最新の政治ニュース【随時更新】

ニュース

「バーチャル修学旅行」オンラインで戦争の歴史を…

「バーチャル修学旅行」オンラインで戦争の歴史を…

3分2020

 新型コロナウイルスの影響を受けて修学旅行の中止や延期が相次ぐなか、オンラインで戦争の歴史などを学ぶバーチャル修学旅行が開催されました。  このイベントには、全国から700人以上の中高生が参加しました。広島の被爆者でノーベル平和賞授賞式でスピーチを行ったサーロー節子さんや長崎出身で被爆2世を自覚するサッカー日本代表の森保一監督、沖縄出身のタレント・りゅうちぇるさんが講演をし、質疑応答も行われました。  参加した高校生:「日本の加害面を学ぶのもすごく大切だと思う。戦争を経験ししていない世代は何を学んでおくべきか?」  サーロー節子さん:「自分の体験の話をする。それだけでは、相手に十分説得力がない。私はおわびします。正直に。腹を割って話をする態度がないと核の問題もお互いに共有することができない」  参加した高校生:「スポーツにおいて平和を発信する意義を聞いてみたいと思いました」  サッカー日本代表・森保一監督:「戦争や紛争や内戦があったりするなかで、好きなことは恐らくできないと思いますし、自分のを好きなことができるというのを発信することによって、平和をお互い考えられるようにしたいと思います」  特別支援学校生:「皆が優しく仲良くしていくには、どうしたらいいか?」  りゅうちぇるさん:「一つの分野や一つのメディアで決め付けず、現地の人とコミュニケーションを取るとか、しっかり自分のなかで確認する、自発的に調べてみることが何よりも大切。思いやりを持って人とコミュニケーションを取ることは…
「恐ろしい話だ」“任命拒否”6人そろって意見表明

「恐ろしい話だ」“任命拒否”6人そろって意見表明

3分2020

 学術会議を巡って菅総理大臣に任命を拒否された6人が初めて、そろって意見表明しました。政府の姿勢に批判を強めています。  日本学術会議が推薦した会員候補6人を菅総理が任命しなかった問題。23日に初めて6人がそろって意見表明しました。  任命されなかった立命館大学・松宮孝明教授:「菅総理大臣は現行憲法を読みかえて、自分がヒトラーのような独裁者になろうとしているのかというぐらい、これは恐ろしい話なんです」  任命されなかった早稲田大学・岡田正則教授:「菅総理大臣は職務懈怠(けたい)をやめて推薦に基づく6人の任命義務を履行し、この違憲違法状態を速やかに解消しなければなりません」  任命されなかった東京慈恵会医科大学・小澤隆一教授:「学術会議の目的と職務を大きく妨げるものとして一日も早く撤回されなければなりません」  任命されなかった京都大学・芦名定道教授:「日本における学術の在り方を政府が介入して、それをコントロールしようという、そういう流れのなかで問題化している、そういうふうに考えざるを得ないと思います」  一方、日本学術会議の梶田隆章会長は23日、井上科学技術担当大臣と会談。日本学術会議の在り方についての協議をスタートさせました。  日本学術会議を所管する井上科学技術担当大臣:「未来志向で今後の日本学術会議の在り方をお互いに考えていきたいと思っています」  これに対し、梶田会長は…。  日本学術会議・梶田隆章会長:「学術会議は現在、任命問題を巡って苦慮しております。今後の大臣と…
“政界に衝撃”なぜ?石破氏が派閥会長を辞任

“政界に衝撃”なぜ?石破氏が派閥会長を辞任

4分2020

 先月の自民党総裁選で大差で敗れた石破茂元幹事長が自らが率いる派閥の会長の辞任を表明しました。時に政権に批判的な立場を取ってきた石破元幹事長の辞任で今後、自民党はどうなっていくのでしょうか。  自民党・石破元幹事長:「本日の臨時総会におきまして、水月会(石破派)の会長を辞したいということを申し上げました」  突然の辞任表明、その理由は…。  自民党・石破元幹事長:「過去4回、総裁選挙に立候補した。直近の2回は水月会の皆様方を中心として支援して下さる皆さん方とともに戦った。しかし、結果は出せなかった。それぞれの同志の皆さん方、支持して下さった皆さん方に多くのご負担を掛けてしまった。その責任を取るということが、私の取るべき道だと考えた次第であります」  これまで4度、総裁選に挑戦。敗れても敗れても常に対抗馬として存在感を示してきた石破元幹事長に何があったのか。石破派の議員も戸惑いを隠せません。  自民党石破派・山下元法務大臣:「こういう形で突然、聞かされるというのは納得がいかないという発言もありました。政治家の出処進退というのは、まさに政治家がまず決めるものであります」  石破元幹事長は派閥は存続するとしながらも来年、予定されている次の総裁選への出馬について見送る意向を固めているといいます。先月の総裁選で石破元幹事長と競り合った岸田前政調会長は…。  自民党岸田派・岸田前政調会長:「突然のことでびっくりしておりますが、総裁候補としても派閥会長としても、その豊かな経験、見識をしっか…
自民党が学術会議元会長からヒアリング

自民党が学術会議元会長からヒアリング

2分2020

 自民党は日本学術会議の在り方を見直す検討会議を開き、学術会議の会長経験者3人からヒアリングを行いました。  大西隆元会長:「国際社会で見た時に日本学術会議のような学者が独立して提言を発するような機関があるということが国の信頼を得るために非常に重要だっていう話をさせて頂きました」  黒川清元会長:「グローバルにはこういうのがあって、横につながっているから信用がある。G8でこんなことできる機関が日本にあるかって話をしたんだけれど」  2時間半にも及んだ会議のなかで元会長らは「学術会議は独立機関として、国際社会にも提言を出せる」などと主張し、その重要性を強調しました。大西元会長は「会員の任命は独立して行われることが重要だ」と指摘したうえで、「会員が国家公務員という身分でなければならないかは議論されるテーマかもしれない」と述べました。これについて、自民党は議論の積み重ねが必要だとして課題を整理し検討していく考えです。学術会議の提言が少ないとの指摘に対しては、元会長らは「発信力を強化したい」と応じました。その他にも会員数や予算の在り方などについても意見が交換されました。自民党は今後、経済界の有識者からのヒアリングなども行い、年内に提言をまとめる方針です。この会議では菅総理大臣が6人の新たな会員を任命拒否したことについて議論はされません。元会長らは取材に対し、「理由なく任命しないことは許されない」などと訴え、菅総理の説明を求めました。
「南シナ海緊張高める行為反対」菅総理が中国けん制

「南シナ海緊張高める行為反対」菅総理が中国けん制

2分2020

 菅総理大臣は訪問先のインドネシアで記者会見を行いました。「南シナ海の緊張を高める行為に反対する」と強調し、南シナ海への進出を強める中国を牽制(けんせい)しました。  菅総理大臣:「海上交通の舞台となるインド太平洋では、自由で誰にでも開かれ、公の支配が貫徹されて初めて地域と地域の平和と繁栄が実現すると思います。しかし、南シナ海においては逆行する動きが起きており、懸念を持って注視をしております。日本は南シナ海の緊張を高めるいかなる行為にも反対をします。南シナ海を巡る問題のすべての当事者が力や威圧によるのではなく、国際法に基づき、紛争の平和的解決に向けて努力することの重要性を改めて強調を致します」  そのうえで、中国が「インド太平洋版のNATO(北大西洋条約機構)ではないか」と軍事同盟化の懸念を示していること対し、「その考えはない」と否定しました。  また、日本学術会議の6人の任命拒否の問題については「国の予算を投じる機関として、国民に理解されることが大事だ」と述べ、任命方式に改めて疑問を呈しました。そのうえで、「学術会議をより良いものにしていこうということで梶田会長と合意をした」と強調し、学術会議側と連携して在り方の見直しに取り組む意向を示しました。
菅総理インドネシアに 真理子夫人に現地メディアは

菅総理インドネシアに 真理子夫人に現地メディアは

3分2020

 外遊中の菅総理大臣は20日午後、インドネシアに到着しました。そしてまもなく、大統領宮殿での歓迎式典に臨みます。  2つ目の訪問国のインドネシアに到着した菅総理。午後、歓迎式典に出席します。ASEAN(東南アジア諸国連合)加盟10カ国のなかで新型コロナウイルスの感染者が最も多いインドネシア。午後に行われる首脳会談では新型コロナウイルス対策を含む幅広い分野での協力について協議する予定です。  ベトナムで2日目の朝を迎えた菅総理はメガネにジャンパー姿でハノイ市内にある湖のほとりを散歩。大勢の関係者に囲まれる物々しい雰囲気のなか、居合わせた市民に手を振って応えました。  一方、外交デビューした真理子夫人については大きく扱うベトナムメディアもありました。19日にフック首相夫人の案内で文廟(ぶんびょう)を訪れた真理子夫人、手振りを交えて話をする様子や記帳する様子。お線香を手向ける姿や太鼓を3回鳴らした時の姿も。地元メディアは、真理子夫人について「家族に献身的で控えめな妻」「菅総理を精力的に支えきた」と報じています。  菅総理、20日はインドネシアに泊まり、21日に日本に帰国します。
同行記者が見た異例ずくめの菅総理外遊デビュー

同行記者が見た異例ずくめの菅総理外遊デビュー

3分2020

 日本の菅総理大臣は初の外遊でベトナムを訪れています。19日は歓迎行事や首脳会談に臨みました。ベトナム・ハノイから報告です。  (政治部・吉野真太郎記者報告)  今回は日本、ベトナム両政府ともコロナを持ち込まない、持ち込ませないということで異例ずくめです。まず、日本を出発する前に菅総理も政府職員、我々の同行記者団も全員がPCR検査を受けました。さらに、ベトナム入国にあたっても菅総理周辺の10人程度を除く全員が再度PCR検査を受けました。我々の同行記者団は宿舎となっているホテルの裏口から通され、我々しか使わないゾーニングされたフロアで検査を受けて19日朝、陰性の結果が出るまでは自室で隔離されていました。菅総理一行も映像ではマスクをしていないシーンもあるかと思いますが、実際は外交儀礼上、必要なところ以外はマスクを着けたり、握手ではなくてひじタッチだったりしました。  (Q.菅さんの外遊デビューどうか?)  正直、緊張しているのか淡々としているのか見た目からは判然としないのですが、同行筋によりますと、「人の往来の再開」には並々ならぬ意欲を持っていたということでした。印象的だったのは首脳会談や式典など合間に参加者からあいさつを受けたりする場面もあるのですが、「こんにちは、こんにちは」と片っ端から行くのではなく、一人ひとりとの時間が長めで丁寧かなと感じました。フック首相とも記者会見が終わった後に立ち話をしていて、何を話していたかは聞き取れなかったのですが、談笑していました。ベトナム側か…
菅総理が初外遊 夫人もファーストレディーデビュー

菅総理が初外遊 夫人もファーストレディーデビュー

3分2020

 菅総理大臣がベトナムを訪問し、これまで経験のなかったトップ外交に初めて臨んでいます。そして、真理子夫人もファーストレディーとしてデビューしました。  菅総理がベトナム語であいさつです。19日午前10時半ごろから始まった歓迎式典。新型コロナウイルス感染拡大の影響で日本の総理大臣による外遊は9カ月ぶりのこと。菅総理にとっては就任後、初めての外国訪問です。これまで公の場にほとんど姿を見せてこなかった真理子夫人が同行。ファーストレディーの外交デビューとなりました。  ASEAN(東南アジア諸国連合)の議長国であるベトナムは、これまでの新型コロナウイルスの感染者が1100人余りと諸外国と比べて圧倒的に少なく、封じ込めに成功している国の1つでもあります。首脳会談ではマスクなどの医療物資について日本への供給を強化することを確認。ビジネス関係者の往来再開でも合意しました。ベトナムは南シナ海での中国の動きに神経をとがらせているため、安全保障面でも連携を強化します。  菅総理大臣:「日ベトナム関係を飛躍的に発展をさせ、地域の平和と繁栄をともに貢献をしていきます」  外交手腕は未知数と言われている菅総理。公式ツイッターには独自の動画を随時、投稿するなど外遊の成果をアピールしています。  この週末、ANNが行った世論調査での菅内閣の支持率は前回と比べて6.2ポイント下がって56.1%。なかでも、日本学術会議の任命拒否を巡る菅総理の説明には62%が「納得しない」と答えました。菅総理、20日はASEA…