TWO WEEKS

ドラマ

マイリスト
  • 結城大地(三浦春馬)は人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしている男。そんな彼の前に、心の底から愛していながらも別れを告げた青柳すみれ(比嘉愛未)が現れ、娘・はな(稲垣来泉)を産んでいたこと、そして8歳になるはなが白血病であることを告げられる。 戸惑いながらも、初めて会ったはなを前にいとおしさを覚える結城。さらに、ドナーに適合したことで自分が生きる意味を見いだす。 一方、検事・月島楓(芳根京子)は父親を死に追いやった8年前の事件の復讐をするため、独自に捜査を進めていた。そんな中、楓の協力者が変わり果てた姿で見つかり、遺体発見現場にいた結城が逮捕された。このままでは2週間後の骨髄移植手術を行えないと考えた結城は逃亡に身を投じる。
  • 結城(三浦春馬)が殺害したとされるホステス・柏木愛(立花恵理)を協力者として、実業家・柴崎要(高嶋政伸)を内偵させていた楓(芳根京子).は、彼女の死の真相を探ろうとしていた。するとひょんなことから、愛の遺品の中に以前渡したはずのデジカメがないことに気づき、そこに柴崎の弱みが隠されているのではないかと考える。 その頃、検問をかいくぐって逃亡したものの有馬(三浦貴大)たち警察に追い詰められ行き場を失った結城は、人気のない場所に身をひそめながら8年前のことを思い出していた。脳裏にある男の顔が思い浮かぶが、次の瞬間、巡回中の警備員に見つかり...。
  • 雑木林で警察に追い詰められた結城(三浦春馬)は、謎の男・灰谷(磯村勇斗)に窮地を救われる。なんとかその場から逃げ出した結城は、一人暮らしの老女・北村義江(倍賞美津子)の家にたどり着く。結城が世間を騒がせている逃亡犯だと気づいた義江は...。 その頃、結城の行方を追っていた楓(芳根京子)は、雑木林で灰谷に遭遇し見覚えのあるその顔に表情が凍りつく。 一方、すみれ(比嘉愛未)は結城が殺人を犯し、そのうえ護送車から脱走したと知りがくぜんとしていた。 今回の事件の鍵が、殺された柏木愛(立花恵理)のデジカメに隠されていると悟った結城は、受け渡しのために同居人のサトル(森永悠希)と会う約束をするが...。
  • 結城(三浦春馬)は、柴崎(高嶋政伸)を追い詰めるための手立てを失い途方に暮れる。そんな中、公園で若者たちに絡まれている春川(柿澤勇人)を助ける。住居を転々としながら生活をする春川の手助けを受け、手術の日まで人目につかない離島に身を潜めようと考えるが...。 その頃、楓(芳根京子)は、8年前に結城の婚約者だったすみれ(比嘉愛未)の存在にたどり着く。しかし同じころ、柴崎もまた、すみれの居場所を突き止めていた。 一方、結城の身辺を調べていた有馬(三浦貴大)は、結城に接触したという女性がすみれで、結城こそがはなのドナーなのではないかと疑いを抱き始め...。
  • 有馬(三浦貴大)の発砲により、結城(三浦春馬)が海へ転落した。警察は必死になって行方を追うが、翌日になっても足取りはつかめず、水死の可能性も視野に入れ始める。 港に打ち上げられ、室岡峻治(村上淳)親子に助けられた結城は室岡の顔を見て、9年前のあることを思い出しハッとする。 その頃、結城の安否が分からず絶望するすみれ(比嘉愛未)のもとに、楓(芳根京子)が訪ねてくる。楓にわずかな望みをかけたすみれは、結城が電話で無実を訴えていたことを明かし、はな(稲垣来泉)のために、結城を助けてほしいと懇願。すみれの話から、楓は結城が逃げながら冤罪を晴らそうとしているのではないかと考え...。
  • 柴崎(高嶋政伸)の元から逃げ出した結城(三浦春馬)を助けたのは、駆けつけた楓(芳根京子)だった。楓は自らが8年前に結城が殺害したとされる被害者の娘だと明かし、検事の自分を信用してほしいと訴える。 2人が接触したことを知った柴崎はデジカメが検察に渡ることを恐れ、ある人物に電話をかけていた。一方、楓は柴崎の行動から警察や検察に内通者がいるのではないかとにらむ。 翌日、結城がすみれ(比嘉愛未)の元に現れる。楓から、8年前の結城の決断は自分を守るためだったことを聞かされていたすみれは、結城の頼みを聞き入れる。しかしそこへ、はなの様子を心配した有馬(三浦貴大)がやって来て...。
  • 結城(三浦春馬)がデジカメを手に入れ、その動画を見た楓(芳根京子)は衝撃のあまり放心状態に。すると次の瞬間、灰谷(磯村勇斗)が2人に襲いかかる。 すみれ(比嘉愛未)から結城が8年前と今回の事件で無実の罪を着せられ、命をも狙われていると聞いた有馬(三浦貴大)は、すみれが元恋人を案じていることにショックを受ける。 そんな中、柴崎(高嶋政伸)が結城の友達を名乗りはなの病室に侵入。薄汚いやり方に、はなを利用されたと怒り心頭の有馬は柴崎のオフィスへ向かうが...。 一方、柴崎に対抗する手立てを失った結城は、楓に出頭すると告げる。しかし、そこにはある思惑があった。
  • はな(稲垣来泉)の手術まであと5日、何としても身の潔白を証明したい結城(三浦春馬)は、その思いを有馬(三浦貴大)に託す。 取り調べで灰谷(磯村勇斗)と対峙した有馬は、これまでの罪を認めさせ、背後にいる柴崎(高嶋政伸)の悪事を暴こうとするが、黒幕・早穂子(黒木瞳)からの圧力もかかり...。 圧倒的な力の前に手も足も出ない結城は焦りを覚えていた。するとそこへ、はながすみれ(比嘉愛未)の目を盗んで電話をかけてくる。「会いたい」と言ってくれる娘のため、次なる一手を思いつく。結城は柴崎の片腕である久留和(池田鉄洋)に目をつけ...。
  • 柴崎(高嶋政伸)の部屋を後にした結城(三浦春馬)は、去り際に柴崎がつぶやいた不気味な一言が気になっていた。 灰谷(磯村勇斗)の一件といい、早穂子(黒木瞳)の権力の強さを見せつけられた結城。楓(芳根京子)から早穂子に重度の心臓病を患った息子がいると聞き、早穂子と直接交渉することに。そしてある取引を成立させるが、その様子を何者かが見ていて...。 一方、すみれ(比嘉愛未)は病床で父親を恋しがるはな(稲垣来泉)の姿に複雑な思いを抱いていた。これまで通り結城を憎むことはできないが有馬(三浦貴大)への恩も捨てられない。そんなことを考えていた矢先、すみれの前に柴崎の部下が立ちふさがり...。
  • すみれ(比嘉愛未)の救出に奔走する結城(三浦春馬)を横目に、柴崎(高嶋政伸)は、はな(稲垣来泉)を病院から連れ出し監禁。結城が苦しむ姿を楽しむかのように、元恋人と娘どちらを助けるか選べと迫る。答えを出せない結城は苦悶の表情を浮かべ、その場に立ち尽くしてしまう。するとそこへ有馬(三浦貴大)から連絡が...。 有馬の言葉に背中を押された結城は再び走り出す。警察もまた、楓(芳根京子)の証言をもとに柴崎の逮捕に動き出し、早穂子(黒木瞳)のもとにも大勢のマスコミが押し寄せる。 2週間にわたる逃亡の末、結城を待っているのは幸せな未来か、それとも...