孤独のグルメ

孤独のグルメ

ドラマ

「思わずお腹が空いてくるかも?」人気グルメコミックをドラマ化

ただ料理のうんちくを述べるのではなく、ひたすらに主人公の食事シーンと心理描写をつづり、ドキュメンタリーのように淡々とストーリーが流れていく原作人気マンガ、「孤独のグルメ」を実写化。五郎が立ち寄る美味しい“お店”は原作に登場するお店ではなく、実在する“味な店”を、毎回番組スタッフが自らの足で探している。また、原作者・久住昌之氏はシナリオに協力するほか、音楽も自ら手掛けるなど、番組製作に意欲的に参加。ドラマの舞台になった街やお店を訪れながらトークをするという内容で、ドラマ後の番組コーナーに出演する。