歴史の分岐点

湾岸戦争

44分2019年5月24日放送

マイビデオ

詳細情報

1990年、サダム・フセイン率いるイラク軍がクウェートに侵攻した。そして1991年にアメリカは部隊を派遣。さらに30ヶ国以上が多国籍軍に参加してイラク攻撃を開始、湾岸戦争が勃発した。テレビでも中継されたバグダッドの空襲や、たったの100時間で敵を降伏させた陸上戦。最先端のCGや当時の映像を交えて、イラクを降伏させるポイントとなった戦いや戦略を解説する。

キャスト

  • -

スタッフ

    (C)Discovery Communications