「KOK いつ」の検索結果

「KOK いつ」に関する情報は見つかりませんでした。
「KOK」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#40:タイツで紅茶を♪想像を超えるカオスな世界…黒タイツカフェに潜入!
給与明細 #40:タイツで紅茶を♪想像を超えるカオスな世界…黒タイツカフェに潜入! ▼進化する秋葉原の最新カフェ&コスプレイベントに潜入! ▼潜入①:ティーパックは黒タイツ?禁断の”黒タイツカフェ”でMが目覚める…? ▼潜入②:最新18禁コスプレイベントに潜入で見えたコスプレ事情とは
第22話 「新しい明日へ」
SHUFFLE! 第22話 「新しい明日へ」 いつもの登校風景。そして、いつものように授業中、ボーっとしている稟に、鉄槌を食らわす撫子先生。いつものように、樹や麻弓たちと取りとめもない会話をしている稟。いつものように学園風景。時が流れているはずだった・・・。しかし、その「いつも」は少しずつ、変わろうとしていた・・・。
エピソード9
ワシントン・ハイツ~半人前のニューヨーカー~ エピソード9 [ 海外MTV の人気番組 ]レコード会社の人間から「ワシントンハイツから出ないと成功しない」と言われたJP。そんな彼に、ハイツ外でのライヴの依頼がくる。JPのパフォーマンスはハイツ以外の人間にも届くだろうか?リコは演劇学校の舞台で初めてステージに、テイラーも初モデルに挑む。自分の気持ちを押し殺していたフランキーは、ついにラドウィンに本心を打ち明けるが...。
第十一話 世界にひとつだけの SAGA
ゾンビランドサガ 第十一話 世界にひとつだけの SAGA やりおった。《さくら》が事故りおった。 どうやら生前の記憶が戻っているらしい。 あいつ、元の性格がめちゃくちゃだ。 (※中略) 他のじっぱかゾンビィ達は《さくら》を元に戻そうとしているようだが…… (※中略) とりあえず、明日が欲しいので今日は寝る。 追記:寝付けない。コーヒーを飲み過ぎたか。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第二話 I♡HIPHOP SAGA
ゾンビランドサガ 第二話 I♡HIPHOP SAGA ただのゾンビィだったメンバー全員が自我に目覚め、《さくら》も安心したようだ。 ようやくここからアイドルグループとしての活動を始められる。 まずは、あいつらにゾンビィバレをした時の恐怖を叩きこまなければ。 グループ名も『デス娘(仮)』だと方向性が偏りそうなので、今変えてしまおう。 思い付かないので、今度にしよう。 あとは、アイドルグループにふさわしい初舞台の用意だ。 何か良いイベントはないものか。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第五話 君の心にナイスバード SAGA
ゾンビランドサガ 第五話 君の心にナイスバード SAGA あいつらは俺の想像を簡単に超えてくる。 製薬会社とのタイアップのチャンスを見事に潰してくれた。 だが、そこはこのプロデューサー巽幸太郎、今回は誰もが知っている超有名企業のCM出演権を手に入れてきました。 『フランシュシュ』は佐賀一帯にその名声を轟かせるだろう。 泥にまみれた不死鳥は、大空へと羽ばたく。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第四話 ウォーミング・デッド SAGA
ゾンビランドサガ 第四話 ウォーミング・デッド SAGA グループ名は俺に何の断りもなく『フランシュシュ』になったらしい。 リーダーもいつの間にか《サキ》に決まっていた。 改めて俺がプロデューサーだと分からせた方がよさそうだ。 とは言え、自主的に行動するようになったのは悪いことではない。 ここはちょっぴりやる気を出したおしゃべりゾンビィ達に、がっつり稼いでもらうとしよう。 というわけで、温泉へ営業に行かせます。 メイクが取れてゾンビィバレでもしたら、一巻の終わりだな。                         ―――――《巽幸太郎》の日記より
第七話 けれどゾンビメンタル SAGA
無料
ゾンビランドサガ 第七話 けれどゾンビメンタル SAGA 野外音楽イベント【サガロック】への出演が決まった。 だが相変わらず《純子》のやつがうじうじナメクジみたいになっている。 サングラスが曇るの、あいつのせいじゃないだろうな。 メンバーたちは不安そうだわ、《愛》にかかるプレッシャーは強くなるわ…… 【サガロック】当日の天気予報は雷雨か。 文字通り雲行きが怪しくなってきた。 とりあえず、潤いが欲しいので今日は寝る。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第九話 一度は尽きたこの命 なんの因果か蘇り 歌い踊るが宿命(さだめ)なら 親友 (とも)への想いを胸に秘め 貫くまでよ己の SAGA
無料
ゾンビランドサガ 第九話 一度は尽きたこの命 なんの因果か蘇り 歌い踊るが宿命(さだめ)なら 親友 (とも)への想いを胸に秘め 貫くまでよ己の SAGA 突然ですが、少子高齢化社会です。 これからはサガのご老人たちにも『フランシュシュ』のファンになってもらわなければならない。 おじいちゃん、おばあちゃんが会いに来るアイドル。素晴らしいと思いませんか。 イベントでの挨拶も、わかりやすくするか…… 「『フランシュシュ』はいつでもアクセル全開! 老若男女に向けたアイドル活動を行ってまいります!」 いや、もっと端的に、 「ゾンビィのとこ、こないか?」                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第十話 NO ZOMBIE NO IDOL SAGA
無料
ゾンビランドサガ 第十話 NO ZOMBIE NO IDOL SAGA ご老人たちだけでなく、やんちゃなファンも増えたようだ。 優秀なプロデューサーのおかげで、ゾンビィ達も死んでいるにしてはスクスクと成長している。 そんなぎゅーらしかゾンビィ達に、新たなステップを踏ませてやることにした。 これは、あいつらが必ず登らなければならない大きな山だ。 そしてその頂へ向かうためにすべきことは、一つしかない。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より