テレメンタリー2018 | 本編

縄文 祈りの木柱列 ~日本海巨木文化の謎を追う~

25分2018

マイビデオ

詳細情報

石川県の能登半島にある真脇遺跡には、10本の巨大な柱が円を描いてそびえ立つ。環状木柱列と呼ばれる謎の遺跡だ。「集会場」「住居跡」など様々な推測がなされているが、何に使われていたのか分かっていない。そして遺跡からは、足の踏み場もないほど大量のイルカの骨が見つかっている。木柱とイルカの骨は関係があるのか?最新の考古学や文化人類学からこの謎を解明しようと試みる。そこから見えてきたのは、縄文人の精神世界だった。

キャスト

  • ナレーター:鈴木省吾

スタッフ

  • 北陸朝日放送

(C)テレビ朝日Abema News