第12話 目黒区中目黒ソーキそばとアグー豚の天然塩焼き

孤独のグルメ | season1第12話 目黒区中目黒ソーキそばとアグー豚の天然塩焼き

25分2012年

  • 商用で「門前仲町」のとあるカフェを訪れた井之頭五郎にとんだ災難が...。そして門前仲町をぶらりと歩きながら五郎がふと立ち寄ったスポットと今日のグルメとは?
  • 池袋のマンションギャラリーに呼ばれた五郎は駅前で怪しげな雰囲気の男にティッシュを渡される。マンションギャラリーでは美しいスタッフに迎えられるがそこには鬼の上司が...。そして池袋の街をさまよいこの日出合ったのは、中華・四川の汁なし坦々麺だった。
  • 結婚式場の調度品の打合せのため新浦安駅に降り立った五郎は、ヤシの木に金髪美人の洗礼を受け一瞬デジャブ感覚に。そしてある女性のことを思い出し...。やがて、浦安でなぜか「静岡おでん」と出合うのだった。
  • 西永福の駅に降り立った五郎はいつになく浮かない顔。最近なんだかついていないことばかりなのだ。そんな時通った公園の中で釣り堀を見つけた五郎はふと入ってみる。するとそこには謎の男が釣りをしていた。
  • 五郎が鷺ノ宮駅に降り立ったのは二つの理由があったからだ。ひとつは店舗改装に当たってのコーディネートの依頼。そしてもう一つは、ある旧友との再会だった。
  • 井之頭五郎(松重豊)はジャズ喫茶マスター(うじきつよし)に呼ばれ吉祥寺に降り立つが、様々な店やレストランなど混在する独特の活気にいつになく心が乱れお昼に何を食べるかさえ迷ってしまう。
  • 井之頭五郎は愛車で空港からの帰りふと川崎に立ち寄った。案の定お腹のすいた五郎は、一軒の焼肉屋に無性に惹かれるのだが残念ながら、満員だった。その時、韓流アイドル風の少年が出て来て...。
  • 井之頭五郎は下北沢で知人の劇団主宰者・吉原に呼ばれて舞台の昼の部を観た。主演女優の笑顔が魅力的と思ったのだが、その主演女優・篠宮が夜の部があるにもかかわらず逃げ出してしまった。その後、五郎は下北沢の街で篠宮に遭遇するのだが...。
  • 井之頭五郎は映画関係の仕事をする男、安田に呼ばれ、小道具の食器の注文を受ける。その後街を散策するが、そこはまさに学生の街だった。
  • 井之頭五郎は、織物と雑貨の店を出して三年目になるマキ(小沢真珠)の様子を見るため、根津を訪ねた。その後、昼間から開けている一軒の飲み屋に入るのだが、しばらくして酔っ払いが入ってきて...。
  • 第12話 目黒区中目黒ソーキそばとアグー豚の天然塩焼き

    25分2012年

    井之頭五郎は新規の顧客、中目黒の古着屋さんを訪れると、想像していなかった少女のような店長さんが迎えた。そしていつものように腹が減り街を歩いていてふと気になった沖縄料理店をのぞくと、そこではイケメン店長が待っていた。