最新の社会ニュース【随時更新】

ニュース

「殺害の承諾」争点に 座間9人殺害で初公判

「殺害の承諾」争点に 座間9人殺害で初公判

2分2020

 2017年に神奈川県座間市で男女9人の遺体が見つかり、強盗殺人などの罪で起訴された男の裁判員裁判の初公判が30日午後から開かれます。被害者が承諾していたかが争点です。東京地裁の立川支部から報告です。  (社会部・稲垣耕介記者報告)  今回、一般傍聴席13席に対して625人の希望者が集まったということです。この後、1階にある最も大きい法廷に白石隆浩被告(29)が公の場としては約3年ぶりに姿を見せることになります。白石被告は女子高校生を含む女性8人への強盗・強制性交殺人などの罪と、男性1人への強盗殺人などの罪で起訴されました。白石被告はツイッターで自殺願望の書き込みに接触するなどして被害者を誘い出したとみられています。裁判での主な争点は、こうした被害者たちが殺害されることを承諾していたかどうかとなります。初公判を前に遺族の一人はANNの取材に応じ、「娘が戻る以外に気持ちが晴れることはない」と話しました。  娘(17)を亡くした父親 :「(娘の)存在感はそのままだから、事件当時も今も変わらないでずっと変わらないですね。似たような子を見ると全部自分の娘に見えるしね。時が進んでないから。ただ自分の体がだんだん壊れていっちゃう」  遺族の一部は裁判のなかで意見を述べることになっています。裁判は24回にわたって行われ、判決は12月15日に言い渡される予定です。
インフルと新型コロナの同時流行も 今できる備えは

インフルと新型コロナの同時流行も 今できる備えは

4分2020

 去年の今ごろ、インフルエンザの感染はすでに増加しつつありました。コロナと合わせての警戒となる今年は同時に感染することもあり得るようです。  発表会の練習中にも手放せない感染予防のマスク。もはや、あらゆる場面で新型コロナウイルスへの対策は日常となっています。熱の入った演技指導中もディスタンスとマスクは外せません。  そんななか、次第に秋の気配も深まり、徐々に心配になってくるのはインフルエンザです。実は、今年のインフルエンザの患者数は例年に比べて極端に少なく、20日まででわずか11人。背景にあるのは、やはり…。  厚生労働省担当課:「少ない要因を評価するのは難しいが、新型コロナ感染予防など、国民意識の高まりが背景にあるとみられる。また、海外からの往来も例年に比べて限定的なことも理由として考えられる」  ただ、厚生労働省の担当課によりますと、インフルエンザは例年、年末や年明けにピークを迎えるので、この時点で流行っていないからといって油断はできず、特にコロナ禍の今年は例年よりも備えが必要だといいます。  保育園も不安はあると話します。  キャンディパーク保育園・武藤大助園長:「コロナの病気が100%解明できていない状態でインフルエンザが来るというのはやっぱり怖いですよね。僕らは子どもたちを安全に保育するという任務がありますので、検温と消毒、手洗い、換気、マスク、これは確実に行っていきたい」  また、都内にある高齢者施設では「コロナ」と「インフル」、それぞれの症状に区別がつかないこと…
地球の歩き方・東京編がスゴイ!都民も驚きの情報量

地球の歩き方・東京編がスゴイ!都民も驚きの情報量

4分2020

 ガイドブックの「地球の歩き方」。今回、初めて日本国内を扱った「東京編」が出ました。都民でも「目からウロコ」の情報が満載です。  元々は外国の見知らぬ街に行っても無事に帰って来られるようにと、まだ海外旅行が珍しかった時代に創刊されたガイドブックです。そんな地球の歩き方シリーズに加わった東京編。そこには異邦人の目で見た「東京の個性」が浮かび上がっていました。例えば「7、8月はほぼ真夏日。湿度も高いので深夜もサウナ状態だ」「下着は日数×2倍用意するといい」「満員電車は東京名物ともいうべきものだが、甘く見てはいけない」  鉄道の複雑怪奇な乗換えについては同じ駅名でも相当、距離がある場合があるを指摘しています。タクシーの乗り方についても、手取り足取り…。「高額紙幣で支払うのはマナー違反。金額によっては『おつりはけっこうです』と言って、端数をチップにするとスマート」。  乗り方といえば、スカレーターの乗り方も…。こうして、あれもこれもと盛り込んだ結果が厚さ3センチ…。  意外なのは読者層です。そもそもはオリンピックで日本全国から集まる旅行者を対象にした企画。大会の延期やコロナによる移動制限という逆風のなか、しかし、これが都内在住者に売れているとか。東京の自画像を確かめたい…、そんな需要でしょうか。
“木のオモチャ”美術館がピンチ 除菌で表面に異変

“木のオモチャ”美術館がピンチ 除菌で表面に異変

4分2020

 気持ちいい手触りで子どもたちが夢中になる木製のおもちゃ。しかし、今や絶対に必要な除菌作業で表面に思わぬ影響が。木のおもちゃの美術館が大ピンチです。  遊び場の少ない都会のオアシスとして子ども連れに重宝されている東京おもちゃ美術館。どこか温かみを感じる木のおもちゃが人気です。利用者に安心して楽しんでもらおうと、スタッフが毎日、徹底除菌。しかし、その除菌が思いもよらない事態を引き起こしてしまったのです。それは…。  東京おもちゃ美術館・橘高春生さん:「お客様が遊ばれた後に次亜塩素酸ナトリウム系のもので除菌。例えば色が落ちてきたり」  通常のおもちゃと比較してみると、確かに除菌したおもちゃの方が色あせて見えます。さらに、その滑らかさに定評のある手触りもザラザラしています。  実行したのは厚労省が推奨している除菌方法の一つですが、繊細な木のおもちゃには合わなかったようです。そこで講じた苦肉の策が、ヤスリ。おもちゃは美術館の売りである“木のぬくもり”を取り戻していきます。ところが、これはこれで新たな問題が…。  かといって新しいおもちゃを追加するのも簡単ではありません。美術館の利用者数は、コロナの影響で去年の2割程。深刻な資金難に陥っているのです。  東京おもちゃ美術館・多田千尋館長:「チケットをなるべく前売りで買ってもらい、落ち着いてからゆっくり来て頂くよう支援をお願いしたり、“大ピンチ”、“手を差し伸べて下さい”と発信し、大々的に寄付を集めている」
「GoTo」東京追加へ “都民割”上乗せで半額以下も

「GoTo」東京追加へ “都民割”上乗せで半額以下も

4分2020

 日本では29日に東京で新たに212人の感染が確認されました。こうしたなか、来月1日からGoToトラベルに東京が追加されるのを前に、観光地の浅草のホテルは期待を膨らませています。  各地は“実りの秋”を迎えています。岩手県では真っ赤になったリンゴの収穫です。長野県で真っ白い咲き誇ったのは、ソバの花です。半年遅れて“春”の風物詩も行われています。九州大学は、ようやく新入生歓迎式が執り行われました。新入生の言葉には“切実な思い”が込められていました。  新入生代表・阿部朋也さん:「『春の息吹が感じられるきょう』と言いたかったところではありますが、季節はすっかり秋になってしまいました」  “行楽の秋”に向け、アクセルが踏まれます。浅草にあるホテルはGoToトラベルに翻弄(ほんろう)されていました。“東京除外”で地方へ行くのを躊躇(ちゅうちょ)した都民が利用、徐々に業績は回復しました。ところが…。“東京追加”が発表され、地方に行く都民が増え、客が減り始めたそうです。  頼みの綱は地方からの客ですが、予約はまだ芳しくはありません。東京都によりますと、29日に都内で確認された感染者は212人でした。ただ、追い風もあります。来月下旬から始まる予定の“都民割“です。  通常、露天風呂付きのプランだと2名1室3万5000円です。それがGoToトラベルを使えば35%の割引。さらに、10月下旬に上乗せされる方針の“都民割”を使えば1万2750円になります。飲食店で使える地域共通クーポンを使えば実質…
「+83」「+422」謎の番号から着信 その狙いは?

「+83」「+422」謎の番号から着信 その狙いは?

5分2020

 注意して頂きたい携帯電話への着信の話です。今月に入って実在しない国際電話番号から日本国内の携帯電話に着信が急増しています。この謎の電話の狙いは一体、何なのでしょうか。  日本は+81。韓国は+82。中国は+86。ご存じ、国際電話の国番号です。では+83って、どこでしょう。実は、+83や+422がまだどの国にも使われていない番号です。それにもかかわらず、こうした番号を使って何者かが電話を掛けていることが明らかになりました。警察と連携し、迷惑電話の対策を行っているトビラシステムズによれば、9月は4万件を突破したといいます。  秋田市では10日、40代の女性に中国大使館員を名乗る男からこんな電話が掛かってきたといいます。  中国大使館員を名乗る男:「あなたの名前と電話番号で中国に送ってはいけない大量のキャッシュカードやマスクが送られている」  中国公安局の職員を名乗る女:「解決するにはお金を振り込んでもらう必要がある」  女性は、合わせて411万円をだまし取られました。なぜ信じてしまったのか…。東京で暮らす中国人の女性も大使館員を名乗る男性から電話を受けました。国番号は実際には存在しない+88。それでも信じてしまったといいます。  実際の音声(大使館を名乗る電話):「中国大使館からのお知らせです。あなた宛ての書類が当館にあります。在留資格に関わる内容です。速やかに連絡下さい」  存在しない国番号は偽装されたものなのか。仮に好きな番号に変えられるとしたら詐欺師にとっては絶好のツール…