「TIKTOK 人気曲」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

TikTokは誰の手に?ツイッター社が提携へ協議か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 TikTokは誰の手に?ツイッター社が提携へ協議か  マイクロソフトが乗り出したTikTokの買収に今度はツイッターが参戦するとアメリカのメディアが報じました。TikTokを欲しがる理由はどこにあるのでしょうか。  先月、トランプ大統領容認のもと、TikTokの国内事業の買収に向けて動き出していたのはマイクロソフトでした。しかし、トランプ大統領の発言に応じるかのように待ったを掛けたのがツイッターです。  ウォール・ストリート・ジャーナルによりますと、ツイッター社がTikTokとの提携に向けて事前協議をしたとのこと。買収の可能性も視野にあるとか…。しかし、2つの企業には大きな差が。手元資金の差。手持ちの資金を比べると、マイクロソフトはツイッターの17倍以上。その差は歴然です。また、ツイッターには痛い過去が…。  過去の失敗。2012年、6秒のショート動画が投稿できるアプリ「Vine」を買収したツイッター。まるで現在のTikTokのようなサービスで若者世代に大人気でしたが…。わずが5年足らずでブームが去り、サービス終了。そうした苦い過去もありながらツイッター社は本当にTikTokの買収に動くのでしょうか。  10日、当のツイッター社では「#TwitterとTikTok合併許すな」というハッシュタグがトレンドに。
米中“火種”のTikTok 実は中国で存在しない!?
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米中“火種”のTikTok 実は中国で存在しない!?  米中対立の新たな火種となっている中国発の動画アプリ「TikTok」。世界中で人気が高まる一方、実は中国国内ではTikTokの名前はほとんど知られていません。一体、どうしてなのでしょうか。  38カ国語に対応しているというTikTok。世界で最も勢いのあるSNSといわれています。この動画アプリを運営しているのは「バイトダンス」という中国の企業です。ところが、中国にTikTokは存在しないのです。2016年に中国で利用が始まった「ドーイン」。翌年にはTikTokとして世界進出しました。ドーインは中国国内でしか見ることはできず、TikTokは中国で見ることはできません。中国では、インターネットは中国当局が必ず監視・コントロールしています。当局に都合の悪い情報、政府批判などは、すべてすぐに削除されることになります。  中国のネット事情への懸念が高まるなか、アメリカのトランプ大統領はTikTokなど中国発のアプリが「中国共産党によるアメリカ国民の個人情報の収集を可能にしている」と批判。バイトダンスとの取引を来月20日から禁止するという大統領令を発表したのです。それに対し、バイトダンスは反論する声明を発表。「中国政府にユーザーのデータを提供したことはない」とし、アメリカ政府に提訴する可能性を示しました。アメリカ政府はTikTokについて、来月15日までにアメリカの企業による買収交渉がまとまれば容認する考えを示しています。
TikTok買収をトランプ大統領が容認 Mソフト交渉中
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 TikTok買収をトランプ大統領が容認 Mソフト交渉中  トランプ大統領は中国の動画投稿アプリ「TikTok」のアメリカでの事業について、IT大手「マイクロソフト」などが買収することを期限付きで容認する姿勢を示しました。  トランプ大統領:「(TikTokは)期限の来月15日にアメリカで事業ができなくなる。でも、もしマイクロソフトや他の企業が買収すれば興味深いことになる」  トランプ政権はTikTokを通じてアメリカの個人情報が中国政府に渡るとして利用禁止など厳しい対応を示唆していましたが、アメリカ企業に買収の選択肢を与えました。一方で、来月15日までに買収が成立しなければ、TikTokのアメリカでの事業を認めないと警告しました。現在、マイクロソフトが買収交渉を進めています。トランプ大統領は買収が成立した場合、政府にも多額の金が支払われるべきだと主張しています。
米が中国製アプリTikTok禁止?日本も規制の動きが
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 米が中国製アプリTikTok禁止?日本も規制の動きが  トランプ大統領の発言などから騒動になっている「TikTok」の利用禁止問題ですが、実は日本でも国会議員が危険性を指摘するなど対岸の火事とは言えない状況になりつつあります。  TikTok。日本国内で約1000万人のユーザーを持つこのアプリが規制されるかも。中国製アプリのTikTokを巡っては、これまでアメリカが中国政府への情報漏洩(ろうえい)の可能性を指摘。米中間の新たな火種にもなっていました。アメリカでは、すでに軍事関係者の使用を禁止しているほか、インドやオーストラリアなどでも禁止・規制の動きが広がっています。さらに、先月31日にはトランプ大統領が国内でのTikTokの利用禁止を示唆。  トランプ大統領:「TikTokを注視しているし禁止するかもしれない。他の方法も取るかもしれない」  こうしたトランプ大統領の発言に翻弄(ほんろう)されたのは、アメリカのマイクロソフトです。国内でのTikTokの事業買収に向けて親会社の中国「バイトダンス」と交渉していましたが、アメリカのメディアによりますと、大統領が「買収反対」の意向を示したことで一時、交渉がストップ。その後、マイクロソフトはCEO(最高経営責任者)がトランプ大統領と話し合い、来月15日を期限とする交渉が再スタートされると公式ブログで発表。  一方、日本でも…。  自民党ルール形成戦略議連・甘利明会長:「我々が想定していないような形で個人情報、機微に関わる情報が漏れていってしまうことがないよう」  自民党の議員連盟は、来月…
米「Tik Tok」「We Chat」運営会社との取引を禁止へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米「Tik Tok」「We Chat」運営会社との取引を禁止へ  アメリカのトランプ大統領は中国の動画投稿アプリ「TikTok」などの運営会社との取引を来月20日から禁止する大統領令を発表しました。  大統領令はアメリカ国民に対してTikTokと中国のメッセージアプリ「WeChat」の運営会社との取引を45日後から禁止します。トランプ大統領は声明で、これらのアプリについて「中国共産党によるアメリカ国民の個人情報の収集を可能にしている」と批判しています。TikTokについて、トランプ大統領は「マイクロソフト」などによる買収を容認していて、大統領令で期限内の合意に向け圧力を強めました。
トランプ氏 TikTok運営会社との取引禁止の大統領令
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏 TikTok運営会社との取引禁止の大統領令  アメリカのトランプ大統領は中国の動画投稿アプリ「TikTok」などの運営会社との取引を来月20日から禁止する大統領令を発表しました。  大統領令はアメリカ国民に対してTikTokの運営企業とメッセージアプリ「WeChat」の運営企業との取引を45日後から禁止します。実質的にアメリカ市場から締め出す措置になります。トランプ大統領は声明でこれらのアプリについて、「中国共産党によるアメリカ国民の個人情報の収集を可能にしている」「経済や安全保障上の脅威だ」と批判しています。TikTokについてトランプ大統領はIT大手「マイクロソフト」などによる買収を容認していて、期限を来月15日までとしているため、大統領令で期限内の合意に向けて圧力を強めた形です。
#13:ファン50組とTikTok!
第3次Popteenカバーガール戦争 #13:ファン50組とTikTok! 【見どころ】 第3次ポプ戦ラストバトルは「ファン50組とTik Tok」。 専属昇格ボーナスポイントを懸け渋谷、新大久保、大阪に分かれどのチームが最も早くファン50組とTik Tokを撮影できるか勝負。 ただし撮影するにはチームメンバー全員の名前を答えてもらわねばならない。 「私だけ、まだ名前も知られてない」 涙のメンバーもファンとの絆で奮い立つ。 さらにPopteenモデルの大先輩「にこるん」こと藤田ニコルも緊急参戦! 泣いても笑ってもラストバトル。 笑うのは「私」だ!
TikTok 欧州にデータセンター開設へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 TikTok 欧州にデータセンター開設へ  動画投稿アプリ「TikTok」を運営する中国企業が、アイルランドにデータセンターを開設すると発表しました。アメリカでの事業売却後をにらんだ動きとみられます。  TikTokを運営する中国の「バイトダンス」は、データセンターを2022年初めまでにアイルランドに開設します。現在、ユーザーデータはアメリカとシンガポールで保管されています。マイクロソフトによる買収交渉が進んでいるアメリカでの事業売却後をにらみ、ヨーロッパに重点を移す動きの一環とみられます。データセンターの開設には日本円で約530億円が投じられ、数百人の雇用が生まれるとしています。また、ユーザーデータの保護を強化するうえで重要な役割を果たすと強調しています。
今日好き×足立佳奈
【渋谷公開スタジオ】UDAGAWA BASE生放送特番 今日好き×足立佳奈 「今日、好きになりました。」ハワイ編 最終回直前に渋谷のUDAGAWA BASEから初の“公開生放送”! ①【しゅん&のあによる、まやを巡るハワイ編のマル秘トーク】 ②【観覧カップルに突撃インタビュー!女子出演者があなたの恋愛を応援?】 ③【観覧のみんなとTikTokを撮ろう企画!】
予想外!犬の珍行動(27日配信)
無料
【週刊BUZZ動画】SNSで話題の動画をピックアップ! 予想外!犬の珍行動(27日配信) TwitterやYouTube、TikTok、インスタグラムなど、いまSNSでバズっている動画を一挙紹介!視聴者コメント、投稿者への取材からバスっている「ワケ」にも迫ります!さらに、これからBUZZりそうな注目の動画もピックアップしてお届けします。