特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2

特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2

ドラマ

只野仁、これが最後の特命か――。 特命係長 只野仁× AbemaTVふたたび参上!!!―――――――――――――――――――― 大手広告会社、電王堂の総務二課係長・只野仁。昼はまったくさえない窓際係長だが、夜は無敵のスーパーヒーローに大変身。会長直々の特命のもと、鍛え抜かれた鋼の肉体を武器にこれまでたくさんの悪と戦い、さまざまなトラブルを解決してきた。 高橋克典主演の連続ドラマとして2003年にスタートした同シリーズは2012年にいったん幕を下ろしたものの、2017年1月、インターネットテレビ局・AbemaTVで過激に復活。 累計視聴数800万を記録し、その根強い人気を証明した。 そして2017年末、熱狂的な支持の声を受け5夜連続でさらなる復活をはたす。 持つ者と持たざる者。格差、分断の度合いを深める現代社会において、己を貫き続け唯一無二の存在感を放ってきた只野。 だが彼に特命を下し、長年見守ってきた黒川会長は自らの進退を見つめ始める。 正真正銘、これが只野にとって最後の特命となってしまうのか!?壮大な戦いの物語が今、クライマックスを迎えようとしている!

特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第5話「会長退陣」
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第5話「会長退陣」48分2017
来年開催される世界未来博覧会のプロデュースを電王堂が全面的に任されることになった。黒川会長(梅宮辰夫)からも常々期待をかけられており、次期会長とも噂されている前川社長(加藤雅也)の肝いりで進められてきた、総額二千億円にも上る巨大プロジェクトだ。 しかし、そんなある日、前川の部下でプロジェクトの実行部隊のトップだった吉野(吉家章人)が水死体で発見され、同時に前川の秘書である真由美(大島優香)の社員証も発見されるという事件が発生。二人は不倫の末に心中したらしいが、吉野は真面目な性格で有名だったし、真由美も浮いた話ひとつなかったという。黒川会長は只野(高橋克典)を呼び出し、噂が一人歩きしてスキャンダルが大ごとになる前に真相を突き止めるよう、“最後の特命”を下す。 心中事件が起きた現場の近くで森脇(永井大)と聞き込みをした只野は、その日の夜、吉野たちを尾行していた二人の男の存在を突き止める。そして、博覧会のプロジェクトチームに異動させてもらい、潜入調査を開始。どうやら吉野がいなくなった後、プロジェクトをわが物顔で仕切っているのが駒田部長(山口良一)らしいのだが...。