「JK 自」の検索結果

今すぐ視聴する

宝の山 2.0 #5
無料
宝の山 2.0 宝の山 2.0 #5 DJ KEN-BOが訪れた場所は、関東一有名な湖、霞ヶ浦水系。数年訪れなかったこの水系で、過去の情報と自身のタックルでフィッシング!!果たしてKEN-BOは、思い通りのバス釣りは出来るのか?(前編)
宝の山 2.0 #6
無料
宝の山 2.0 宝の山 2.0 #6 今回も前回に引き続き、霞ヶ浦水系。過去の情報と自身のタックルでフィッシング!!果たしてKEN-BOは、思い通りのバス釣りは出来るのか?(後編)
第2話 まんが
女子高生の無駄づかい 第2話 まんが クラス全員にあだ名をつけるという田中の試みによって、菊池はヲタ、鷺宮はロボ、そして田中自身はバカというあだ名が定着したある日の日曜日。ヲタはベッドに寝転びながら、低所得Pの新曲を聞いたり、アニメを観てみたり、漫画を読んでみたりと、週末を満喫していた。バカから暇過ぎるからという理由で、大量に送られてくる自撮り写真を完全に無視して、趣味を謳歌するヲタは、いつか自分も有名になって夢の印税生活をしてやると奮起し、描きかけで止まっていた自らの漫画を描き始める。
#5:さよなら3つの恋
無料
太陽とオオカミくんには騙されない♥ #5:さよなら3つの恋 今回は9人最後のデート!オオカミ投票で落ちてほしくない男子にお守りを渡す「赤いお守り作戦」と、男子が気になる女子に自分がオオカミでないことを伝える「NOTオオカミ宣言」。9人の想いが交差して、3つの恋が終わりを告げる…。女子全員が涙した第5話。
#2:赤いミサンガ♥動き出したJKの恋
無料
真夏のオオカミくんには騙されない♥ #2:赤いミサンガ♥動き出したJKの恋 前回、気になっている女子に"赤いミサンガ”を渡したイケメンたち。 赤いミサンガを渡された女子高生たちは、それぞれの相手に連れられてドキドキデートへ♥ 自分のデート相手はオオカミくんなのか・・疑いながらも、イケメンとの楽しいデートにキュンキュンが止まらない・・!?
ラ・ラ・ランド(吹替)
ラ・ラ・ランド ラ・ラ・ランド(吹替) 夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の名はセブ(セバスチャン)、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合う。しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違いはじめる・・・。
ラ・ラ・ランド(字幕)
ラ・ラ・ランド ラ・ラ・ランド(字幕) 夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の名はセブ(セバスチャン)、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合う。しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違いはじめる・・・。
第1話 すごい
無料
女子高生の無駄づかい 第1話 すごい かつてとあることをきっかけに何となく疎遠になってしまっていた田中、菊池、鷺宮の三人は、偶然にも同じ高校に進学したことによって再会を果たす。久しぶりに会う旧友を前に、ぎこちなさを隠せない菊池だったが、昔と何一つ変わらない田中と鷺宮のやりとりを見ているうちに、自然とツッコミを入れてしまう。クラス分けでも同じクラスになった三人は、そのまま入学式に出るが、途中から何やら落ち着かない様子の田中。入学式を終えて、教室へと向かう途中で、田中は取り返しのつかない失敗をしてしまったと話し始める。
第3話 わすれもの
女子高生の無駄づかい 第3話 わすれもの 百井咲久は、その可愛らしい見た目から、周囲にいつも小さくて可愛いと言われ続けてきた。自分の容姿にコンプレックスを抱き、グレてやるとまるで尖ったナイフのように生きているのにも関わらず、周囲の反応は変わらない。そしてバカにロリというあだ名をつけられてしまい、事あるごとにあだ名を連呼されることに怒ったロリは、もうバカとは口を聞いてやらないと宣言するが、バカの巧みな誘導によって、つい返事をしてしまう。さらにはバカの嘘にまんまと騙されてしまい、ロリはバカに対して最高の悪口を言うのだが……。
第5話 りりぃ
女子高生の無駄づかい 第5話 りりぃ バカたちのクラスに転入生がやってきた。転入生の名前は染谷リリィ。さらさらのロングヘア、ぱっちりとした大きな瞳、瑞々しくぷるんとした唇、扇情的な隆起を描く豊かな胸、きゅっとした細い腰に、すらりとした長い足、そして透き通るような白い肌という、リリィの完璧な美少女ぶりを見て、ヲタは思わず格差社会かと叫んでしまう。リリィはにっこりと微笑んで、自己紹介をするのだが、その内容が好き嫌いのくだりに入ったとき、その可憐な容姿からは想像もつかない斜め上の言葉が次々と飛び出していき……。
第9話 おしゃれ
女子高生の無駄づかい 第9話 おしゃれ ある日、スーパーで買い物を終えたロリは、帰り道で同級生をいじめている小学生たちを見かける。彼らにいじめをやめるように注意をするロリだったが、小学生たちは言うことを聞くようなそぶりもなく、ロリに対してどこの小学校に通っているんだと凄む始末。小学生に間違われたことに憤慨し、自分が高校生であると主張するロリ。しかし、小学生たちはロリの言うことをまるで信じようとしない。高校生ならもっと胸が大きいはずだと言われたロリはショックのあまり、買い物袋を落としてしまい……。
第8話 みずぎかい
女子高生の無駄づかい 第8話 みずぎかい ある夏の昼下がり、ファミレスに集まっていたバカ、ヲタ、ロボの三人。するとバカが、もしかして人生で一度きりの16歳の夏休みを無駄に過ごしている自分たちは、ものすごい贅沢をしているのではないかと話し始め、さらに女子高生が水着で武装すれば無敵じゃないかと語る。このあたりに海はないと返すヲタに、電車に乗ればすぐ海に行けるし、なんだったら海外でもと言うバカ。すかさずそんな金はないとヲタに一刀両断されるバカだったが、都合良く福引きで特賞が当たるなんてこともあるかもしれないと言い、三人は量販店に向かう。