真心が届く~僕とスターのオフィス・ラブ!?~

韓流・華流

マイリスト
  • 第1話

    1時間10分2019年

    元トップ女優だったユンソは、麻薬スキャンダルに巻き込まれて芸能界から干されていた。家でのんびりとビタミン剤をのもうとしていた時、マネージャーのヒョクジュンが現れる。世を悲観して服毒自殺を図っていると勘違いしたヒョクジュンは、ユンソが持っていたビタミン剤を取り上げる。ヒョクジュンのかばんに入っていたドラマの台本を目にするユンソ。それは人気脚本家の作品で、自分のために持ってきてくれたと思い...
  • 第2話

    1時間4分2019年

    ジョンロクが自分に冷たいのは女が嫌いだからだと考えたユンソは、ジョンロクに単刀直入に聞く。しかしジョンロクは、女は大好きだがユンソに興味がないのだと答える。ユンソが紛失した書類を捜すジョンロクの元へユニョクが現れて、捜していた書類を渡される。自分に断りもなく書類を持っていったユニョクを責めるジョンロク。ユンソが無くしたわけではないと知ったジョンロクは、ユンソに謝罪する。
  • 第3話

    1時間7分2019年

    ジョンロクに秘書として認められたユンソは喜ぶ。すっかり気をよくしたユンソは、翌朝元気に出社する。ジョンロクと打ち解けたと考えたユンソは雑談を持ちかけるが、ジョンロクは軽く受け流し、秘書としての仕事をまとめた紙を渡す。電話の応対やコピー以外に、本格的な仕事が書かれている。弁護士の仕事を見られず、がっかりするユンソ。そんな時、ジョンロクに先輩弁護士と会う席に一緒に行かないかと誘われて...
  • 第4話

    1時間5分2019年

    ユンソの感情的な行動のおかげで、ユナの気持ちを動かすことができた。ジョンロクに褒められたユンソは、うれしくてたまらない。その褒美に、法律について教えてほしいとジョンロクに言う。その夜、電球を替えに来たヒョクジュンは、ユンソの不眠症を治療してもらうために有名な先生の予約が取れたと伝える。しかし、その日はジョンロクと勉強の約束があると言って断る。ユンソが険悪な仲の弁護士と一緒に勉強すると聞いて、ヒョクジュンは驚く。
  • 第5話

    1時間10分2019年

    ジュンギュとジョンロクはいつものようにエレベーターで出会う。ジュンギュは、いいニュースが2つあるのだと言う。1つは大事件を受任できそうなこと、もう1つは夜に会食があること。ジョンロクはどちらも興味ない様子でエレベーターを降りる。事務室に入ったジョンロクは、ユンソのデスクの周りがピンクで飾られているのを見て驚く。法律事務所には似合わないと反対しようとするが、憲法にある幸福追求権をうんぬん言われて、しかたなく承諾するのだが...
  • 第6話

    1時間6分2019年

    自分の気持ちをいつか話すつもりだとジョンロクに告げるユンソ。そのあとを追いかけるようにして、好きなのかと聞かれたユンソは焦る。ジョンロクのことが好きか聞かれたと勘違いしたユンソはどぎまぎし、どう答えたらいいのか困る。だが、サムギョプサルが好きかと聞かれたのだと知り、自分のした返事を弁明するために取り繕う。店に入りサムギョプサルを食べながら、ユンソはジョンロクに、恋愛の素質がなさそうだと言う。
  • 第7話

    1時間6分2019年

    少し特別になったという言葉をジョンロクから聞いたユンソ。家に戻ったユンソのところにジョンロクからメッセージが入る。そこには“明日のために休んで”という言葉が書かれていた。ユンソはその言葉を深読みし、ジョンロクが自分に告白するつもりなのだと考える。翌朝、ユンソが出社すると机に大きな花束が置かれていた。ジョンロクからのプレゼントだと思ったユンソは、添えられていたメッセージカードを読むのだが...
  • 第8話

    1時間11分2019年

    代表に呼び出されるユンソ。ジョンロクのせいでつらいだろうから、ユニョクの下で働くようにと勧められる。秘書室に戻ったユンソはジョンロクのことを思いながら、夜デートに誘おうと考え、カップルのデートにふさわしいレストランを検索して予約する。ちょうどジョンロクが現れて、今夜は飲みに行く約束があると伝える。ユンソが予約した画面を見たジョンロクは、誰と行くのかと聞く。焦ったユンソは、ムニと行くのだとごまかす。
  • 第9話

    1時間9分2019年

    ジョンロクは、マカロンがまずいという悪質なコメントに悩んでいる製菓店の店主から相談を受ける。そこで名誉毀損で訴えることができること、損害賠償の請求ができることなどアドバイスする。マカロンを大量に買ってもらい、ご機嫌なユンソ。事務所に戻ると、ユンソはみんなにマカロンを配る。キスを呼ぶ味と書かれているミントマカロンをヤン秘書に勧められて、ユンソはジョンロクとのキスを思い出し...
  • 第10話

    1時間11分2019年

    エレベーターに偶然乗り合わせたジュンギュとジョンロクとユンソは、他社の社内恋愛中のカップルがこっそり手をつないでいるのを見る。社内恋愛を羨ましがるジュンギュ。ユンソはジュンギュが独身だったことを初めて知る。社内恋愛はスリルがあってロマンチックだというユンソの言葉を聞いて、ジョンロクはユンソの期待に応えるため、みんなの前でこっそりとウインクをする。ユンソもウインクを返すが、それを見たジュンギュはユンソの目にごみが入ったのかと言って騒ぐ。
  • 第11話

    1時間11分2019年

    ガンジュンの車に付けられていたと知ったユンソは、ガンジュンと出会ったきっかけや、どうやって麻薬スキャンダルに巻き込まれたのかをジョンロクに話す。ジョンロクはその日、ユンソの家でひと晩を過ごす。事務所でも、うわの空のユンソをジョンロクは遊園地に連れていく。ユンソを守ると宣言したジョンロクだが、遊園地の乗り物を怖がって、ユンソを守るどころか守られる側に。綿菓子は落とすし、花火は不発で、ジョンロクは一つもいい所を見せられず...
  • 第12話

    1時間7分2019年

    ユンソが帰宅すると、突然家の中からガンジュンが現れる。自分を愛していると言うよう、ガンジュンに迫られてユンソはおびえる。ユンソを家まで送ったあと、ジョンロクはガンジュンの手下を道で見かけ、違和感を覚える。急いでユンソの家に戻り、ユンソを助け、ガンジュンは警察に逮捕される。この話がニュースで流れると、今までユンソに冷たかった世間の反応が好意的に変わっていく。
  • 第13話

    1時間10分2019年

    ジョンロクはユンソと2人きりの送別会を開き、楽しいひとときを過ごす。会社は辞めてもこの先も2人の関係は変わらないと思っていたユンソは、最後に別れを告げられてショックを受ける。翌日荷物を取りに法律事務所へ行ったユンソは、ジョンロクに改めて別れの挨拶を言われて、終わったことを再確認して泣く。ジョンロクもユンソとの別れがつらく、セウォンから酒を飲もうと誘われて行くのだが、そこにはヨルムが。自分はユンソと別れたと言い...
  • 第14話

    1時間7分2019年

    パク・スミョンの控訴審を引き受けたジョンロクは世間から非難され、法律事務所には朝から抗議の電話が殺到する。依頼もなくなり、事務所はピンチに立たされる。ジョンロクとジュンギュの仲は悪いままで、事務所の雰囲気も良くない。ジョンロクはジュンギュの部屋へ行き、退職願を出す。謝りに来たと思っていたジョンロクから退職願を出されて、ジュンギュは腹を立てる。その日の夜、セウォンの仲裁で和解し、事務所は全員でパク・スミョン事件の解決に取り組む。
  • 第15話

    1時間8分2019年

    ユンソは、よりを戻したいとジョンロクに言う。好きなのに別れを選んだジョンロクは、結局自分もユンソを愛していることを伝えて、2人は元の関係に戻る。以前よりももっと2人の絆は強くなり、二度と別れるのはやめようと約束する。その夜、ジョンロクはユンソの家に泊まる。翌朝、起きると、突然ヒョクジュンが家にやって来る。撮影は午後からのはずだったが、時間が変更になったため迎えに来たのだ。ジョンロクは慌ててトイレに隠れるのだが...
  • 最終話

    1時間8分2019年

    ユンソの家に泊まったジョンロクが朝、自宅に帰るとセウォンがいた。ユンソを忘れるためにジョンロクが仕事に没頭して徹夜したのだと勘違いしたセウォンは、ヨルムにそのことを話す。失恋のつらさは新しい恋で癒やすものだと考えたヨルムは、ジョンロクに自分の後輩を紹介しようとセウォンに提案する。セウォンにコーヒーを飲もうと誘われたジョンロクがカフェへ行くと、ヨルムの後輩がやって来る。そこにユンソも現れて...