第328話 希望

銀魂 | 銀魂.第328話 希望

23分2017年

  • 道場に鳴り響く乾いた音――。そこには、稽古に励む幼い銀時と、それを笑顔でいなす松陽の姿あった。松陽はこれからの銀時に対して、“あること”を楽しみにしていると告げる。時が経ち、銀時は松陽に瓜二つの『虚』と対峙することになる。そして――。先の黒縄島からの真選組局長の近藤勲の奪還の件により、以前にも増してかぶき町には居づらくなった万事屋一行。そんな中、桂の計らい(?)により地下都市アキバに潜伏しアキバで支店を開くことになる。そこに訪れた意外な来客により、『虚』の正体について語られることに――。
  • 今井信女の口から語られたのは、『虚』がアルタナによって生まれ、不老不死の存在であり、“宇宙で最も危険な生物”であると。そして、吉田松陽という人物は、虚と同じ存在であることも――。信女の話を受け銀時、桂は戸惑う。しかし、桂は銀時に「お前に二度も師を斬らせるわけにはいかないからな」と告げて立ち去る。一方、虚は元老院を失った春雨を手なずけ様としていた。勢力の拡大を目論む虚の前に一人の男が現れ、事態は思わぬ方向へと進展する。そして、誰も居なくなった万事屋銀ちゃんの机の上には見知らぬ封筒が置かれてあった――。
  • 神楽の後を追い、快援隊や鬼兵隊の残党らと合流をした万事屋一同。地球を出発した銀時達を待ち受けていたのは、喜々の軍勢であった。それをあっさりと撃退した銀時達の姿を見た万斉は、自ら“秘密の場所”を教える。その場所は、捨てられた惑星『烙陽』――。奇しくもそこは、神楽の故郷でもあった。時を同じくして、消息不明の神威を探しに星海坊主も烙陽の地に辿り着く。そして、決意を決めた神楽は、ある人物の墓標の前に立っていたのであった――。
  • 第320話 ヅラ

    25分2017年

    神楽の故郷である烙陽に降り立って銀時達を待っていたのは、虚率いる春雨の猛攻であった。銀時、桂、坂本の奇襲により辛くも窮地は脱したが、圧倒的な兵力差に変わりはなかった。散り散りになった3人それぞれの前に立ち塞がったのが、『三凶星』と呼ばれる猛者たちであった。桂の前に現れたのが、海王星の猩覚。猩覚の凄まじいパワーに押される桂であったが、決意を決める。一匹の侍(えてこう)になることを――。そして、今まで語れなかった桂の過去が明かに。
  • 范堺に掌握されてしまった快援隊船団。坂本と陸奥は、范堺を見つけ出し操られた船員達を助けるべく、自ら快臨丸内を詮索することを決めた。2人は、操られた船員に襲われた喜々を助ける。なぜ助けたとのかと問う喜々に対し、坂本は「一度国を背負った君主が簡単に死ねると思うな」と言い放つ。坂本らと行動を共にする中で、徐々に坂本辰馬に魅せられつつも飄々とした態度に苛立ちを感じ始めていた。そんな中、喜々に異変が――。果たして、范堺の狙いと一体何なのか!?
  • 第322話 十年

    25分2017年

    かつて攘夷戦争時代に銀時と馬董は、一度だけ戦場で刀を交えていた――。馬董は、侍である銀時との戦いが忘れられず再び闘うことを待ちわびていた。しかし、覚えていた容姿は銀時とは言い難い姿をしていた。その人物は“パクヤサ”と言い銀時に憧れ舎弟になったものだった。コケにされたと激高する馬董に対し、銀時は坂本の仇である馬董に密かな闘志を燃やしていた。白熱した銀時と馬董の戦いがはじまる!!
  • 第323話 道

    25分2017年

    銀時、高杉、桂、坂本、かつて攘夷戦争を共に闘った4人が再び戦場に集った。劇的な再会……と思いきや、顔を合わせるなり罵声を飛ばし合うことに。そんな再会を遮る様に虚率いる奈落・春雨の軍勢が襲いかかる!! その頃、星海坊主は春雨の追撃を圧倒的な力で捻じ伏せていた。しかし、星海坊主の眼前にはさらなる春雨の増援と、第一師団長の獅嶺が立ち塞がる。そこには、消息不明になっていたあの人物の姿が――。
  • 神威は自らの父親である星海坊主に対し、殺意を込めた拳を振り上げた。“宇宙最強の親子喧嘩”へと発展した2人の激闘は、もはや誰にも止められないかに見えた。だが、2人の家族である神楽だけは違っていた。神楽は、身をもって闘いをいさめようとした。しかし次の瞬間、閃光の如く現れた虚により戦況が一気に変貌した。星海坊主は義手の左腕を一瞬にして斬られてしまった。闘いの中で、星海坊主は虚がアルタナにより力を得ていることに気付く。そして、星海坊主にとってアルタナの力を持つ人物に出会うのは初めてではなかった。果たして、過去に出会った人物とは!?
  • 神威は神楽に、母である江華が『アルタナの暴走を受けて生まれた変異体』であったことを告げる。そして二人の母親を殺したのが、父親である“星海坊主”であるということも――。星海坊主と江華の間には神威と神楽が生まれ、家族4人はひっそりと生活していた。ある日、神威は、江華が徨安の星では生きていけない身体であることを知ってしまい、母親を苦しめているのは自分たち家族であると感じはじめる。神威は意を決し江華を連れ出そうとするが、そこに星海坊主が現われて事態が急変する。星海坊主、神威、神楽、江華それぞれの家族の想いとは。そして、星海坊主対虚の戦いの行方は!?
  • 第326話 兄妹

    25分2017年

    満身創痍で倒れた星海坊主に襲いかかる神威――。その前に立ちはだかったのは、他でもない銀時であった。銀時は、神威に対し『本当の名前』を思い出せと語り木刀を抜く。神威の圧倒的な力に押される銀時ではあったが、神威自身は違和感を持ちながら闘っていた。その違和感とは、銀時は護るものために闘い、そして自分と戦い続けて限界を越えていく戦う姿であった。神威は、戦いに割って入った神楽の存在により、ためらってしまう。その隙に銀時は、渾身の一撃をうけてしまうのだった。そんな戦いの最中、夜兎の血に飲まれた神威は不敵な笑みをこぼすのであった――。
  • 妹・神楽の拳の前に倒れた神威は、銀時らとの闘いで知った己の弱さ、その先に見えた本当の「最強(つよさ)」を求め、再び海賊へと戻っていく。そして父・星海坊主もまた、自分たちはどこまで行っても家族なのだと、思い知るのであった。一方そのころ、同じく戦線を離脱していた高杉らは、朧と対峙していた。そこで繰り広げられる闘いの中で、朧と虚の深い関係性が語られる。そしてそれは吉田松陽の弟子である、銀時たちが育った「松下村塾」にも繋がっていて…。
  • 第328話 希望

    23分2017年

    銀時たちと松陽が出会う少し前のこと。朧は松陽によってその命を救われ、「松下村塾」創設をともにした一番弟子だった。銀時たちと同じ道を歩むことのできなかった朧の悲しみや憎悪もまた、松陽の死に繋がっていた。高杉との死闘で散った朧は、吉田松陽の過去、そして虚の恐るべき計画が進んでいることを明かす。その事実を知った銀時、桂、坂本、そして高杉は、それぞれが新たな決意をするのであった。「虚」の目的とは何なのか。「吉田松陽」は銀時に何を託したのか。舞台は全ての始まり「侍の国」へ――。
  • 神楽にカレシができた! その知らせを聞いた父親の星海坊主と銀時は大慌て。神楽が大人になっていくことを中々受け入れられずにいた2人。だが、神楽が彼氏を家に連れてくることになり、「大人」として対応することを誓う。だけど、彼氏のダイちゃんには秘密があって――。
  • 神楽の彼氏・ダイちゃんは、なんと巨人族の皇子だった! 普段はヒップホップを聞かせておけばおとなしい巨人族だが、彼らには恐ろしい伝統があった―それは、皇族の花嫁に迎えられた種がいる星の遺伝子を根絶やしにし、遺伝子情報の独占を図るというもの。花嫁・神楽がいる地球を滅ぼそうとするダイちゃんと巨人族の前に、「誰にも娘を渡したくない!」という気色の悪いお父さんたちが立ちはだかる!!
  • 幾松の夫がまだ存命だった頃、大晦日が来るたび店にやって来るみすぼらしい男がいた。なけなしの金をはたき一杯のラーメンを頼むが、「こんなにたくさん食えねーな」と言うと、お椀にラーメンをとりわけ、幾松と夫にふるまう。毎年の恒例行事だったが、夫が亡くなるとその男もぱったり姿を見せなくなり、店を継いでもその仕事を引き継げなかったことが心残りだとこぼす幾松。その話を聞いた桂は「幾松が夫と約束した一杯のラーメンを、もう一度その男に食わせてやりたい」と銀時に持ち掛け、その男を探すことにする。
  • 男の情報を得るため、公園でホームレスたちの仲間になる桂と銀時。そこで出会ったのはなんと、桂と幾松に復讐の機会を狙っていた幾松の義弟だった! 義弟から、死んだと思われていた幾松の父親を連れてこいと脅される一同。一方、新八と神楽の捜索で、かつて男が北斗心軒に忘れていった頭巾が幾松の父・松五郎のものだったと判明する。松五郎は一体誰なのか!? 幾松と松五郎を守る為、万事屋と桂が立ち上がる!
  • 「生と死のグラサン」 自殺をするためビルの屋上で佇む長谷川の前に、グラサンの殺し屋・一星(イーシン)が現れる。一星は、標的である宇宙商・猪九戒がパーティを開いている高層タワーから飛び降りれば、自分が標的と一緒に長谷川もあの世に送ってやると提案する。一星の指示通り、高層タワーの屋上に向かった長谷川だが、そこにはもう一人の殺し屋・一龍(イーロン)がいた! 実はこの2人にはある因縁があって――。巻き込まれた長谷川は無事死ぬことができるのか!? 「全ての答えは現場にある」 特別講習を受ける江戸の警察官一同。その中にはもちろん、真選組・見廻組もいた! 仲の悪い両組は、講習中にも関わらず喧嘩になってしまう。実演講習として、最新の技術を用いたバーチャル空間で起こった殺人事件の謎を、張り合いながら推理していく一行。桃太郎っぽい被害者を殺した犯人は果たして誰なのか。暴かれる驚愕の真実とは!?
  • 銀時、新八、神楽は、お登勢の旦那の形見刀を研ぎ直す為、鍛冶屋・鉄子の元を訪れていた。そこで、抜き身のまま床に落ちている刀を見つけた銀時。 「鍛冶屋が商売道具をぞんざいに扱っていいのか」 と文句を言うが、鉄子は預かった記憶はない刀だと言う。実はこの刀、妻である鞘― 「鞘子」 を探し出す為、鉄子の鍛冶屋へ現れた吸血妖刀エクスカリバー星人、「クサナギ」 であった。居合わせた銀時の尻を一時の鞘にしたクサナギと共に、町で鞘子を探す鉄子と万事屋の前に現れたのは―。
  • 万事屋がクサナギと共に探していた鞘子は、真選組・沖田の刀の鞘になっている事が判明! だが沖田の鞘は、自分は「鞘子」ではなく 「サーヤ」 で、クサナギのことなど知らないと言う…。尻に刺さったクサナギを早く抜きたい銀時は、その鞘に相応わしい刀はどちらか、真剣勝負の決闘で決めることを沖田に持ち掛ける。そんな決闘前夜、沖田の前に現れたのは、市中で頻繁に発生している辻斬りの犯人、人斬り千兵衛。彼がが手にしていたのは、人の体を乗っ取り刀を共食いする妖刀 「マガナギ」 だった!
  • 沖田は、伝説の魔剣・エクスカリバー 「マガナギ」 によって身体を乗っ取られてしまう! 鉄子の打ち直した 「クサナギ」 と共に戦う銀時だが、今までの戦闘の経験値だけでなく、沖田の身体能力も手に入れたマガナギに苦戦を強いられる。そして、マガナギの口から残酷な真実が語られる。実は、サーヤはクサナギと鞘子の元に生まれた娘であり、鞘子はすでにマガナギによって壊されていた…。鞘子だけでなくサーヤをも己の鞘にしようと迫るマガナギ。銀時とクサナギは、マガナギを止めることが出来るのか!?
  • グループ売りアイドル全盛期到来! 時の流れに乗り遅れない為、寺門通の期間限定アイドルユニット 『お前の相棒〇人? プロジェクト』 が始動した!お通ちゃんの相棒を探していたエージェントがスカウトしてきたのは、なんと神楽だった!! 金(カネ)の匂いを嗅ぎつけた銀時プロデュースの元、お通と神楽はデビューを目指しレッスンに励む。果たして2人は、ユニットアイドルとして成功できるのか!?
  • お通と神楽が組んだ新ユニット、「HDZ(ハナクソダイヤモンズ)48」の前に現れたのは、宇宙一のアイドル、ビチエがセンターを務める銀河系アイドル特殊部隊「GKB(ギャラクシーキングダムビッチ)48」だった。銀河中のトップアイドルが集まったGKB48の、手段を選ばない 「本物の握手会」 で、男たちは骨抜きにされていく。ファンを奪われ、愕然と立ち尽くすお通。さらにビチエはお通と江戸のトップアイドルの座をかけた勝負をしかけてきて!?
  • お通不在の中、トップアイドルの座をかけた握手会 「天下一アイドル決定戦」 が始まった! 「GKB(ギャラクシーキングダムビッチ)48」 に対抗すべく、 「HDZ(ハナクソダイヤモンズ)48」 の隠し玉、お妙率いる銀河系最強武闘派バックバンド 「ダイヤモンドバキューム」 が参戦! 汚い手を使いGKB48からファンを奪っていくが、メンバー同士のファンの取り合いで逆に大ピンチに。遂に寺門通親衛隊隊長、志村新八自らがGKB48センターのビチエに挑む! そんな新八をテレビで見るお通は…。
  • 「神ゲーと糞ゲーは紙一重」 発売目前の銀魂ゲームを、自分たちの力でもっと売れる商品にしよう! と決意した万事屋3人。たまを連れてゲーム制作会社に潜入し、開発室でハッキングを試みる。大ヒットを狙う為にと、ゲームのタイトルを勝手に改名してファンタジーRPGへ路線変更。余計なことはしゃべらない主人公を出してみたり、ゾンビと戦うゲームにしてみたり、好き勝手にされた銀魂ゲームの末路は!? 「メガネは魂の一部」 新しいメガネを買うため、メガネ屋を訪れた新八は、どんな真実もありのままに見えるという 「ノロワ・レター・メガネ」 を店主に勧められる。それを掛けた新八は、他人の守護霊がハッキリクッキリと見えるようになってしまった! 外そうとしても外れないメガネを掛けたまま万事屋に戻った新八が見たものは?