プリマドール

アニメ

マイリスト
  • 終戦後、穏やかな空気に包まれる皇都。 『黒猫亭』それは五区にある、人形たちが給仕をする喫茶店。 ある桜の舞う夜、【灰桜】は目覚める。 そこで出会うのはたくさんの仲間と、小さな友達・千代ちゃん。 新しい役目と共に、はじめての旋律を口ずさんでいく。 灰桜「わたしは皆さんのお役にたつ自律人形(オートマタ)です!」
  • 卵の入荷が無くて、料理が作れない? 引き揚げ軍人が増えて、世間は物資不足の様子。 灰桜は、クールな人形【月下】と一緒に買い出しへ。 皇都の賑わいに圧倒されつつ、卵を求めて奔走する。 どうやら月下は卵には特別な思い入れがある様子。 それは従軍中の記憶で……? 月下「別の役目……馬鹿みたいであります」
  • 声の出せない自律人形【箒星】 メンテナンスを受けるが、やはり直らず、灰桜は心配する。 どうやら彼女が壊れたのは、戦時中のある出来事が切っ掛けのよう。 そんな折、皇都に一報が入る。 それは、箒星の所属していた第525歩兵連隊が皇都に凱旋するというもので……。 箒星「その歌を聞けば、万死恐れぬことなし。単なる迷信です」
  • 灰桜と箒星の歌謡ショーは大好評で、黒猫亭の売上も右肩上がり。 リーダーの【鴉羽】は喜びつつも、ちょっぴり複雑。 一緒に歌おうと誘われて、戸惑いを覚えている。 しかしナギや人形たちから背中を押されて、少しずつ前向きに。 そんなとき、皇都でまた人形暴走事件が発生して…… 鴉羽「あたしはマスターに作られたんだもの。だから命令は絶対で……」
  • おとめから持ち込まれたローベリア製自律人形【レーツェル】 ナギは解析依頼を受け、彼女を黒猫亭の一員として働かせることに。 灰桜はそんなレーツェルの教育係に指名される。 抜群の働きぶりに圧倒されるが、一方で違和感も。 どうも夜な夜などこかへ外出している様子で……? レーツェル「わたくしにとって、任務こそすべてですの」
  • 相次ぐ人形暴走事件のせいで、すっかり客足が遠のいてしまった黒猫亭。 灰桜たちは一念発起して、本格的なショーを開催することに。 歓楽街・六区へみんなで足を運んでお勉強。 新しい衣装をまとい、お店にピカピカの装飾を施して、そして人形たちならではの歌と踊りを練習していく。 灰桜「ぜひ、黒猫亭にお越しくださーい♪」
  • 大陸で見つかった【桜花】調査のため、しばらくナギは不在。 黒猫亭を任された鴉羽は、お店を盛り立てようと意欲的。 『皇都博覧会』のステージに立とうという話が持ち上がる。 歌に戸惑いのある月下。 ある月夜、こっそり練習していると、来客の老夫婦に聞かれてしまい……? 月下「人前で歌うことは出来ないであります」
  • 大陸で消息を絶ったナギ。 心配と不安から、まったく仕事が手に付かないでいる鴉羽。 彼女を案じて、黒猫亭の人形たちは計画を立てる。 それは灰桜と鴉羽が皇都を離れ、ナギを探しに大陸へ赴くというもの。 旅券を手に、常冬の国での大捜索が始まる――! 灰桜「行きましょう、大切なものを探しに!」
  • 無事、ナギを救出した灰桜と鴉羽。 一足先に、黒猫亭へと戻ることに。 名残を惜しんでいる二人の背中を、じっと追いかけてくる姿がある。 それは経歴不明の自律人形【灰神楽】 彼女の扱いに困りつつも、一時的に黒猫亭で働いてもらうことに。 しかし、その素性は杳として知れず……? 灰神楽「……ワタシの役目は……なに……?」
  • 火事により、黒焦げになった黒猫亭。 居場所を無くした人形たちは、それぞれ縁ある人たちのもとで厄介に。 それぞれの思いを抱えながらも、『皇都博覧会』のステージを迎えようとする。 一方、軍に保護された灰神楽の記憶は、少しずつ露わになって…… 箒星「新しい明日を告げる歌を、聴いてください」
  • 歌と共に暴走する灰神楽。 起動停止する黒猫亭の人形たち。 封印されていた機械人形が叛乱し、皇都は火に包まれる。 夜闇にまぎれて、逃げ続ける灰桜と千代。 僅かな寄る辺を求めて、二人はかつての居場所に戻ろうとする。 桜花「泣かないで、側にいるから……」
  • 駆動停止する灰神楽。 しかし、暴走した機械人形は止まらない。 灰桜はその身を挺して、皇都中の人形を停止させようとする。 彼女の元に駆けつけようと急ぐ黒猫亭の人形たち。 灰桜「わたし、知りたいです。自分のこと、自分の役目のこと……」