトローなジウンもまた会長の孫。ハウォンとの相性は最悪で衝突ばかりだが、彼らの住むハヌルの家に同居するよう会長から依頼が。人生を変えるほどの選択にハウォンは?
第3話 ファースト ミッション
シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第3話 ファースト ミッション 会長から孫3人の住むハヌルの家を託されたハウォン。孤独を抱えるジウンは、ハウォンと顔を合わせる度に険悪ムードで、ヒョンミンとも常に啀み合う。唯一癒しの存在ソウはマイペースなミュージシャン。同居スタートとともに秘書から言い渡された「ハヌルの家では恋愛禁止」。そんな心配はいらないほど、孫達の行動と心はバラバラ。そんななか、会長から皆で食事をしろというミッションが届く。
第4話 ミッション遂行大作戦
シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第4話 ミッション遂行大作戦 会長からの「皆で食事をしろ」というミッションに手こずるハウォン。数々の作戦を立てては玉砕するなか、秘書ユンソンの言葉から、孫たちがそれぞれ家族に対してトラウマを抱えていることを知る。ミッションに奮闘するなかで、またヘジを傷つけてしまうハウォン。敵意むき出しのジウン、そして相変わらず自分本位な孫達であったが、ハウォンのひたむきな言動に、実は少しずつ心を動かされていた。
第6話 卒業式は波乱の予感
シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第6話 卒業式は波乱の予感 ハウォンの親に対するけなげな想いに触れ、心を動かされた孫達3人は法事会場に姿を見せていた。しかしミッションは失敗と勘違いしたハウォンは、自らの意思でハヌルの家を出てしまう。帰る場所のないハウォンはヘジの家に泊めてもらうことになり、そこで自分はヒョンミンに頼まれて婚約者のふりをしていただけだと打ち明ける。誤解が解け晴れやかなハウォンだが、次の日には波乱の卒業式が待っていた!
第13話 破られた掟
シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第13話 破られた掟 ついに実を結んだハウォンとジウンの恋愛。「ハヌルの家では恋愛禁止」という掟がふたりに重くのしかかる。しかし溢れる気持ちを抑えきれないふたりの関係は、ほどなくカン会長の知るところとなり、ハウォンは究極の選択を迫られる。また、会長から夫人の監視を任されていた秘書ユンソンは、夫人の意外な姿を見かける。そしてヒョンミンは、今までヘジを遠ざけてきた理由をついに本人に打ち明ける。
第14話 母への想い
シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第14話 母への想い 突然病に倒れたカン会長。ハウォンは原因は自分にあると勘違いし、ジウンに別れを告げ姿を消す。ヒョンミンとソウは、祖父である会長が肝移植をしなければ助からない事を知り、自ら適合検査を申し出る。そのころ、ジウンはひとり、亡き母の足跡を追っていた。秘書ユンソンもまた、母である会長夫人との過去を思い出し、何かを考えていた。その後ヒョンミンは、会長が倒れた瞬間の状況を偶然知り...。
第15話 最後の希望
無料
シンデレラと4人の騎士<ナイト> 第15話 最後の希望 会長夫人がハヌルグループを乗っ取ろうとしていたまさにその頃、ドナーと成りうる最後の望みのジウンが病室に現れた。会長が倒れたいきさつを密かに知るヒョンミンは、夫人を挑発する。ソウも音楽活動をしばらく休止に。孫達が一丸となって祖父の回復と会長の存続に臨んでいた。ジウンがドナーとして適合し、手術が可能となった。今だけと見守るハウォン。しかしその手術は重大なリスクを抱えていた。
最終話 シンデレラの靴
無料
シンデレラと4人の騎士<ナイト> 最終話 シンデレラの靴 カン会長解任をめぐるハヌルグループの臨時株主総会が行われていた同じ時、会長の移植手術が行われていた。手術は無事成功し、ジウンもリスクを乗り越えたが目覚めるとハウォンは消えていた。ヒョンミンがハウォンの元に現れ、「好きな人の元へ行きたいと思った時履いて行け」と、会長の結婚式で履いた靴を差し出した。一方、会長に交際を認められたジウンは、父の形見として見覚えのある指輪を差し出され...。
第1話
無料
美男<イケメン>ですね 第1話 修道院で修行中のミニョのもとに、怪しげな男が近づいてくる。ミニョの双子の兄ミナムのマネージャーだと名乗るその男は、ミナムに問題が起こったので、しばらくの間ミナムの代わりになってくれと頼む。 一方、韓国で大人気のイケメンバンドA.N.JELLのリーダー、テギョンは 新メンバーの加入を聞き、猛反発。
第3話
無料
美男<イケメン>ですね 第3話 シヌはミナムの怪我の手当をしながら、自分の秘密を告白し距離を縮める。 一方、テギョンに女だとばれたミナムだが、母親が見つかる可能性を信じてバンドに残ることを決意。 ミナムはテギョンからなんとか信頼を得ようと大切な指輪を託すが、その指輪を投げ捨てる彼に怒りがこみ上げる。
第5話
無料
美男<イケメン>ですね 第5話 ファランと食事をするテギョンは、エビを食べアレルギー発作を起こす。 偶然同じ店で食事をしていたシヌとミナムだが、ミナムは具体が悪いテギョンを放っておけず、シヌを残したままテギョンを追いかけ店の外へ。 一方ヘイは、テギョンとミナムの騒動に巻き込まれる。
第6話
美男<イケメン>ですね 第6話 ミナムの秘密を知ったヘイは、みんなにチヤホヤされているミナムに嫉妬。 その秘密をどうやってバラそうかと企み、テギョンに近づくのだった。 一方、女性の姿に戻ったミナムは、初めての街で1人になる。 それを知ったシヌは、ミナムを驚かそうと電話をかけるが...。
第7話
美男<イケメン>ですね 第7話 テギョンとヘイの関係に傷つくミナム。 シヌやジェルミはそれぞれの形で、一生懸命ミナムを慰めるのだった。 後日ミナムは、テギョンが作った歌をレコーディングするが、うまく歌うことができない。見かねたテギョンは、ミナムと一緒に墓参りに行くことにするが...。
第8話
美男<イケメン>ですね 第8話 涙が止まらずスタジオを飛び出していくミナム。 シヌは追いかけるが、テギョンを見たミナムは、さらに逃げ出してしまう。 ジェルミは、自身の気持ちに戸惑っているミナムをバイクで連れ出し遊びに行く。 新曲のMVの撮影中、共演者の中に本物のミナムの親友が...!テギョンとミナムは大慌て。
第9話
美男<イケメン>ですね 第9話 ミナムは、傷ついたテギョンのために自分なりの誕生祝いをする。 テギョンからもらった大切なヘアピンをPV撮影中になくしてしまうミナム。 ヘイは拾ったピンを自分のものにするが、テギョンがそれを取り返し、落ち込むミナムにどうやって返そうか考える。
第10話
美男<イケメン>ですね 第10話 テギョンは倒れたミナムを病院へ連れて行くが、ミナムは診察を拒否。宿所で看病することに。 一方、テギョンがミナムを女として見ていたことを知ったヘイは怒りに震え、正体を世間に公表するようミナムを脅す。これ以上迷惑をかけないようにと、ミナムは女性の姿ミニョに戻り...。
第11話
美男<イケメン>ですね 第11話 シヌの行動により、ヘイの策略は失敗に終わる。 ジェルミは、ミナムが女だと知って大喜び。 さらにヘイとテギョンの付き合いが、ミナムの事実を隠すための偽りの関係だと知る。 一方、シヌとミナムとの関係を誤解しているテギョンは、2人のやりとりがもどかしくて仕方ない。
第12話
美男<イケメン>ですね 第12話 様子がおかしいミナムを心配し、駆けつけるシヌ。そこには暗い部屋で泣いているミナムが...。 シヌは自分の思いと重ね、歌でミナムを励ますのだった。一方、ファランと食事をしたテギョンは、色々な場所でミナムのことを思い出し、自分にとってミナムがどんな存在なのか考え始める。
第13話
美男<イケメン>ですね 第13話 ミナムの双子の妹ミニョと、シヌが付き合っているとし、2人はキム記者の取材を受けることに。夜の公園で架空のなれそめを考え始める。 ファランは、捜していたコ・ジェヒョンの子供ミナムに会うことができたが、妹ミニョが兄になり変わっていることに気づき...。
第14話
美男<イケメン>ですね 第14話 テギョンはミナムに気持ちを伝え、2人は楽しい時間を過ごす。 しかし、ミナムがテギョンを好きだと知ったジェルミはショックを受け、ラジオの生放送があるにも関わらず行方をくらます。 ミナムはジェルミから教えてもらった秘密のバスに乗っている彼を見つけ、バスに飛び乗る...。