王位戦

将棋

第61期 王位戦 予選 斎藤慎太郎七段 対 藤井聡太七段 1/2

第61期 王位戦 予選 斎藤慎太郎七段 対 藤井聡太七段 1/2

3時間37分2019年12月27日放送

勝者が王位戦リーグ入り決定!2人の対戦成績はこれまで2戦し、斎藤七段が2勝0敗、藤井七段は苦手の相手としている。斎藤七段はタイトルを1期で無冠となってしまったがこれからもタイトルを積み上げて欲しいファンの想いを込めて!藤井七段は惜しくもタイトル挑戦が2019年はあと1歩ならなかったが、2020年にタイトル戦登場をファンは期待しており、本棋戦は最年少タイトル挑戦、の可能性を秘めている!木村一基王位への挑戦へ向けて、大注目の一戦。 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行います。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行います。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行います《3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる》。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決めます。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行います。王位とその挑戦者決定戦の勝者が、例年7月から9月にかけて七番勝負を行います。
第61期 王位戦 予選 斎藤慎太郎七段 対 藤井聡太七段 2/2

第61期 王位戦 予選 斎藤慎太郎七段 対 藤井聡太七段 2/2

4時間2分2019年12月27日放送

勝者が王位戦リーグ入り決定!2人の対戦成績はこれまで2戦し、斎藤七段が2勝0敗、藤井七段は苦手の相手としている。斎藤七段はタイトルを1期で無冠となってしまったがこれからもタイトルを積み上げて欲しいファンの想いを込めて!藤井七段は惜しくもタイトル挑戦が2019年はあと1歩ならなかったが、2020年にタイトル戦登場をファンは期待しており、本棋戦は最年少タイトル挑戦、の可能性を秘めている!木村一基王位への挑戦へ向けて、大注目の一戦。 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行います。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行います。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行います《3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる》。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決めます。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行います。王位とその挑戦者決定戦の勝者が、例年7月から9月にかけて七番勝負を行います。
第61期 王位戦 挑戦者決定リーグ白組 1回戦 羽生善治九段 対 藤井聡太七段 1/2

第61期 王位戦 挑戦者決定リーグ白組 1回戦 羽生善治九段 対 藤井聡太七段 1/2

3時間44分2020年2月18日放送

羽生善治九段と藤井聡太七段の対決が実現、舞台は王位戦挑戦者決定リーグ!羽生善治九段は、現在タイトル通算99期を獲得し、100期獲得の可能性がかかるのは本戦となる!昨年度は歴代最多勝を本棋戦で塗り替え、本年も大記録の達成なるか、日本中が注目している。対するは、藤井聡太七段!最年少タイトル獲得の記録がかかる本棋戦!藤井聡太七段がタイトル挑戦するのは、もはや現実になりつつであるが、どの棋戦でのタイトル挑戦となるか!全国の藤井ファンはそれが知りたがっている。公式戦対羽生善治九段の成績、2勝0敗の藤井七段であるが、本局全くどうなるか分からない。そして勝利の先には最年長タイトル初獲得の記録を持つ木村一基王位が待っている!将棋界の趨勢を決する歴史的勝負となるであろう本戦、絶対に見逃せない! 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行います。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行います。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行います。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決めます。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行います。王位とその挑戦者決定戦の勝者が、例年7月から9月にかけて七番勝負を行います。
第61期 王位戦 挑戦者決定リーグ白組 1回戦 羽生善治九段 対 藤井聡太七段 2/2

第61期 王位戦 挑戦者決定リーグ白組 1回戦 羽生善治九段 対 藤井聡太七段 2/2

4時間3分2020年2月18日放送

羽生善治九段と藤井聡太七段の対決が実現、舞台は王位戦挑戦者決定リーグ!羽生善治九段は、現在タイトル通算99期を獲得し、100期獲得の可能性がかかるのは本戦となる!昨年度は歴代最多勝を本棋戦で塗り替え、本年も大記録の達成なるか、日本中が注目している。対するは、藤井聡太七段!最年少タイトル獲得の記録がかかる本棋戦!藤井聡太七段がタイトル挑戦するのは、もはや現実になりつつであるが、どの棋戦でのタイトル挑戦となるか!全国の藤井ファンはそれが知りたがっている。公式戦対羽生善治九段の成績、2勝0敗の藤井七段であるが、本局全くどうなるか分からない。そして勝利の先には最年長タイトル初獲得の記録を持つ木村一基王位が待っている!将棋界の趨勢を決する歴史的勝負となるであろう本戦、絶対に見逃せない! 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行います。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行います。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行います。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決めます。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行います。王位とその挑戦者決定戦の勝者が、例年7月から9月にかけて七番勝負を行います。