「GSOMIA 破棄」の検索結果

今すぐ視聴する

河村元官房長官「韓国議長案の成立が改善に必要」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 河村元官房長官「韓国議長案の成立が改善に必要」  自民党の河村元官房長官は、韓国の国会議長が提案している徴用工問題を解決するための法案の成立が日韓関係の改善に必要との考えを示しました。  韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は、日本と韓国の政府や企業から寄付金を集めて基金を作り、元徴用工らに支払うなどの解決案を公表しています。  河村元官房長官:「(今月下旬の日韓)首脳会談でGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を完全にもとに戻すことと、日本側のホワイトリストを戻すこと。これについては文喜相議長の法案をもって、韓国側が前に出てこの問題を解決するという方向付けが同時に行われることが必要ではないかと思っている」  河村氏はこのように述べ、韓国がいったん破棄を表明したGSOMIAの問題や日本が強化した輸出管理の問題などの解決には、この法案の成立が必要との認識を示しました。ただこの法案は、元徴用工側が「寄付ではなく賠償するべきだ」と反発するなど成立は困難だとみられています。
金慶珠「ほとんどの国民がGSOMIAについて理解していない」失効前に破棄回避はできるのか 泥沼の日韓関係
無料
AbemaPrime【平日よる9時〜生放送】 金慶珠「ほとんどの国民がGSOMIAについて理解していない」失効前に破棄回避はできるのか 泥沼の日韓関係 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!
韓国ネット民も混乱!? GSOMIAギリギリで"破棄凍結" 急転の背景にアメリカの"強い意向"も?
無料
AbemaPrime【平日よる9時〜生放送】 韓国ネット民も混乱!? GSOMIAギリギリで"破棄凍結" 急転の背景にアメリカの"強い意向"も? 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!

おすすめの作品

韓国軍「GSOMIAは必要」と訴える中「プライドを傷つけられた」文大統領はどう動く?
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 韓国軍「GSOMIAは必要」と訴える中「プライドを傷つけられた」文大統領はどう動く? 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
GSOMIA失効回避 ソウル支局長が日韓の今後を解説
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 GSOMIA失効回避 ソウル支局長が日韓の今後を解説 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
文大統領は何を「努力する」のか 米も継続を要求する中GSOMIA失効で日韓関係はどうなる?
無料
AbemaPrime【平日よる9時〜生放送】 文大統領は何を「努力する」のか 米も継続を要求する中GSOMIA失効で日韓関係はどうなる? 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!
熊谷6人殺害 ペルー人被告に無期懲役判決 1審破棄
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 熊谷6人殺害 ペルー人被告に無期懲役判決 1審破棄  埼玉県熊谷市で2015年、小学生2人を含む男女6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われているペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告に対し、二審の東京高裁は一審の死刑判決を破棄して無期懲役を言い渡しました。
熊谷6人殺害「被告は心神耗弱」死刑→無期懲役に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 熊谷6人殺害「被告は心神耗弱」死刑→無期懲役に  6人殺害の事件で一審の死刑を破棄して無期懲役の判決です。  ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)は2015年9月、埼玉県熊谷市で小学生2人を含む男女6人を殺害した強盗殺人などの罪に問われています。一審のさいたま地裁は責任能力を認めて死刑判決を言い渡し、弁護側が控訴していました。5日の判決で、二審の東京高裁は一審の死刑を破棄し、無期懲役を言い渡しました。減刑の理由について「犯行は統合失調症に影響されていて、被告は心神耗弱の状態だった」と述べました。
熊谷6人殺傷で死刑破棄 遺族「納得いかない」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 熊谷6人殺傷で死刑破棄 遺族「納得いかない」  死刑判決が無期懲役に減刑されたことを受け、遺族が会見しました。  被害者の遺族・加藤さん(46):「6人も亡くなった。私含め他の家族もやりきれないと思うんですけど、本当に納得のいかないというか、精神的なショックでならないです」  東京高裁はナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)に対し、心神耗弱の状態だったとして一審の死刑判決を破棄して無期懲役を言い渡しました。ナカダ被告は埼玉県熊谷市で2015年に6人を殺害した罪などに問われていて、このうち3人は加藤さんの妻と小学生だった2人の娘でした。加藤さんは「検察側には最高裁に上告してほしい」としています。
危険運転認めるも1審破棄 “東名あおり”差し戻し
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 危険運転認めるも1審破棄 “東名あおり”差し戻し  東名高速であおり運転の末に一家4人を死傷させた罪などに問われて一審で懲役18年の判決を受けた男の控訴審で、東京高裁は危険運転致死傷の罪にあたるとしながらも、裁判を横浜地裁でやり直すよう命じました。  あおり運転が社会問題化するきっかけともなった事故。おととし6月の夜、神奈川県の東名高速で起きました。石橋和歩被告(27)は萩山さん夫妻らが乗る車に対してあおり運転を繰り返した末に車の前に出て追い越し車線で無理やり停止させました。車が止まっている状態で石橋被告は車内にいた嘉久さんに暴行を加えるなどし、その時、後ろから大型トラックが追突しました。事故で萩山さん夫婦は死亡。一緒に乗っていた娘2人がけがをしました。  去年に行われた一審の裁判員裁判では、運転中の行為に対する処罰を前提とする危険運転致死傷罪が停車した後に起きた事故にも適用できるのかが争点となりました。判決で横浜地裁は、事故当時、車は動いていなかったものの、停止させるなどの妨害行為と死亡の因果関係を認めて危険運転致死傷罪が成立すると判断して懲役18年を言い渡しました。弁護側は判決を不服として控訴。控訴審では追突したトラックの責任を過小評価しているとして石橋被告の運転と死亡事故に関係はないと主張しました。  そして迎えた6日の控訴審判決。プロの裁判官はどう判断するのか。  裁判長:「原判決を破棄し、本件を横浜地裁に差し戻す」  危険運転を認めた一審の判断に誤りはないものの、一審判決を破棄するとした判決。その時、石橋被告は特に…
【独自】熊谷6人殺害 “死刑破棄”遺族が心中を吐露
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 【独自】熊谷6人殺害 “死刑破棄”遺族が心中を吐露  埼玉県熊谷市で2015年、小学生2人を含む男女6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われているペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)に対し、二審の東京高裁は5日、「精神障害の影響が非常に大きく、責任能力が十分ではなかった」として、一審の死刑判決を破棄し、無期懲役の判決を言い渡しました。  事件の遺族代理人を務める高橋正人弁護士は、今回の判決は「あきれた不公平な裁判」だったと批判しています。高橋弁護士によりますと、高裁の判決は「被告は自分が襲われるという妄想によって犯行に及んだ可能性は否定できない」と指摘して死刑を回避、無期懲役としています。一方、去年3月の一審判決は「妄想だけでは説明しきれない行動がある」として、被告に責任能力があったと認定し、死刑を言い渡していました。高橋弁護士は、この「妄想だけでは説明できない行動」について、二審ではほとんど言及されず、妄想だけに支配されて殺害したという裏付け、根拠は十分に示されていないと訴えています。  BS朝日「日曜スクープ」(日曜午後6時54分~)では、事件で妻の美和子さん(当時41)、長女の美咲さん(当時10)、次女の春花さん(当時7)の命を奪われたご遺族の加藤さん(46)と電話をつなぎ、今回の死刑破棄についてどのように捉えているのか、お話を伺いました。  大木優紀アナウンサー:「お時間頂きましてありがとうございます。よろしくお願いします」  加藤さん:「よろしくお願いします」  大木優紀アナウンサー:「…
一審判決破棄 審理やり直しへ 東名あおり運転事故
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 一審判決破棄 審理やり直しへ 東名あおり運転事故  おととし、神奈川県の東名高速道路であおり運転の末に一家4人を死傷させた罪などに問われた男の裁判で、東京高裁は6日に一審の懲役18年の判決を取り消して審理をやり直すよう命じました。  (社会部・古賀康之記者報告)  判決の瞬間、石橋和歩被告(27)は特に表情を変えることなく、その後もじっと裁判長の方を見ていました。石橋被告はおととし6月、神奈川県の東名高速でワゴン車の前に車を止めて事故を引き起こし、夫婦を死なせた危険運転致死傷などの罪で、一審の裁判員裁判で横浜地裁は懲役18年の判決を言い渡しました。控訴審で弁護側は「あおり運転と夫婦が死亡した事故に因果関係はない」として、法律を拡大解釈していると主張していました。6日の判決で東京高裁は一審に続き、危険運転致死傷罪の成立は認めました。その一方で、裁判の争点を整理する手続きにおいて法令違反があったと指摘し、「有罪宣告は不意打ちになることは明らか」として一審判決を破棄し、横浜地裁に裁判をやり直す判決を言い渡しました。裁判は午前に終わりました。今後、横浜地裁で改めて裁判員裁判が行われるものとみられます。
東名あおり運転 東京高裁が横浜地裁に差し戻し判決
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東名あおり運転 東京高裁が横浜地裁に差し戻し判決  東名高速道路で2017年にあおり運転の末に一家4人を死傷させた罪などに問われて一審で懲役18年の判決を言い渡された石橋和歩被告(27)の控訴審で、東京高裁は一審判決を破棄し、審理を横浜地裁に差し戻すよう命じました。