サヨナラまでの30分

映画

サヨナラまでの30分

サヨナラまでの30分

1時間55分2020

メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。 1年後のある日、突然大学生の颯太が現れ、 メンバーのヤマケン、重田、森の日常にずかずか踏み込み再結成を迫る。 誰をも魅了する歌声を持ち、強引だがどこか憎めない颯太に、少しずつ心を動かされていくメンバーたち。 実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった! 偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わる事ができ、1つの体を共有していく。 人づきあいが苦手で、はじめはアキを毛嫌いしていた颯太。 「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。 30分ごとの入れ替わりを何度も繰り返す、正反対の2人の共同生活がスタート。 ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知る。 アキも颯太の体を使ってバンドを復活させ、音楽のある生活を取り戻したが、 「ECHOLL」を去った恋人・カナだけは戻ってこない。 カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。 そんな日々の中で颯太もカナに心惹かれていき、カナもどこかアキの面影を感じる颯太に、心を開き始める。 すべてがうまくいくように見えたが、ふとした事から颯太=アキなのではないかとカナは気が付いてしまう。 一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていく——