#3 君が、いなくなった【ビデオ限定 るあげ&ともあい制服Wデート③】

恋する♥週末ホームステイ  2020夏 | 本編#3 君が、いなくなった【ビデオ限定 るあげ&ともあい制服Wデート③】

1時間8分2020年7月14日放送

  • ■みどころ 2020夏の恋が始まる。前シーズンから引き続き参加の『ここ』『とらい』の2人、今シーズンから加わる『あゆか』『アスカ』『まさひろ』『いっせー』の4人。 出会った彼らに早速、切ない「新ルール」が告げられる。さらに「想定外」の出来事が…
  • ■みどころ 衝撃のリベンジ女子参戦にザワつく『まさひろ』の心。一方、第一印象で『いっせー』を選んでいた『あゆか』に心境の変化が。そしてある女子とライバル関係が生まれる。
  • #3 君が、いなくなった【ビデオ限定 るあげ&ともあい制服Wデート③】

    1時間8分2020年7月14日放送

    ■みどころ 2週目のホームステイ、誰かにとっては最後の週末になる。だがいきなりアクシデントが発生。さらに新メンバーで“高身長ハーフ王子”が登場。このことが大きな波乱を生むことになる。
  • ■みどころ 「ここで告白できたらなぁ…」2週目の週末も残りわずか。「チケット4枚」のメンバーは告白して去ることになる。さらに「告白するための赤チケット」を持たないメンバーも明らかになる。
  • ■みどころ 『とらい』が帰ってきた!久しぶりの8人で過ごす週末、そして8人で過ごす最後の週末。過ぎていく最後の夜、恋心と友情が絡み合い感情が爆発する。
  • ■みどころ 5日目、みんなで過ごす最後の夜。“告白するか、しないか”覚悟を決めるため激しく想いを伝え、確認しあう。翌日、ついに告白の舞台へ。雨のち晴れの夏の恋の結末。
  • ■みどころ 『りっきー』を残し、旅を終えた6人。新しい週末、新しいメンバーが集まった。短い夏を惜しむように初日から激しく動く恋模様。まるで花火のような鮮やかさと刹那、真夏の新章が始まる。
  • ■みどころ 『とむ』に積極的にアタックする『ひな』、想いを寄せながらも一歩踏み出せない『はるか』。一方、『りっきー』と『さくちゃん』は急接近。真夏の恋はいきなりアツい。
  • ■みどころ 『とむ』に積極的に想いを伝える『はるか』、ゆっくりと恋心を育む『さくちゃん』と『りっきー』。だが新しい週末で「まさか…!」な出来事が。真夏の恋は一筋縄ではいかない。
  • ■みどころ 即リベンジの2人の激震で大きく変わった恋模様。そんな中、2週間チケットの『とむ』は告白。『はるか』にもらったミサンガが意味する「美しい結末」。『ここあ』『がくと』『りっきー』『ひな』『さくちゃん』、それぞれが思う“美しい結末”ってなんだろう?
  • ■みどころ 告白直前、最後の週末。少しずつズレていった想いに苦悩がにじむ。そんな中、『がくと』は大きな決断を下す。その決断は運命を大きく変えるバトンとなっていく。まもなく訪れる旅の終わり、夏の恋は最後に輝く。
  • ■みどころ 夏の旅が終わり、告白のときを迎える。託された告白チケット、変わらない想い、止められない気持ち。全ての想いが花火のように晩夏の夜空を彩る。
  • あの頃、ぼくたちが過ごした“特別な週末” 少し背伸びして、本当はドキドキしてた。 そして、19になった。 少し大人になったぼくたちに届いた1枚のチケット あの頃とは少し違って見える景色、10代最後の旅。 ぼくたちもう一度恋をする、、のかな?
  • あの頃、ぼくたちが過ごした“特別な週末” 少し背伸びして、本当はドキドキしてた。 そして、19になった。 少し大人になったぼくたちに届いた1枚のチケット あの頃とは少し違って見える景色、10代最後の旅。 ぼくたちもう一度恋をする、、のかな?
  • あの頃、ぼくたちが過ごした“特別な週末” 少し背伸びして、本当はドキドキしてた。 そして、19になった。 少し大人になったぼくたちに届いた1枚のチケット あの頃とは少し違って見える景色、10代最後の旅。 ぼくたちもう一度恋をする、、のかな?
  • ■LAST TICKET概要 『3週間と5週間』 運命の恋チケットに決められた“恋する週末”の時間 ともやを想い続けた、あいり 迷いを振り切れなかった、ともや “あと、ほんの少し”繋がらなかった2人の気持ち いじわるな神様がくれた、1枚だけの特別なチケット それは、“あと、ほんの少し”を変えるかもしれない『LAST TICKET』だった
  • ■LAST TICKET概要 『3週間と5週間』 運命の恋チケットに決められた“恋する週末”の時間 ともやを想い続けた、あいり 迷いを振り切れなかった、ともや “あと、ほんの少し”繋がらなかった2人の気持ち いじわるな神様がくれた、1枚だけの特別なチケット それは、“あと、ほんの少し”を変えるかもしれない『LAST TICKET』だった