この世で俺/僕だけ

映画

この世で俺/僕だけ

この世で俺/僕だけ

1時間49分2014

かつてバンドを組み、パンクな魂と共に生きていた伊藤博(マキタスポーツ)。彼のこころにはいまも「弾丸アームストロング」という曲が鳴り響いているが、 現実は、上から押しつけられる仕事を淡々とこなす、中年サラリーマンのしがない日常が転がっているだけだった。 仲間と一緒に、カツアゲをつづけている不良高校生、黒田甲賀(池松壮亮)。彼の根底にあるのは、警察官の父親、晃司(羽場裕一)への屈折した想いだったが、 それを吐き出す機会はなかなか訪れなかった。縁もゆかりもないふたりは、けれども、ある朝、同じテレビ番組で、ある「ラッキーアイテム」に出逢う。 伊藤は、その「ラッキーアイテム」に従って、コンビニの前に停めてあった車を強奪。それを「感じた」甲賀も、突き動かされるように、バイクで車を追った。 黒田は伊藤を捕まえ、車の主に、車を返そうとするが、車の後部座席に置かれた段ボール箱に赤ん坊がいたことから、異変を感じる。 車の主である、怪しげな男は、ほんとうにこの子の父親なのか?取り引き現場に現れた、強面の男たちから、直感で逃げ出す伊藤と甲賀。 ふたりは、やがて、赤ん坊が、この街の再開発に反対する政治家、大隈泰三(野間口徹)の子供であり、彼の立候補を阻もうとする市長、犬養亨(佐野史郎)の指示で、 ヤクザ、浜口英雄(デビッド伊東)が行なった偽装誘拐であることを知る。このままでは、自分たちが誘拐犯に仕立て上げられてしまう!