CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ | 本編

#36『太陽光電池の可能性を変えた!60年に及ぶ開発の歴史』シャープ:安沢修

3分2019年10月4日放送

マイビデオ

詳細情報

一般家庭でも取り組める発電として、私たちのくらしに広く浸透している太陽光発電。
そのシステムの根幹・太陽光電池の開発を60年前から手掛けているのが、安沢さんが勤めるシャープです。

シャープが太陽光電池の開発に着手したのは1959年のこと。
3年後には太陽光電池を用いたトランジスタラジオを発売。さらに電卓や灯台、人工衛星まで、私たちのくらしを豊かに変えてきました。いまでは、住宅用の発電システムによって、電気代の節約にも貢献しています。

60年に及ぶ開発の歴史...それは試行錯誤の連続でもありました。なぜそこまでの苦労をしてまで太陽光発電に挑んできたのか...。
そこにはシャープの創業者・早川徳次が遺した、ある想いがありました。

安沢修さんに技術者たちに受け継がれている創業者の想い、そして太陽光発電の未来について伺いました。

【提供】日産自動車

キャスト

  • 安沢修

スタッフ

    (C)テレビ朝日