第4話 追加ルールの結末

THE ORIGIN - A, B, Or What? | 本編第4話 追加ルールの結末

50分2022年

  • アイドルデビューを夢見る13人の練習生が望むバランスサバイバルオーディション、THE ORIGIN。チームAとBに別れて披露するパフォーマンスを、5人のバランサーと観客が審査し、勝敗とエース、デスを決定。負けたチームのデスは脱落することに。1ラウンドの勝者は爆発するエナジーで魅せるチームAか、切れ味抜群のダンスを披露するチームBか?そして最終的にデビューするのは?究極のバランスゲームが、今始まる!
  • THE ORIGINの1ラウンドはBチームが勝利する。喜びと悲しみが交差する中で続く2ラウンドのテーマはPR争奪戦。5人のバランサーと112人の観客の心を、より奪うチームが勝利を掴む。他とは異なる魅力を振りまいたチームBと、迫力ある切れ味抜群のダンスを披露したチームA。1ラウンドを制したチームBが逃げ切るのか、もしくはチームAの逆転勝利か?そして、最初の脱落者となるのは?
  • 2ラウンドのテーマはコンセプト。1ラウンドでエースに選ばれたパク・ジェフンとオ・ジュンソクがリーダーとなり、各チームメンバーを選択する。パク・ジェフン率いるチームAは、刺激的なイメージのソルティをコンセプトに、オ・ジュンソク率いるチームBは、爽やかなイメージのスイートをコンセプトに先輩アイドルTHE BOYZの曲でステージを準備することに。運命をかけた2ラウンドがついに開幕!
  • 第4話 追加ルールの結末

    50分2022年

    ソルティコンセプトのチームAは強烈でカッコよく、スイートコンセプトのチームBは爽やかで愛らしいステージを披露し、正反対の魅力をアピールした両チーム。2ラウンドで負けたチームは全員脱落するが、特別ルールにより勝ったチームのデスと負けたチームのエースが交代し、2人の運命が入れ替わることに。そして結果発表後、意気消沈する負けたメンバー達。彼らはこのまま終わってしまうのか・・・?
  • 2ラウンドで負けた6人が敗者復活戦に挑む。最年少でチームBのリーダーとなったパク・ジェフンは自作ラップを、周囲の期待を背負うヤン・ドンファは自身の高音を生かすボーカルを披露する。そして2連敗のチョン・スンファンは、デビューへの切実な思いを込めてダンスを準備するが...6人中2人がデスに選ばれて脱落する「生存バランス」。絶賛と酷評が飛び交う中、運命のファイナルラウンドに進出する4人は一体誰なのか?!
  • 敗者復活戦を勝ちぬき、10名までに絞られた練習生。最終ラウンドはバランサーの持ち曲であるINFINTE「BTD」、GOT7「hard carry」を披露する。本人も大変だったと口にするほど難易度の高いダンスに苦戦するメンバーたち。さらにゲストバランサーにパク・ジェボム、Apink、VICTONを招いて最終メンバー選定をかけた熾烈な戦いが幕を開ける!
  • バトルラウンドの勝者と各チームのエースとデスが発表され、ファイナルステージへの緊張が高まる一方で、練習生達は今までの疲れを癒してもらうためヒーリング旅行に出かけることに。サプライズゲストのパク・ジェボムからアドバイスをもらう夢の様な時間の後、お互いが感謝の気持ちをビデオレターで伝え合い、10人の絆は益々深まる。そしてつかの間の休息を終えた彼らは、ついにファイナルステージに挑む!
  • ファイナルラウンドのラストは、練習生10人全員でステージを披露する「オリジンラウンド」。今回、観客は心を奪われた個人に投票し、バランサー達は個別にエースとデスを選択する。全体の総合点により上位7人のデビューが確定、3人は脱落する事に。最後のミッション曲は、THE ORIGINのシグナルソング「RUN」。選抜メンバーのみが歌える曲で彼らの運命が決まるが、結果は予想外の展開に...果たしてデビューするのは?