「K アンナ」の検索結果

今すぐ視聴する

第2話 Kitten(子猫)
K 第2話 Kitten(子猫) 赤い服を着た人物たちに追われるシロの前に、先の第七王権者三輪一言に使えていたという、夜刀神狗郎と名乗る少年が現れる。男たちから引き離し、窮地を救ってくれたかに思えたが、彼もまたシロの命を狙っていた。亡きあるじの命のもと、悪しき王を討つと言って譲らない狗郎から逃れるため、シロはとっさにある作戦を思いつく。
第3話 KITCHEN
K 第3話 KITCHEN 一時休戦とばかりに、学生寮のシロの部屋で朝食を取ることになったシロと狗郎。今の内にと、シロは自分を襲ってきた赤い服の人物たちについて問うが、狗郎の口からは次々と知らない単語が飛び出す。自分が仲間を殺害した犯人に間違われているのだと分かったものの、狗郎は一向に主張を聞き入れてはくれないのだった。
第4話 Knock-on effect
K 第4話 Knock-on effect 身の潔白を証明する機会を得たシロは、猫の姿と人の姿を取るネコ、そしてクロと共に登校する。級友の三科から、アングラサイトで流失しているという先日の犯行声明のデータをもらい受け、殺害時刻と場所を知るシロ。当時のアリバイを求め、校内を歩き回る。一方、青のクランたちも、映像を元にシロの行方を探していた。
第5話 Knife(ナイフ)
K 第5話 Knife(ナイフ) アリバイを証明できたシロだったが、自室のクローゼットの奥に、返り血のようなものがついたワイシャツを発見する。身に覚えはないが、なぜか犯行の映像がフラッシュバックして戸惑うシロ。だが、ネコとクロには言い出せず、文化祭の準備を進めていく。同じ頃、青のクラン・淡島と、赤のクラン・八田が間近に迫っていた。
第6話 Karma
K 第6話 Karma 青のクラン・伏見が校内のデータにアクセスしたが、在籍者の中にシロはいない。赤のクラン・八田も写真を手に聞きこみを行うが、一向にシロの目撃情報は得られないでいた。当のシロは、自分にかかった嫌疑がまだ終わったわけではないと、クロに告げられる。シロが犯人でない以上、誰かにはめられた可能性を指摘され――。
第7話 Key(鍵)
K 第7話 Key(鍵) シロはクロと連れ立って実家を訪れるが、そこにはスタジアムが建っていた。昼間、ククリに自分を認識してもらえなかったことと相まって、伊佐那社という人間は存在しなかったのかもしれないとぼう然とするシロに、クロはまだ『見極め』を諦めていないと告げる。その時、二人の身柄を拘束しようと、淡島ら青のクランが現れるのだった。
第9話 Knell(凶兆)
K 第9話 Knell(凶兆) シロの提案に応じた『青の王』宗像は、飛行船の男こと『白銀の王』アドルフ・ヴァイスマンの身柄を拘束しようと動く。一方シロたちは、青のクランのヘリ部隊に潜入し飛行船に接近を試みるが、『白銀の王』による爆発に巻き込まれ墜落してしまう。翌日、飛行船からは死体が発見され、部下から宗像に報告が入る。『ウサギ』が出たと。
第10話 Kaleidoscope
K 第10話 Kaleidoscope 青のクランの独房に入る『赤の王』周防に、シロと同じ顔の人物から電話があり、十束を殺したのは自分だと告げられる。探していた人物を見つけた周防は、能力を使い独房を脱出すると、赤のクランこと吠舞羅を率いて葦中学園島を占拠するのだった。その報を受けた『青の王』宗像は、クランズマンたちに島への突入準備を急がせる。
第11話 Killer(キラー)
K 第11話 Killer(キラー) 葦中学園島を占拠する赤のクラン、島と陸を結ぶ橋に控える青のクラウンは、互いの出かたを待ちながら、一触即発の空気のまま一夜を過ごした。しかし翌朝、突如爆発が起こり、二つの勢力はついに衝突してしまう。その頃、学園が赤のクランに占拠されたと聞きつけ帰島したシロたちは、戦場になった校舎でククリと再会する。
第13話 King(王)
K 第13話 King(王) 『白銀の王』としての記憶と力を取り戻したシロは、ネコの協力の元、神社で剣を交える『赤の王』周防と『青の王』宗像を残し、学園の生徒はもちろん、赤と青のクラウンズマンたちも島の外へと誘導する。そして疲労困憊のネコを草薙らに託すと、クロと共に、『白銀の王』の不死の力を欲する『無色の王』の元へと向かう。
第1話 Knight(ナイト)
無料
K 第1話 Knight(ナイト) 内陸の街と一本の橋でつながっている葦中学園島は、島が丸ごと高校の敷地になっている。その屋上で、シロこと伊佐那社は、一匹の仔猫と共に昼食をとっていた。昼食後、クラスメイトのククリ(雪染菊理)に学園祭の買い出しを頼まれたシロは、街へと向かう。だがそこで、赤い服を着た人物たちから追われることになり――。
第8話 Kindling(点火)
K 第8話 Kindling(点火) ネコによる術を解かれ、シロは自分の記憶と向き合う。蘇ってきたのは、ネコとの出逢い、そして高笑いする謎の男に飛行船から突き落とされる場面だった。それ以上のことは思い出せないシロだったが、ネコとクロの存在に励まされ、記憶を取り戻そうと決意する。翌日、街で青のクランの構成員を捕まえ、『青の王』宗像と接触をはかるのだった。
第12話 Adolf・K・Weismann(アドルフ・K・ヴァイスマン)
K 第12話 Adolf・K・Weismann(アドルフ・K・ヴァイスマン) ククリの姿をした『何か』は、シロの精神に干渉してきた。クロによって間一髪のところを助けられるが、シロは謎の光に包まれ茫然自失状態に陥ってしまう。やがて光が収束した時、シロは記憶のすべてを取り戻し、自らを『白銀の王』、アドルフ・K・ヴァイスマンだと名乗る。そして、本来の身体が乗っ取られたと告白するのだった。
#5 Ken
K RETURN OF KINGS #5 Ken シロの提案により結ばれた《赤》《青》《白銀》3つのクランによる“ちゃぶ台同盟”は上手く回りつつあった。しかしその一方、國常路に代わり種々の権限を我がものとしていく宗像の不調の兆しにシロやアンナたちは懸念を覚え始めていた。
#10 Keystone
K RETURN OF KINGS #10 Keystone 《jungle》の“秘密基地”に新幹部として迎えられた伏見。一方、《jungle》の勢力に取り込まれた総理により、宗像は公的な身分と権限を剥奪され《セプター4》は動きを封じられる。そんな折、シロの研究が完成し、それを知ったアンナもまた、ある決意を固める。
#13 Kings
K RETURN OF KINGS #13 Kings 最深部に辿り着いたシロとネコは“石盤”と繋がり、さらなる力を得た比水と対峙する。アンナと《吠舞羅》によって開かれる地下への道。“石盤”を砕くため、シロの辿り着いた計画がついに発動する。“石盤”の力に対し、シロたちが持つ力。それは――
#1 Knave
無料
K RETURN OF KINGS #1 Knave 4人の《王》の衝突した学園島事件から一年。《白銀の王》伊佐那社が未だに行方をくらます中、緑のクラン《jungle》は活動を活発化させつつあった。その動きは事態に対応する《セプタ-4》を翻弄し《吠舞羅》を刺激する。そして、ネットに一つの動画が流れた。
#2 Kindness
K RETURN OF KINGS #2 Kindness 《セプター4》の屯所に招かれたクロは《青の王》宗像礼司から一つの提案を受ける。その頃ネコの姿は《吠舞羅》の本拠“バーHOMRA”にあった。一方、宗像の不調を案じる淡島は一人の男の元を訪れる。彼の名は善条剛毅。先代《青の王》羽張迅を斬った男だった。
#3 Kismet
K RETURN OF KINGS #3 Kismet 《緑の王》比水流から《jungle》最強のクランズマンである“jランカー”御芍神紫と五條スクナにクロとネコの本拠地である学園島を襲撃するよう指示が与えられた。紫はクロを狙い、スクナは学園島を訪れていた八田美咲、伏見猿比古の2人を同時に相手取る。
#4 Knot
K RETURN OF KINGS #4 Knot ついに帰ってきた伊佐那社。《白銀の王》を舞台に引き戻すという目的を達成した紫とスクナは学園島から引き上げていく。《jungle》の策略に乗せられる形で帰還したシロだったが、ただ戻ってきたわけではなかった。彼が語る《jungle》への対抗策とは……?
#6 Keeper
K RETURN OF KINGS #6 Keeper シロとの対立が明確になり、《緑の王》比水流は石盤の奪取を決定した。来るべき日に備え、シロは同盟関係にある《セプター4》と《吠舞羅》一同へ比水の過去と目的を語っていく。最強とも言える力を持つ彼への対抗策は確かにあるのだと。そして、緑の侵攻が始まる。
#7 Kickdown
K RETURN OF KINGS #7 Kickdown 《緑の王》比水流の御柱タワーへの突入によって、役目を終えた御芍神紫と五條スクナは撤退する。比水は凄まじい異能を解放し、封鎖された壁を力ずくでぶち破りながらタワーを登っていく。想定以上の力を発揮する比水を止めるため、3人の《王》が立ち向かう。
#8 Kaput
K RETURN OF KINGS #8 Kaput “迦具都事件”により挫折し、変節した《灰色の王》鳳聖悟こと、磐舟天鶏。救済者としての理想を捨て、《緑の王》比水流の危険な計画に荷担する彼を宗像は詰るが、磐舟は逆に、そんな宗像を「青い」と笑う。磐舟の操る強力な“霧”が宗像を翻弄していく。
#9 Kid's room
K RETURN OF KINGS #9 Kid's room クリスマスの戦いから一ヶ月後。活性化した“石盤”により突発的に力を与えられた一般人たちが、異能を暴走させる事件が多発していた。《jungle》は次のステップとして存在を公にしつつあった。草薙と淡島は協力し、《jungle》主催のパーティへと潜入を試みる。
#11 Kali-yuga
K RETURN OF KINGS #11 Kali-yuga 《jungle》の手によって“石盤”の力が解放された。社会が混乱に飲み込まれる中、葦中学園の生徒たちは理性を保とうと努める。宗像はただひとり善条のみを供に連れ”光の柱”の出現した場所へ向かっていた。それを知った淡島たち《セプター4》が取った行動とは――
#12 Knuckle bump
K RETURN OF KINGS #12 Knuckle bump 伏見によりゲートは開かれた。その外で宗像は磐舟と再び戦闘を開始する。飛行船シャッテンライヒ号を利用し、内部へと突入した《吠舞羅》とシロたち《白米党》は各々の持ち場へと急ぐ。その中で《吠舞羅》の切り込み隊長、八田美咲は誰よりも早く飛び出していた。
劇場版「K MISSING KINGS」
劇場版「K MISSING KINGS」 劇場版「K MISSING KINGS」 四人もの≪王≫が交錯した“学園島事件”。 その事件以降ずっと、白銀のクランズマンである夜刀神狗朗とネコは主であるシロの行方を探していた。 その日もシロに関する手がかりを得ることが出来ずに気を落としていた二人だったが、街中で≪吠舞羅≫のメンバーである鎌本力夫と櫛名アンナが何者かに追い回されている場面に遭遇する。
K RETURN OF KINGS All in One Edition~Master in 2Hours~
K RETURN OF KINGS All in One Edition~Master in 2Hours~ K RETURN OF KINGS All in One Edition~Master in 2Hours~ 現実とは微妙に異なった歴史を歩んだ現代日本。そこには巨大な異能の力を持つ7人の《王》が存在していた。彼らは自らの力を分け与えたクランズマンたちと共にクランを形成する。青く結晶する秩序、荒ぶる赤き炎、白銀に輝く不変、そして、緑に枝分かれする変革。それぞれの属性を持つ《王》たちは今――
K All in One Edition~Master in 2Hours~
K All in One Edition~Master in 2Hours~ K All in One Edition~Master in 2Hours~ 謎が謎を呼ぶ、オリジナルアニメーション作品『K』。現実とは微妙に異なった歴史を歩んだ現代日本を舞台に、7人の《王》それぞれの確執と、そこに巻き込まれる少年の運命が異能者バトルと共に描かれていく。 <「K」シリーズ一挙放送> 12/25(火)21:00〜 K All in One Edition~Master in 2Hours~ 12/25(火)23:10〜 劇場版「K MISSING KINGS」 12/25(火)24:25〜 K RETURN OF KINGS All in One Edition 12/26(水)24:00〜 TVアニメ 第1期 #1〜6 12/27(木)24:00〜 TVアニメ 第1期 #7〜12 12/28(金)24:00〜 TVアニメ 第2期 #1〜6 12/29(土)24:00〜 TVアニメ 第2期 #7〜12
第2話 「手慣れた彼女」
あっくんとカノジョ 第2話 「手慣れた彼女」 のんたんがあっくんに「写真を撮ろう!」と声をかけるものの、いつもどおりあっくんはツンツン対応。あっくんと一緒にいた友人の松尾真砂はのんたんに「彼氏があんなにブアイソでいいの?」と声を掛けるとのんたんは幸せそうにあっくんへの愛情を話し始めるのでした。