劇場版「空の境界」 | 劇場版「空の境界」

第七章 殺人考察(後)

2時間3分2009年

マイビデオ

詳細情報

「殺人と殺戮は違うんだ。覚えてる、コクトー? 人は、一生に一人しか人間を殺せないって」

心の底から「特別」になりたかった。
その願いが選択を誤らせた。否、あえて過ちへと導かれた。当時、それは最高にして唯一の方法だと信じて疑わなかったのだから。

それは4年前のこと。
1995年。彼と彼女は出逢う。

翌1996年、彼女は眠りに堕ちる。しかし、仄暗く芽生えた思いは、人知れず育まれ続けていた。 

その二年後の1998年。彼女は目覚め、新たな時を刻み出す。
同時に、彼女を得る為の思惑も人知れず蠢いて…………今、4年後の1999年。
彼女をとらえる全ての仕掛けは破綻した、はず、だった。しかし、歯車は狂い出す。

4年ぶりに繰り返される通り魔殺人。夜ごと行われる人殺しは、彼女の内に潜む殺人衝動と、もう何処にもいない「織」を否応なく思い出させていた。

殺している、のは果たして「誰」だろう。
だからこそ、再び彼女は夜の街を徘徊し。
それゆえに、彼は彼女のために夜を往く。

殺人と殺戮の違い、特別である事と普通である事の違い、狂気と正気の違い、その正誤ではなく己の在りようだけが大切だったはずなのに、比べる事に囚われて――――――。

望んだのは、とても当たり前に大切な人と当たり前に生きていく、それだけの事なのに。その事をないがしろにした故の咎を、負う。

キャスト

  • 両儀式:坂本真綾
  • 黒桐幹也:鈴村健一
  • 蒼崎橙子:本田貴子
  • 黒桐鮮花:藤村歩
  • 荒耶宗蓮:中田譲治

スタッフ

  • 原作:奈須きのこ
  • 監督:瀧沢進介
  • キャラクター原案:武内崇
  • 脚本:平松正樹
  • 音楽:梶浦由記

(C)奈須きのこ/講談社・アニプレックス・ノーツ・ufotable