#1 処女卒業17.3歳。ウチらはどうする?

17.3 about a sex | 本編#1 処女卒業17.3歳。ウチらはどうする?

30分2020年9月17日放送

  • 咲良(永瀬莉子)は高校の同級生・劉生(新原泰佑)と付き合ってからもうすぐ1ヶ月が経つ。まだキスの間どんな顔をしていいかも分からない咲良だったが、最高に幸せな毎日を過ごしていた。 ところがそんな日常は、劉生の「いつも外だし、家デートしようよ」という一言で激変する。 咲良は親友の紬(田鍋梨々花)、祐奈(秋田汐梨)に劉生から誘われたことを告白。「初体験の世界平均年齢は17.3歳」という事実を知り、衝撃を受ける。そしてまさに今の自分たちだと焦りを感じる。 3人で勝負下着を買いに行き、劉生との初体験に備える咲良。それでも不安を拭えない咲良は「セックス前日に準備しておくべき7ヶ条」というページをチェックする。 そして運命の日。劉生の家にあがった咲良は、ベッドに押し倒され……
  • これまで誰とも付き合ったことがない紬(田鍋梨々花)は、人を好きになる気持ちがわからない。「そもそもセックスってしなきゃだめなわけ?」と咲良(永瀬莉子)と祐奈(秋田汐梨)に言い放ち、自分が周りと違うことに不安を覚える。そんな時、偶然その場を通りかかった幼馴染の康太(藤枝喜輝)と再会する。 康太と紬は中学卒業以来の再会で、二人は去り際に連絡先を交換する。帰宅後、早速康太からラインが届き、映画に誘われる。咲良たちにその話をすると、絶対に行った方がいいと背中を押され、紬は康太と映画に行くことに。 映画を観終わり感想を言い合う二人。紬が帰ろうと立ち上がったその時……
  • IT企業勤務、イケメン、26歳。それがマッチングアプリで出会った、祐奈(秋田汐梨)の新しい彼氏。経験人数5人だというと咲良(永瀬莉子)も紬(田鍋梨々花)も驚く。紬はビッチだというが、好きな人とセックスをして何が悪いのか、祐奈にはわからない。 ある日、祐奈がトイレで「痛っっ!!」と声をあげる。授業中にもお腹が痛いと保健室に駆け込む祐奈を、咲良と紬は心配そうに見守る。 「まさか、妊娠とかじゃないよね…?」 紬の言葉に不安になった咲良は、生物準備室に城山(ソニン)を訪ねる。だがそこに城山はおらず、現れたのは同級生の悠(水沢林太郎)だった。すると悠は……
  • 夜、母親・亜紀(藤原紀香)の部屋から聞こえる唸り声のような音を不審に思う咲良(永瀬莉子)。 紬(田鍋梨々花)と祐奈(秋田汐梨)に相談すると、「それ、お母さんがバイブ使ってるんじゃない?」と意外な答えが。だが咲良の母は動物の交尾シーンでもチャンネルを変えたり、生理を「月のもの」と表現するほどで、バイブを使うなどありえない。ある日、咲良が見当たらない靴下を探して母のタンスを開けると、奥からバイブが出てきた。スイッチを入れると、あの夜と同じ音が部屋に鳴り響く。振り返るとそこに母がいて、咲良はバイブを持ったまま家を飛び出してしまう。昼休み、走ってきた男子とぶつかった咲良。彼女のかばんから出てきたバイブに、クラスメイトたちは騒ぎはじめ……
  • 悠(水沢林太郎)に好きだと告白された咲良(永瀬莉子)だが、彼がバイセクシャルだと知り戸惑い、距離をとってしまう。後日、学校の裏掲示板サイトに悠を誹謗中傷する書き込みが。咲良たちは、悠がバイセクシャルだと話していたファミレスで、誰かにそのことを聞かれていたのではと落ち込む。自分のせいで悠が酷い目にあっていると思った咲良は必死で悠に謝るが、そんな咲良に悠は何も言わず立ち去ってしまう。そして悠はその後、衝撃の行動に出る......
  • 祐奈(秋田汐梨)は貴大(石川雷蔵)との初セックスの機会を迎えるも、貴大は途中で機嫌を悪くして帰ってしまう。祐奈はブラジャー姿になった時に貴大が行為をやめたことから、自分の胸の大きさが原因だと思い悩む。紬(田鍋梨々花)は「胸の大きさで良し悪し判断されるとか最低」と憤り、咲良(永瀬莉子)も悠(水沢林太郎)に「巨乳って正義?」とあたってしまう。祐奈は貴大の浮気を疑い、下校途中を尾行することに。男女グループにまじり楽しげに帰る貴大だったが、やがてひとりになると怪しいビルに入って行こうとする。そこはなんと、巨乳の風俗店で......
  • バスで携帯に男性の下半身写真を送り付けられるという、新手の痴漢に遭った紬(田鍋梨々花)。紬は男性のこうした行いを心底軽蔑している。紬の家は父子家庭で、「彼氏がいるなら紹介しろ」「どこに嫁に行っても恥ずかしくない」とことあるごとに父が干渉してくるため、日々、父と衝突し、ずっと家を出たいと思っていた。そんな時、生物教師の城山(ソニン)から、大学主催のスピーチコンテストに出てみないかと誘われる。テーマは【17歳の私が社会に言いたいこと】。優秀賞受賞者にはその大学の推薦入学と奨学金がもらえると知った紬は、家から離れるチャンスだと思い、出場を決意する。そして、コンテスト当日。紬たちはバスに乗って会場に向かうのだが……
  • 咲良(永瀬莉子)たちの同級生・遠藤成美(中村守里)の妊娠が発覚。それも相手が咲良の元カレ・劉生(新原泰佑)と知り、紬(田鍋梨々花)、祐奈(秋田汐梨)も驚きを隠せない。学校からの帰り道、産婦人科から出てきた成美と偶然会った咲良。子供をどうするのか尋ねると、妊娠22週を過ぎていて堕すことはできないという。「咲良じゃなくて良かったね」と成美に言われるも、劉生から逃げていなかったら自分が妊娠していたかもしれないと思った咲良は何も言い返せない。 成美は成績優秀で、大学進学をして教員免許をとるのが夢だった。そんな成美が退学になると聞いた咲良は、ある行動に出る……
  • 隠していたコンドームが母・亜紀(藤原紀香)に見つかってしまった咲良(永瀬莉子)。激怒した母に問い詰められた咲良は家を飛び出し、その日は祐奈(秋田汐梨)と紬(田鍋梨々花)の家に泊まることに。翌日、学校で悠(水沢林太郎)にもう家に帰りたくないと話すと、「俺も一緒に帰ろうか」と意外な言葉を投げかけられる。悠の性についての話になるかもしれないと伝えるも「俺は大丈夫だから」と、悠は堂々と答える。そして二人は母が待つ咲良の家へ。気まずい沈黙が続く中、3人の話し合いは、思わぬ方向へ……