[本戦 準決勝2]第6局 渡辺和史五段 対 木村一基九段

第5回ABEMAトーナメント | 対局チャプター[本戦 準決勝2]第6局 渡辺和史五段 対 木村一基九段

23分2022年

  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります
  • 『第5回ABEMAトーナメント』は、昨年4月に配信した『第4回ABEMAトーナメント』 に続く「ABEMA」オリジナル対局企画の第5弾で、優勝賞金1000万を懸けて、将棋界唯一のドラフト会議を経て決定したチームによる団体戦。 3人1組15チームが激突し新リーダーとして山崎八段が初参戦。 対局のルールは慣例のAbemaTVルール。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールール。 団体戦は、3人1組を1チームとし、計15チームを、5つのリーグに分けチーム総当たりで戦い、3チームのうち、上位2チームが本戦トーナメント進出。 チームの戦いは、5勝勝ち抜けとし対局毎にオーダー会議を実施し、対局者を決める方式で実施。 引き分けとなった場合は、ポイント加算/減算のシステムを採用し、1対局勝つことでプラス1ポイント、負けることでマイナス1ポイントとし、 3人の合計のポイント数が多い方が上位とする。 ※段位は収録当時のものになります