#9:【PART2】熾烈な「相性テスト」

【独占配信】I-LAND | 本編#9:【PART2】熾烈な「相性テスト」

1時間18分2020年8月28日放送

  • 《ABEMA独占配信》 次世代K-POPアーティスト誕生の過程を描く観察型リアリティー番組 ◆BTSらが所属するBig HitとCJ ENMによる超大型プロジェクト ◆日本を含む世界中から集まった志願者がデビューをかけた熾烈なバトルを繰り広げる 【#1 みどころ】 次世代K-POPアーティスト誕生の過程を描く観察型リアリティー番組。 世界各国から集まった23名の若き志願者が、I-LANDに入場できる12枠を目指し、初回から熾烈な闘いを繰り広げる。 志願者たちに課せられたのは「限られた時間」と「自らの選択」。昇格者を決めるのも追放者を決めるのも志願者自身という過酷なルールのもと、果たして最初のテストを生き残るのは誰か!? 【I-LAND基本ルール】 ・「I-LAND」と「グラウンド」の2つの建物があり、I-LANDの定員は12名。グラウンドには残りの11名が所属する。 ・I-LANDから脱落者が出たら、それと同じ人数がグラウンドから補充される。(常にI-LANDは12人) ・デビューできるのはI-LANDに最終的に残されたメンバーのみ。 ・毎回行われるテストパフォーマンスの点数で、I-LANDから降格する人数が決まる。 ・I-LANDからの降格者はアイランダー自身の投票で決まる。 ・グラウンドからの補充者は審査員の協議で決まる。※ただし、上記基本ルールはテストによって変わることがある
  • #2:【PART1】23人から12人へ・・・

    1時間25分2020年7月3日放送

    【#2 みどころ】 次世代K-POPアーティスト誕生の過程を描く観察型リアリティー番組。 世界各国から集まった23人の若き精鋭たちが、早くも16人に減るという波乱を見せた初回。そこからさらに4人を落とす自主投票に。衝撃の結果と辛い別れ。そしてI-LAND残留者に言い渡される次のミッション…。 次のテストは個人得点の平均がチームの点数となり、その点数次第でグラウンド降格者の人数が決まる。渾身のチームパフォーマンスに審査員が出した点数は…? 【I-LAND基本ルール】 ・「I-LAND」と「グラウンド」の2つの建物があり、I-LANDの定員は12名。グラウンドには残りの11名が所属する。 ・I-LANDから脱落者が出たら、それと同じ人数がグラウンドから補充される。(常にI-LANDは12人) ・デビューできるのはI-LANDに最終的に残されたメンバーのみ。 ・毎回行われるテストパフォーマンスの点数で、I-LANDから降格する人数が決まる。 ・I-LANDからの降格者はアイランダー自身の投票で決まる。 ・グラウンドからの補充者は審査員の協議で決まる。※ただし、上記基本ルールはテストによって変わることがある
  • #3:【PART1】脱落、そして復活。

    1時間20分2020年7月10日放送

    【#3 みどころ】 次世代K-POPアーティスト誕生の過程を描く観察型リアリティー番組。 前回のチームパフォーマンスは「6人が降格」という厳しい結果となり、言葉を失うアイランダーたち。自分たちで決めた降格者との涙の別れ。そしてグラウンドから6人が補充され、アイランダーは新しいチームで次のテストに挑む。 前回よりも難易度を上げ、さらにチーム力を試されるテストに挑むアイランダーとグラウンダーたち。そんな彼らの練習の様子をみたプロデューサーのRAINとZICOからは衝撃の言葉が…。 【I-LAND基本ルール】 ・「I-LAND」と「グラウンド」の2つの建物があり、I-LANDの定員は12名。グラウンドには残りの11名が所属する。 ・I-LANDから脱落者が出たら、それと同じ人数がグラウンドから補充される。(常にI-LANDは12人) ・デビューできるのはI-LANDに最終的に残されたメンバーのみ。 ・毎回行われるテストパフォーマンスの点数で、I-LANDから降格する人数が決まる。 ・I-LANDからの降格者はアイランダー自身の投票で決まる。 ・グラウンドからの補充者は審査員の協議で決まる。※ただし、上記基本ルールはテストによって変わることがある
  • 【#4 みどころ】 次世代K-POPアーティスト誕生の過程を描く観察型リアリティー番組。 高得点だったものの降格者が出ることになった前回のアイランダーのパフォーマンス。4人の降格者を決める時には号泣もののドラマが待っていた…。 辛い別れを経て言い渡された次なるテストは、I-LANDとグラウンドの精鋭たちによるボーカル&ダンス対決。I-LAND残留か、それとも降格か…明暗を分けるガチ対決は果たしてどんな結果を迎えるのか!? 【I-LAND基本ルール】 ・「I-LAND」と「グラウンド」の2つの建物があり、I-LANDの定員は12名。グラウンドには残りの11名が所属する。 ・I-LANDから脱落者が出たら、それと同じ人数がグラウンドから補充される。(常にI-LANDは12人) ・デビューできるのはI-LANDに最終的に残されたメンバーのみ。 ・毎回行われるテストパフォーマンスの点数で、I-LANDから降格する人数が決まる。 ・I-LANDからの降格者はアイランダー自身の投票で決まる。 ・グラウンドからの補充者は審査員の協議で決まる。※ただし、上記基本ルールはテストによって変わることがある
  • #5:【PART1】I-LAND vs GROUND対決に決着

    1時間21分2020年7月24日放送

    【#5 みどころ】 次世代K-POPアーティスト誕生の過程を描く観察型リアリティー番組。 精鋭5人によるグラウンダーとのガチ対決になんとか勝利したアイランダーたち。しかし降格者ゼロの勝利に喜ぶヒマも無く、早くも次なるテストが言い渡された。 次のテストでは現在のアイランダーの半分=6人が落とされる。そして、この落とされた6人とグラウンダーの中から6人がI-LANDへ昇格できるのだが、誰が昇格するかはグローバル視聴者の投票で決まるという予想外の厳しいルールが発表されたのだった…。 【I-LAND基本ルール】 ・「I-LAND」と「グラウンド」の2つの建物があり、I-LANDの定員は12名。グラウンドには残りの11名が所属する。 ・I-LANDから脱落者が出たら、それと同じ人数がグラウンドから補充される。(常にI-LANDは12人) ・デビューできるのはI-LANDに最終的に残されたメンバーのみ。 ・毎回行われるテストパフォーマンスの点数で、I-LANDから降格する人数が決まる。 ・I-LANDからの降格者はアイランダー自身の投票で決まる。 ・グラウンドからの補充者は審査員の協議で決まる。※ただし、上記基本ルールはテストによって変わることがある
  • 【#6 みどころ】 次世代K-POPアーティスト誕生の過程を描く観察型リアリティー番組。 【PART1最終回】アイランダーたちに課された“最後の12人”を決めるテスト。アイランダーと審査員それぞれの投票により、I-LANDから降格する6人が確定した。訪れる涙の別れ。 続いてグラウンダーたちにも同じテストが課された。グローバル視聴者の投票によってI-LANDに昇格する6人が決まるという異例のルールの中、グラウンドからI-LANDに這い上がるのはいったい誰なのか!? そして番組終盤には「BTS 08.14」の意味深予告が! 【I-LAND基本ルール】 ・「I-LAND」と「グラウンド」の2つの建物があり、I-LANDの定員は12名。グラウンドには残りの11名が所属する。 ・I-LANDから脱落者が出たら、それと同じ人数がグラウンドから補充される。(常にI-LANDは12人) ・デビューできるのはI-LANDに最終的に残されたメンバーのみ。 ・毎回行われるテストパフォーマンスの点数で、I-LANDから降格する人数が決まる。 ・I-LANDからの降格者はアイランダー自身の投票で決まる。 ・グラウンドからの補充者は審査員の協議で決まる。※ただし、上記基本ルールはテストによって変わることがある
  • \これを見ればまだ間に合う!I-LANDスペシャル/ これまで日韓同時放送でお送りしてきたPART1(#1~#6)の見どころや注目シーンなどをまとめたスペシャル番組。 さらに志願者たちの未公開映像も大放出! 8月14日から放送開始する、PART2までにこの番組をみて予習・復習しよう! 【I-LAND SPECIALみどころ】 次世代K-POPアーティスト誕生の過程を描く観察型リアリティー番組。 これまでの『I-LAND』を“パート1”として、ZE:Aのグァンヒ、Apinkのナムジュ、MOMOLANDのジュイと共に振り返る特別編。 次回放送から始まる“パート2”には韓国のみならず世界中で人気を博すK-POPグループ「BTS」が登場することが発表された。 ◆BTSらが所属するBig HitとCJ ENMによる次世代グローバルK-POPアーティスト誕生の超大型プロジェクト ◆日本を含む世界中から集まった志願者がデビューをかけたバトルを繰り広げる
  • #7:【PART2】BTS全員出演!PART2開幕

    1時間43分2020年8月14日放送

    【#7 みどころ】 次世代K-POPアーティスト誕生の過程を描く観察型リアリティー番組。 “パート2”に進む残りの6人が発表。脱落した10人はこれで『I-LAND』を去ることに。 そして番組はいよいよ“パート2"へ突入。BTSも登場し、さらなる盛り上がりを見せた。 パート2は徹底した個人間の競争が行われ、世界最高のプロデューサー陣とグローバル視聴者の選択によって脱落者が決まる。計4回のテストを経て2020年にデビューできるのは7人だけ。果たして最初のテストで生き残るのは? 【I-LAND基本ルール】 ・「I-LAND」と「グラウンド」の2つの建物があり、I-LANDの定員は12名。グラウンドには残りの11名が所属する。 ・I-LANDから脱落者が出たら、それと同じ人数がグラウンドから補充される。(常にI-LANDは12人) ・デビューできるのはI-LANDに最終的に残されたメンバーのみ。 ・毎回行われるテストパフォーマンスの点数で、I-LANDから降格する人数が決まる。 ・I-LANDからの降格者はアイランダー自身の投票で決まる。 ・グラウンドからの補充者は審査員の協議で決まる。※ただし、上記基本ルールはテストによって変わることがある
  • #8:【PART2】BTSテストで1名脱落…

    1時間42分2020年8月21日放送

    【#8 みどころ】 次世代K-POPアーティスト誕生の過程を描く観察型リアリティー番組。 パート2最初のテストは「BTSテスト」。3チームに分かれ、BTSの課題曲をそれぞれが披露し、プロデューサー陣の評価のもと一人が脱落することになる。 個人点の合算が各チームの得点となり、最高得点をとったチームには免除権が与えられるため、もし1位のチームメンバーに最下位のアイランダーがいたら、次に低かった順位のアイランダーが脱落することになるという特別ルールも。果たしてパート2初となる脱落者は一体誰になるのか。 【I-LAND基本ルール】 ・「I-LAND」と「グラウンド」の2つの建物があり、I-LANDの定員は12名。グラウンドには残りの11名が所属する。 ・I-LANDから脱落者が出たら、それと同じ人数がグラウンドから補充される。(常にI-LANDは12人) ・デビューできるのはI-LANDに最終的に残されたメンバーのみ。 ・毎回行われるテストパフォーマンスの点数で、I-LANDから降格する人数が決まる。 ・I-LANDからの降格者はアイランダー自身の投票で決まる。 ・グラウンドからの補充者は審査員の協議で決まる。※ただし、上記基本ルールはテストによって変わることがある
  • #9:【PART2】熾烈な「相性テスト」

    1時間18分2020年8月28日放送

    【#9 みどころ】 次世代K-POPアーティスト誕生の過程を描く観察型リアリティー番組。 2回目のテストは「相性テスト」。2チームに分かれ、異なるメンバーたちの魅力を組み合わせてステージ上で最高のシナジー効果を披露する。 このテストはグローバル投票で脱落者1名が決まるが、プロデューサー陣の評価が一番高かったアイランダーは、投票数が2倍になる特別ルールが発表された。 2回目のテストに向け渾身のステージを見せる2チーム。果たしてプロデューサー評価1位だったのは? 次週はボーイズグループ「SEVENTEEN」も登場! 【I-LAND基本ルール】 ・「I-LAND」と「グラウンド」の2つの建物があり、I-LANDの定員は12名。グラウンドには残りの11名が所属する。 ・I-LANDから脱落者が出たら、それと同じ人数がグラウンドから補充される。(常にI-LANDは12人) ・デビューできるのはI-LANDに最終的に残されたメンバーのみ。 ・毎回行われるテストパフォーマンスの点数で、I-LANDから降格する人数が決まる。 ・I-LANDからの降格者はアイランダー自身の投票で決まる。 ・グラウンドからの補充者は審査員の協議で決まる。※ただし、上記基本ルールはテストによって変わることがある
  • 【#10 みどころ】 次世代K-POPアーティスト誕生の過程を描く観察型リアリティー番組。 2回目のテストの中間発表で最下位だったジェイは、今回自分が脱落するのではと覚悟を決める。 3回目のテストグループを決めるための小ミッションでは、ボーイズグループ「SEVENTEEN」が視察に訪れる。小ミッション1位のアイランダーには、3回目のテストで曲とメンバーを選べる権利が与えられた。 そしてついに2回目のテストのグローバル投票結果が発表! 2人目の脱落者にアイランダーも号泣の展開に…。 【I-LAND基本ルール】 ・「I-LAND」と「グラウンド」の2つの建物があり、I-LANDの定員は12名。グラウンドには残りの11名が所属する。 ・I-LANDから脱落者が出たら、それと同じ人数がグラウンドから補充される。(常にI-LANDは12人) ・デビューできるのはI-LANDに最終的に残されたメンバーのみ。 ・毎回行われるテストパフォーマンスの点数で、I-LANDから降格する人数が決まる。 ・I-LANDからの降格者はアイランダー自身の投票で決まる。 ・グラウンドからの補充者は審査員の協議で決まる。※ただし、上記基本ルールはテストによって変わることがある
  • 【#11 みどころ】 次世代K-POPアーティスト誕生の過程を描く観察型リアリティー番組。 3回目のテストに向け波乱のメンバー入れ替えも行われ、新たな体制で本番までの日々を練習に打ち込むアイランダーたち。 少しずつ人がいなくなり、次は自分ではないかという不安も垣間見せながら、デビューに向け新たに決意を固くする者も。 そして3回目のテストがついに開催! プロデューサー陣の選択による脱落者は果たして誰になるのか? 【I-LAND基本ルール】 ・「I-LAND」と「グラウンド」の2つの建物があり、I-LANDの定員は12名。グラウンドには残りの11名が所属する。 ・I-LANDから脱落者が出たら、それと同じ人数がグラウンドから補充される。(常にI-LANDは12人) ・デビューできるのはI-LANDに最終的に残されたメンバーのみ。 ・毎回行われるテストパフォーマンスの点数で、I-LANDから降格する人数が決まる。 ・I-LANDからの降格者はアイランダー自身の投票で決まる。 ・グラウンドからの補充者は審査員の協議で決まる。※ただし、上記基本ルールはテストによって変わることがある
  • 【#12最終回 みどころ】 次世代K-POPアーティスト誕生の過程を描く観察型リアリティー番組。 ついにデビューする7人が決定するファイナルステージに。 7人のうち6人はグローバル視聴者の投票で、1人はプロデューサー陣の選択で決まる。 プロデューサー陣、そしてBTS、TOMORROW X TOGETHERが見守る中、渾身のステージを繰り広げる9人。果たして勝利の女神は誰に微笑むのか!? 号泣と感動のラスト回! 【I-LAND基本ルール】 ・「I-LAND」と「グラウンド」の2つの建物があり、I-LANDの定員は12名。グラウンドには残りの11名が所属する。 ・I-LANDから脱落者が出たら、それと同じ人数がグラウンドから補充される。(常にI-LANDは12人) ・デビューできるのはI-LANDに最終的に残されたメンバーのみ。 ・毎回行われるテストパフォーマンスの点数で、I-LANDから降格する人数が決まる。 ・I-LANDからの降格者はアイランダー自身の投票で決まる。 ・グラウンドからの補充者は審査員の協議で決まる。※ただし、上記基本ルールはテストによって変わることがある