第3回AbemaTVトーナメント スピンオフ 「所司一門VSレジェンド」

第3回AbemaTVトーナメント | スピンオフ第3回AbemaTVトーナメント スピンオフ 「所司一門VSレジェンド」

3時間58分2021年1月1日放送

  • ※この番組は11月14日に収録したものです。 2021年1月1日に第3回AbemaTVトーナメント スピンオフ <チーム渡辺 対 チーム康光>放送決定! 対戦に向けてチーム康光が再び集合! テーマ:ぶらレジェンド 康光会長の将棋会館案内篇 将棋連盟会長佐藤康光九段が、一般の人には謎に包まれた将棋会館をガイド。 さらにお年玉プレゼントも! ※段位は収録当時のものになります
  • ※この番組は11月14日に収録したものです。 2021年1月1日に第3回AbemaTVトーナメント スピンオフ <チーム渡辺 対 チーム康光>放送決定! 対戦に向けてチーム康光が再び集合! テーマ:ぶらレジェンド 千駄ヶ谷篇 チームレジェンドの3人が、将棋の街・千駄ヶ谷をブラ歩き。10代の頃から慣れ親しみ、 様々な思いを持ちながら歩いた千駄ヶ谷の街をぶらぶら歩き、思い出を語ってもらいます。 さらに今回は三人の勝負飯や思い出の一食を食レポも! ※段位は収録当時のものになります
  • ※この番組は11月15日に収録したものです。 2021年1月1日に第3回AbemaTVトーナメント スピンオフ <チーム渡辺 対 チーム康光>放送決定! 対戦に向けてチーム渡辺が再び集合! チーム名でもある師匠の、所司和晴七段が満を持して登場。 3人の子供の頃、の所司七段の思い出話が心にしみます。 テーマ:師匠を質問攻め 第3回AbemaTVトーナメントでは準優勝という素晴らしい成績を残したチーム所司一門! この結果は一門の強い絆があったからこそ!そこで所司一門の絆をさらに深め次回は優勝を目指す! 今回は所司師匠の事をもっと知るために師匠を質問攻めにする!今まで知らなかった師匠の秘密、ずっと気になっていたが聞けなかった事などを聞いて一門の絆をより深めて戦場へと向かう! ※段位は収録当時のものになります
  • ※この番組は11月15日に収録したものです。 2021年1月1日に第3回AbemaTVトーナメント スピンオフ <チーム渡辺 対 チーム康光>放送決定! 対戦に向けてチーム渡辺が再び集合! テーマ:渡辺名人 弟弟子を質問攻め 後編 第3回AbemaTVトーナメントでの動画企画では近藤七段、石井六段が渡辺先輩に延々と質問をし続けるという企画を行った。今回は逆に渡辺名人がトーナメントを終えて絆を深めた二人の弟弟子達を質問攻めにする。将棋面はもちろん、二人の謎に包まれたプライベートな一面まで赤裸々に答えてもらう。大先輩からの質問に答えないという選択肢はもちろんない中、一体どんな爆弾発言が飛び出すのか!!? ※段位は収録当時のものになります
  • ※この番組は11月15日に収録したものです。 2021年1月1日に第3回AbemaTVトーナメント スピンオフ <チーム渡辺 対 チーム康光>放送決定! 対戦に向けてチーム渡辺が再び集合! テーマ:渡辺名人 弟弟子を質問攻め 前編 第3回AbemaTVトーナメントでの動画企画では近藤七段、石井六段が渡辺先輩に延々と質問をし続けるという企画を行った。今回は逆に渡辺名人がトーナメントを終えて絆を深めた二人の弟弟子達を質問攻めにする。将棋面はもちろん、二人の謎に包まれたプライベートな一面まで赤裸々に答えてもらう。大先輩からの質問に答えないという選択肢はもちろんない中、一体どんな爆弾発言が飛び出すのか!!? ※段位は収録当時のものになります
  • 第3回AbemaTVトーナメント スピンオフが実現!惜しくも準優勝となったチーム渡辺。準決勝で優勝チームのチーム永瀬に破れたチーム康光。この2チームの対戦カードはトーナメントでは実現しなかったが、スピンオフで実現!対戦ルールは本戦トーナメントと同様、9局対局を行い先に5勝した方が勝利する方式を採用。チームとしてのプライドをかけて絶対に負けられない戦いがある。 第3回AbemaTVトーナメントとは、将棋界初のドラフトによる団体戦を実施。 各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。 さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦!団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。 ※段位は収録当時のものになります
  • 第3回AbemaTVトーナメント スピンオフが実現!惜しくも準優勝となったチーム渡辺。準決勝で優勝チームのチーム永瀬に破れたチーム康光。この2チームの対戦カードはトーナメントでは実現しなかったが、スピンオフで実現!対戦ルールは本戦トーナメントと同様、9局対局を行い先に5勝した方が勝利する方式を採用。チームとしてのプライドをかけて絶対に負けられない戦いがある。 第3回AbemaTVトーナメントとは、将棋界初のドラフトによる団体戦を実施。 各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。 さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦!団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。 ※段位は収録当時のものになります
  • 第3回AbemaTVトーナメント スピンオフが実現!惜しくも準優勝となったチーム渡辺。準決勝で優勝チームのチーム永瀬に破れたチーム康光。この2チームの対戦カードはトーナメントでは実現しなかったが、スピンオフで実現!対戦ルールは本戦トーナメントと同様、9局対局を行い先に5勝した方が勝利する方式を採用。チームとしてのプライドをかけて絶対に負けられない戦いがある。 第3回AbemaTVトーナメントとは、将棋界初のドラフトによる団体戦を実施。 各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。 さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦!団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。 ※段位は収録当時のものになります
  • 第3回AbemaTVトーナメント スピンオフが実現!惜しくも準優勝となったチーム渡辺。準決勝で優勝チームのチーム永瀬に破れたチーム康光。この2チームの対戦カードはトーナメントでは実現しなかったが、スピンオフで実現!対戦ルールは本戦トーナメントと同様、9局対局を行い先に5勝した方が勝利する方式を採用。チームとしてのプライドをかけて絶対に負けられない戦いがある。 第3回AbemaTVトーナメントとは、将棋界初のドラフトによる団体戦を実施。 各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。 さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦!団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。 ※段位は収録当時のものになります
  • 第3回AbemaTVトーナメント スピンオフが実現!惜しくも準優勝となったチーム渡辺。準決勝で優勝チームのチーム永瀬に破れたチーム康光。この2チームの対戦カードはトーナメントでは実現しなかったが、スピンオフで実現!対戦ルールは本戦トーナメントと同様、9局対局を行い先に5勝した方が勝利する方式を採用。チームとしてのプライドをかけて絶対に負けられない戦いがある。 第3回AbemaTVトーナメントとは、将棋界初のドラフトによる団体戦を実施。 各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。 さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦!団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。 ※段位は収録当時のものになります
  • 第3回AbemaTVトーナメント スピンオフが実現!惜しくも準優勝となったチーム渡辺。準決勝で優勝チームのチーム永瀬に破れたチーム康光。この2チームの対戦カードはトーナメントでは実現しなかったが、スピンオフで実現!対戦ルールは本戦トーナメントと同様、9局対局を行い先に5勝した方が勝利する方式を採用。チームとしてのプライドをかけて絶対に負けられない戦いがある。 第3回AbemaTVトーナメントとは、将棋界初のドラフトによる団体戦を実施。 各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。 さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦!団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。 ※段位は収録当時のものになります
  • 第3回AbemaTVトーナメント スピンオフが実現!惜しくも準優勝となったチーム渡辺。準決勝で優勝チームのチーム永瀬に破れたチーム康光。この2チームの対戦カードはトーナメントでは実現しなかったが、スピンオフで実現!対戦ルールは本戦トーナメントと同様、9局対局を行い先に5勝した方が勝利する方式を採用。チームとしてのプライドをかけて絶対に負けられない戦いがある。 第3回AbemaTVトーナメントとは、将棋界初のドラフトによる団体戦を実施。 各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。 さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦!団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。 ※段位は収録当時のものになります
  • 第3回AbemaTVトーナメント スピンオフが実現!惜しくも準優勝となったチーム渡辺。準決勝で優勝チームのチーム永瀬に破れたチーム康光。この2チームの対戦カードはトーナメントでは実現しなかったが、スピンオフで実現!対戦ルールは本戦トーナメントと同様、9局対局を行い先に5勝した方が勝利する方式を採用。チームとしてのプライドをかけて絶対に負けられない戦いがある。 第3回AbemaTVトーナメントとは、将棋界初のドラフトによる団体戦を実施。 各チームは、豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段ら、将棋界を代表する選ばれし11名のレジェンド棋士たちがリーダーを務め、全棋士参加によるドラフト会議によりチームを組成します。 さらに12チーム目として、本トーナメントの企画に携わった羽生善治九段がリーダーとして率いる、総監督・藤田晋によるドラフトチーム「Abemaドリームチーム」も特別参戦!団体戦は、3人1組を1チームとし、計12チームを、4つのリーグに分けて戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。 ※段位は収録当時のものになります