株式会社ニシノコンサル | 本編

#25:家族経営の老舗飴屋の売上をUPさせる方法は!?飴は会話ツールになる?

54分2019年3月8日放送

マイビデオ

詳細情報

今回のクライアントは、鵜飼やっこ飴本舗の鵜飼大輔さん。
岐阜県で86年続く老舗の飴屋さん。飴は全て昔ながらの製法で職人の手作り!
初代の頃はなんと年商1億円越え!それが三代目の父親の現在は670万円まで下がってしまい、いつ潰れてもおかしくない状況。
そこで、今回の相談内容は“実家の飴屋の売上をあげたい!”
このお悩みにブレーンとして向き合うのは、SHOWROOM代表・前田裕二。

そもそも売上下がった原因は大きく2つ
①時代やニーズの変化
②後継者(職人)不足
この原因を解決するべく西野と前田の出した解決策とは!
前田が飴は飲食店などで“コミュニケーションを取るのに優秀なツール”なのでそこを狙うことを提案!
さらに、普通の飴ではなくお店ごとのオリジナル飴でオリジナルの絵をセットで販売を提案!早速その場でスナックCandyに置くことが決定!

収録終了後オンラインサロン上でスナックCandyに置く飴のデザインコンペが行われました!果たしてどのようなデザインが完成したのか…

そして以前コンサルしたクライアントの経過報告!
今回は「選手を有名にしてフットサル・Fリーグを盛り上げたい!」と相談に来た立川・府中アスレティックFC所属の皆本晃選手と、マネージャーの権東しょうこさんが現在どのような活動をされているのか、実際にスタッフが会いに行ってきました!
どのような活動をしていたのか放送をお楽しみに!!

キャスト

  • 西野亮廣(キングコング)
  • 前田裕二(SHOWROOM代表)
  • 安藤咲良
  • クライアント:鵜飼大輔(鵜飼やっこ飴本舗)

スタッフ

    (C)AbemaTV