「MAO おすすめ」の検索結果

今すぐ視聴する

第4話 はじめての…!
ネコぱら 第4話 はじめての…! ソレイユでいっしょに過ごすことになったが、ショコラとバニラはお店のお手伝いでなかなか遊んでくれず、ちょっと退屈。 ある日、月に1度の身体検査で水無月に実家を訪れると、「そういえば、この子の名前は…?」という一言から名付け大会が始まった。
第3話 インフルエンザ
無料
はたらく細胞 第3話 インフルエンザ 体内で増殖したインフルエンザウイルスの偵察に向かったナイーブT細胞。だが一度も敵と戦ったことがないナイーブT細胞は敵に怯えるばかりで、まったく役に立たない。そしてついには白血球(好中球)や先輩であるキラーT細胞が戦う中、戦場から逃げ出してしまう。自分を責めるナイーブT細胞。そんな彼を見かけた樹状細胞が優しく声をかけて……。
第5話 スギ花粉アレルギー
無料
はたらく細胞 第5話 スギ花粉アレルギー 大量のスギ花粉が体内に侵入!スギ花粉を排除をするため、現場へと急行した白血球(好中球)は、そこで“記憶細胞”と居合わせる。記憶細胞は免疫記憶を保持しているリンパ球である。現場の光景を目の当たりにし、なぜかあたふたしている記憶細胞。「なんてこった! これじゃまるで、言い伝えと――」記憶細胞が言う“言い伝え”とは……?
第6話 赤芽球と骨髄球
無料
はたらく細胞 第6話 赤芽球と骨髄球 いつか立派な赤血球になれるように──。それはまだ、赤血球が赤血球になる前、幼い赤芽球だったころの話。赤芽球はマクロファージ先生のもとで、一人前の赤血球になるため、一生懸命訓練中。だけど方向音痴の赤芽球は、訓練の途中で迷子になることもしばしば。ある日、細菌から逃げる避難訓練をしていた赤芽球は、そこでも迷子になってしまい……。
第8話 血液循環
無料
はたらく細胞 第8話 血液循環 二酸化炭素を肺に届け、酸素を体中の細胞たちに届ける、それが赤血球の大切な仕事。相変わらず方向音痴で道に迷ってばかりの赤血球だけど、いつまでも半人前ではいられない。今日こそは先輩たちの力を借りず、一人で循環器を一周しようと意気込むが、その傍らには心配そうに見守る白血球(好中球)の姿があった……
第9話 胸腺細胞
無料
はたらく細胞 第9話 胸腺細胞 訓練の最中、部下をヘルパーT細胞の部屋に投げ込んでしまったキラーT細胞。正反対なタイプの2人は言い争いを始める。今では立場が違う2人だが、樹状細胞によると、実は「胸腺学校」の同期だという。しかも昔の彼らは今とは全く違うキャラだった!わずか2~3%しか生き残れないという胸腺学校での地獄の特訓を耐え抜く中で、二人の間に芽生えたものとは……!?
第11話 熱中症
無料
はたらく細胞 第11話 熱中症 うだるような暑さに包まれた体内世界。発汗してもうまく体温冷却できない。異常な血流増加、上がり続ける体温……そう、体内世界は「熱中症」になっていた!この隙につけこんで好き勝手暴れ回るセレウス菌。頼みの白血球(好中球)も暑さのためヘロヘロになって本来の力が出せない……!この温暖化し続ける世界に、何か打つ手はないのか!?
第2話 これはゴキブリです!
無料
放課後さいころ倶楽部 第2話 これはゴキブリです! 人付き合いが苦手な武笠美姫は、ボードゲームを通じて高屋敷綾、大野翠と親しくなることができた。ある日の放課後、3人でボードゲームをしようとしていたところに、翠の幼馴染みで、綾の隣の席の田上翔太が教室の入口に…。「忘れ物を取りに来た」と説明する翔太だが、綾に誘われ、ゲームに参加することに…。張り切ってゲームに参加した翔太だったが、なぜかそわそわと落ち着きがない…。それに気がついた美姫の胸に、ある想いが湧く。「もしかしたら、田上くんて…。」
第3話 ひとりとちゃうから
無料
放課後さいころ倶楽部 第3話 ひとりとちゃうから ある日の休日、美姫は綾の家で遊ぶことになった。美姫が待ち合わせ場所に向かう途中、神社の境内を歩いていると、猫が軒下に隠れてしまって困っている綾の姉、花と出会う。綾の家に着くと、綾、翠、花と、花の友達の牧京子とボードゲームをすることに。見た目が不良風の京子に戸惑う美姫だったが、彼女は美姫と以前どこかで会ったような気がしていた…。ボードゲームを進める中、美姫は京子との出会いを思い出していく…。
第5話 キミに伝えるメッセージ
無料
放課後さいころ倶楽部 第5話 キミに伝えるメッセージ 夏休みに金沢の海へ旅行に行くことになった、美姫、綾、翠の3人。美姫の叔母が女将の旅館で、美味しい食事や温泉を満喫する。温泉を出ると能登地方に古くから伝わり、今も遊ばれているゲーム、“ごいた”を見つけて、早速みんなでプレイすることに。叔母は、美姫が幼い頃にもこのゲームをやったことがあると言うが、美姫にその記憶はなかった。翌日、水着に着替えて海に行こうとした美姫たちだったが……。
第7話 こころ、ひらいて
無料
放課後さいころ倶楽部 第7話 こころ、ひらいて 喫茶店に一人でいた美姫は、突如現れたマキに半ば強引にツーリングに誘われる。風光明媚な山中で無邪気に川遊びを楽しんだあと、美姫のカバンに入っていた、“もんじろう”で遊ぶことに。ゲームの中で〝お互いに相手の悪口〟を言い合って遊ぶ2人。辛辣なマキの悪口にショックを受けながらも負けじとやり返し、次第に心が解放された美姫は「おおきに」とマキに感謝の言葉を伝える。その言葉の意味をマキもわかっていて……。
第1話
無料
邪神ちゃんドロップキック 第1話 東京古本屋街、神保町。そこから少し離れたアパートの一室では、天使の「ぺこら」曰く「魔女花園ゆりね主催のサバト」、“すき焼きパーティ”が開かれようとしていた。  立ち上る湯気と食欲をそそる音は、部屋の主「花園ゆりね」、「メデューサ」、「ミノス」、「ぺこら」を魅了する。「邪神ちゃん」特製割り下で仕上げるすき焼き…。楽しくあるべき食卓。だが、「邪神ちゃん」の横暴がはじまるとき、それは一変する。
第2話
無料
邪神ちゃんドロップキック 第2話 青空、白い雲、強烈に照りつける太陽。暑すぎる夏のある日、悪魔である邪神ちゃんは扇風機の前でだらけている。「暑い……、人間界の夏ってやつは暑すぎますの……」。神保町、そこから少し離れた場所にあるアパートの一室で、涼しさを求め邪神ちゃんは魔界から氷の悪魔『氷ちゃん』を呼び寄せる。自分より小さくて弱そうな下級悪魔には容赦しない邪神ちゃんは、夏の涼を求めるため『氷ちゃん』に横暴の限りを尽くそうとするが!!
第3話
無料
邪神ちゃんドロップキック 第3話 時は師走。クリスマスの飾りつけがされ楽しげな曲が流れている。救世軍のビルの前には社会鍋が置かれ、通行人が募金している……のを、横目で見つつ天使ぺこらが通り過ぎていく。パンの耳が詰まった袋と、牛乳パックを手に……。 そんなぺこらの食料も奪い取る、サンタ姿の邪神ちゃんにゆえねの制裁が下る。氷ちゃんの姉、遊佐の来訪。そして、邪神ちゃんとメデューサの関係が暴露され、邪神ちゃんのクズが加速する。
第1話 旅立ち~凹凸大会へ!
無料
凹凸世界 シーズン1 第1話 旅立ち~凹凸大会へ! 主人公のジンは凹凸大会に出かけたきり行方不明になった姉を探すため、凹凸大会を目指して旅に出た。途中、凹凸大会から逃れてきた元参加者と出会い、大会の参加者が誰一人生きて戻れなかったことを知る。ジンは姉がまだ生きていると信じて、大会開催地へ向かう。ようやく会場に到着した時、凹凸ホールでは激しいバトルが繰り広げられていて…。
第2話 スキルGET!
凹凸世界 シーズン1 第2話 スキルGET! 凹凸ホールで対戦しているのは大会ランキングトップの2人で、そのうちの1人はジンの幼馴染のグレイだった。グレイは危険な大会から身を引くよう忠告するが、姉の行方と一族の運命も背負ったジンは真実が知りたいと聞き入れなかった。ジンが元力スキルを受け取っている時(凹凸大会の参加者はそれぞれスキルを1つ授けられ、そのスキルで戦う)、謎の勢力が大会のメインシステムに侵入し、大規模なシステム障害が発生。侵入者を止めるべく、大会裁判長のダニエルが姿を見せる。
第5話 友達と敵
凹凸世界 シーズン1 第5話 友達と敵 カイリがチームを離れ、鬼天盟の拠点に連れてこられたジンとシドウゲン。シドウゲンはキコテンチュウに説得されて鬼天盟に入ることに。ジンは鬼天盟に不信感を抱き、カイリは友達でキコテンチュウが言うような新人暗殺者ではないと信じる。鬼天盟の拠点に潜り込んだカイリはジンとシドウゲンを連れ出すが、2人はキコテンチュウにGPSを仕込まれていた。3人の居場所がばれ、ジンとシドウゲンに裏切られたと思い込んだカイリは大喧嘩の末に立ち去る。
第6話 距離
凹凸世界 シーズン1 第6話 距離 鬼天盟のモンスター狩りイベントに参加したジンとシドウゲン。イベントを通して二人の実力を試したキコテンチュウは、ジンのポテンシャルは高いが、シドウゲンはイマイチとの評価を下す。鬼天盟の加入試験で2人の能力差が大きいことが判明し、コンプレックスを感じ始めたシドウゲンはジンとギクシャクしてしまう。一方、鬼天盟に姿を現したグレイはジンを返せとキコテンチュウを脅す。カイリにも不信感を抱くグレイは、号哭の洞窟の真相を吐かせようとカイリを攻撃する。
第7話 グレイVSガドロス
凹凸世界 シーズン1 第7話 グレイVSガドロス グレイとカイリが戦っている最中、鬼天盟よりメッセージを受け取ったガドロスが姿を見せ、グレイに襲いかかる。煽りを受けたカイリは鬼天盟に捕まってしまう。激しい戦いを繰り広げるガドロスとグレイは拮抗状態で遂にはどちらも武器が壊れてしまう。キコテンチュウはガドロスを自分の配下に収め、強者との提携を企むが、ガドロスはキコテンチュウの汚いやり方を一蹴する。その頃、ライシーが海賊団を率いて鬼天盟の拠点に到着する。
第5話 カカオの冒険
ネコぱら 第5話 カカオの冒険 厨房で悩んでいる嘉祥の姿をみたショコラとバニラ。ご主人様を手助けしようとショップカードを配ったり、お客さんを呼ぶ作戦をたてたりする。そんな二匹の様子をみて、カカオもちょっとでもお手伝いしようとするが…?
第6話 仁義ニャき戦い!
無料
ネコぱら 第6話 仁義ニャき戦い! アズキとココナツは今日も仲良くケンカしていた。ココナツがアズキのお茶碗を割ってしまい、いつもより何かこじれてしまっている二匹。 バニラの一言でとことん決着をつけることになり、仁義ニャき戦いの火蓋が切られた。
第10話 黄色ブドウ球菌
無料
はたらく細胞 第10話 黄色ブドウ球菌 細菌に襲われる赤血球!そんな赤血球のピンチを救ったのは、ガスマスクに防護服をまとったような見た目をした「単球」だった。この単球もまた白血球の一種の免疫細胞だという。気を取り直して鼻腔へと酸素を届けに向かった赤血球だったが、またしても細菌に遭遇してしまう。細菌の名は「黄色ブドウ球菌」。この黄色ブドウ球菌は皮膚や毛穴などにいる常在菌だが、今回は何やら免疫細胞に敗けない秘策があるというが……!?
第13話 出血性ショック(後編)
無料
はたらく細胞 第13話 出血性ショック(後編) 「生命に関わるレベルのダメージを確認!」この緊急事態を受け、現場付近に急行した白血球(好中球)。だが、そこには守るべき血球たちの姿はなかった……!大量出血により、すでにおびただしい数の血球たちが、傷口の外へと飛ばされてしまっていたのだ。今もなお続く出血――過酷さが増す状況下だが、この世界を守るため、仲間たちを救うため、赤血球は後輩赤血球とともに酸素を運び続ける。終わりゆく世界、細胞たちを待ち受ける運命は――!?
第7話 手繰る乙女
戦×恋(ヴァルラヴ) 第7話 手繰る乙女 連日悪魔との戦いが続いた拓真と9姉妹。疲れた心身をケアしようと九瑠璃が全自動お医者さんスーツを開発する。拓真がこのスーツを装着し戦恋「お医者さんごっこ」をすることに!!姉妹の診察を無事やり遂げることができるのか!?
第三話 神器ロストヴェイン
七つの大罪 戒めの復活 第三話 神器ロストヴェイン ギーラとジールから記憶を奪ったのは、感情を理解する心を欲するゴウセルだった。記憶をもてあそぶような行為を許せないディアンヌは、神器を手にするゴウセルとぶつかることに。そこへメリオダス、マーリンも駆けつけ、ついにゴウセルの正体が明らかになる……!
第十二話 愛の在り処
七つの大罪 戒めの復活 第十二話 愛の在り処 父親代わりであったジバゴの死を看取ったバンの前に、妖精の森で眠るはずのエレインが現れた!何者かに操られるエレインは恋人を愛しく思う気持ちを訴えながら、バンを傷つけてしまう。さらに〈十戒〉のふたりが姿を現し、バンの魂を狙う……!
第十三話 さらば愛しき盗賊
七つの大罪 戒めの復活 第十三話 さらば愛しき盗賊 ブリタニア支配のため別行動を開始した〈十戒〉たち。だがそれこそが彼らの力を分散させる、メリオダスの計略だった。行動を共にするガランとメラスキュラ。蘇る死体の噂はメラスキュラの禁呪によるものだった!
第十四話 太陽の主
七つの大罪 戒めの復活 第十四話 太陽の主 バン、ジェリコ、そして蘇ったエレインの三人は、〈十戒〉のガラン、メラスキュラと対決しなんとか窮地を脱する。戦いに疲弊したバン、力の弱るエレインを背負い歩むジェリコだが、依然としてガランたちの魔の手が迫ろうとしていた。
第1話 知らない世界
無料
放課後さいころ倶楽部 第1話 知らない世界 いつも引っ込み思案で人付き合いが苦手な武笠美姫は、ある日、天真爛漫なクラスメイト、高屋敷綾に声をかけられ、一緒に知らない場所をさまようことに。そんな奔放な綾に戸惑う美姫だったが、初めて人と一緒にいる温かさを感じる。 帰り道、街でクラス委員長の大野翠を見かけ、あとを追ってみると、「さいころ倶楽部」と書かれたいかがわしい店にたどり着く。美姫と綾が恐る恐るドアを開けてみると、そこには見たこともない数々の美しいボードゲームが彼女たち待っていた…。
第4話 ミドリの夢
無料
放課後さいころ倶楽部 第4話 ミドリの夢 楽しい時間を一緒に過ごせる仲間ができた美姫にとって、一学期はあっという間に過ぎ、文化祭の季節が近づいてきていた。 そのころ、生徒会副会長の渋沢蓮は、文化祭の催しの良いアイデアが浮かばず悶々としていた。蓮は中学のときの後輩だった翠に協力をお願いするのだが、「他にやりたいことがあるから」と断られてしまう。諦め切れない蓮は翠のバイト先のボードゲーム店『さいころ倶楽部』に乗り込み、ボードゲームで決着をつけようと持ちかける…。果たして翠の『やりたいこと』とは…?