最新の経済ニュース【随時更新】

最新の経済ニュース【随時更新】

ニュース

あすからの3連休は感染に警戒 休業や中止相次ぐ

あすからの3連休は感染に警戒 休業や中止相次ぐ

4分2020

 国内で新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、22日から3連休を迎えます。イベントの中止なども相次いでいますが、どう過ごせば良いのでしょうか。  東京・多摩市にある人気テーマパークのサンリオピューロランドは22日から来月12日まで休館することを決めました。再開は来月13日の予定ですが、感染状況や行政当局からの情報を見極めたうえで検討するとしています。  感染拡大の影響が今月22日からの3連休を直撃しています。そんななか、今、大人気のタピオカにまで影響が出ているというのです。感染拡大後、初の3連休。書き入れ時のなか、苦渋の決断をした店があります。この時期、平日で150人、土日では250人の客が来るという人気タピオカ店が店内での客同士や店員への感染を恐れて一時、休業としたのです。例年、タピオカは3月に向けて暖かくなるほど売り上げが伸びるため、この時期の休業は非常にダメージが大きいといいます。店はこのままでは生き残れないと、今月中にデリバリーサービスなどを始められないか宅配業者と協議中だそうです。  静岡県では今、見頃を迎えている河津桜まつりで一部のイベントが中止になりました。こうした事態に問い合わせが殺到している所がありました。焼き芋の食べ比べなどが行われる日本最大規模のサツマイモイベント「さつまいも博」です。主催者は最大限の対策を講じることで実施に踏み切ったと話します。消毒薬をいたる所に置き、スタッフはマスク着用。芋を触る時は手袋をします。イベントの内容もサツマイモのつかみ取…
感染拡大でラーメン店ピンチ 中国産食材が入手困難

感染拡大でラーメン店ピンチ 中国産食材が入手困難

4分2020

 新型コロナウイルスの感染拡大で、ラーメンもピンチです。「あの味」が変わってしまうかもしれません。  アツアツのみそラーメン。スープに欠かせないのがニンニクです。しかし今、このニンニクがピンチだというのです。  ごっつ・加藤靖彦社長:「味噌に入れたりスープに入れるのは(ニンニクの)粒のものを粗めに使っていたが、それが全く入らない状態で…」  中国産のニンニクを使っているこの店。しかし、新型コロナウイルスの影響でニンニクが入ってこなくなったというのです。その代わりとして、すりおろしのニンニクを使っています。  ごっつ・加藤靖彦社長:「スープやら何やらすべてこれ(すりおろしニンニク)で代用している。(味は)結果的に大きく変わらないが、水っぽくなってしまうところがある。粒(のニンニク)に戻したいと思っています」  この店では他にもタマネギなど中国産のものを使っています。来月から食材の仕入れ価格が2倍近くになるとされ、店側は頭を悩ませています。  ごっつ・加藤靖彦社長:「お客に不足材料で値段を上げるとか一切しないように頑張りたい」  実は、日本が輸入するニンニクの約9割が中国産です。茨城県にあるニンニクを輸入する会社を訪ねると、中国産ニンニクが入った段ボールが積まれていました。これでも普段より少ないといいます。特に影響を受けているのは、中国の工場で皮をむいた加工ニンニクです。  清水物産ホールディングス・何由光貿易事業部長:「中国、今、全域稼働再開できているメーカーが少なく、やはり生…
お得すぎるポイント還元 「レジ袋NO」で100円分

お得すぎるポイント還元 「レジ袋NO」で100円分

4分2020

 買い物の際、ある方法によって毎回100円分のポイントがもらえるアプリが「大盤振る舞い」と話題になっています。  東京・大手町のドラッグストア。番組スタッフはドラッグストアで95円のお菓子を買いました。そして、会計を済ませると100円分が戻ってきました。実質、5円がプラスになったことになります。菓子代はタダ。さらに差額の5円分をもらったことに。  これは一体どういうことなのかというと、会計時に秘密がありました。実は、レジ袋を受け取らないだけで100円相当のポイントが戻ってきて、買い物で使えます。  実はこれ、期間限定で行われている東京都の実証実験。プラごみ削減など環境問題への意識を高めるために始まりました。専用アプリをダウンロードしてキャッシュレスで決済できます。たまったポイントはコンビニエンスストアなどで交換もできます。東京駅周辺の対象店舗で活用できますが、レジ袋以外にも環境問題に関わるポイント獲得方法があります。480円のカフェラテで100ポイント、食べ終わったお弁当の容器の返却でも400ポイント、アンケート回答で500ポイントもらえました。  このポイントの財源は東京都の税金ですが、すでに大量にポイントをためている人もいます。1人でためられるポイントの上限は7500円相当のポイントです。実験は2月末まで行われる予定です。
どうしてもすぐ欲しい!20分でOKのマスク作り講座

どうしてもすぐ欲しい!20分でOKのマスク作り講座

4分2020

 国内での感染が拡大するなか、22日から3連休を迎えます。感染症対策として呼び掛けられているのは手洗い、そして、マスクの着用を含む「せきエチケット」です。  新型コロナウイルス対策に花粉症対策も加わり、マスクの需要がますます高まるなか、新潟県長岡市の衣料品会社で作られているのは布製のマスクです。使う生地はポリエステルと綿でできたものです。  洗濯をして繰り返し使えるというマスク。会社の通販サイトからの注文のみとなっていますが、今月4日に販売を開始してから21日までに約4000枚の注文が入ったそうです。ただ、手作りのため、一日に作れるのは200から300枚ほどです。  どうしてもすぐにマスクを手に入れたいという人のなかには、自分でマスクを作る人も増えてきているようです。普段はボタン付けぐらいしかやらないという杉田恵理ディレクターがマスク作りに挑戦しました。教えてくれるのは服飾専門学校の校長・栗田佐穂子さんです。  まずは、ガーゼを90センチほどの長さで切り、2つ折りにします。ポイントは耳の部分をそろえること。出来上がりがきれいに見えます。今度はそれを3つ折りにして細長い状態にします。次に、左右から3つ折りにしますが、ここで一工夫があります。取り出したのは袋の口を閉じる時に使うワイヤです。鼻に当たる部分にワイヤを入れてフィット感を高めます。そうして幅15センチほどの長方形を作ります。縫っていくのはペンで印を付けた部分。最後にゴムを通せば手作りガーゼマスクの完成です。
花粉の季節にマスク不足 新型コロナ影響は食卓にも

花粉の季節にマスク不足 新型コロナ影響は食卓にも

4分2020

 イベントの中止だけでなく、すでにコロナウイルスの影響は私たちの生活に様々な影響を及ぼし始めています。  都内のタクシー会社です。乗車前の運転手が行っているのはマスクの抗菌です。客が触れる座席などは特に入念にしているということです。客を乗せた後もすぐに殺菌スプレーで拭き、窓を全開にして運転します。タクシー会社では、客に「徹底的な殺ウイルス!徹底的な空気の入れ替え!」と書かれた紙を配り、安心を呼び掛けていますが、新型コロナウイルスによる影響は大きくなっています。日本商工会議所の調査によりますと、中小企業の6割が新型コロナウイルスの影響を受けるとしています。  一方で、気になるのはマスク不足です。新型コロナウイルスに加え、花粉症シーズンも重なって品薄になるなか、こんな商品に注目が集まっています。「鼻マスク」です。マスクが手に入らないのなら、鼻だけでもガードしたい人の購入が増えているということです。このほかにも花粉ウイルスなど花粉対策の商品の売れ行きも伸びているということです。  新型コロナウイルスは今後、私たちの食卓にも影響を及ぼす可能性があります。中国からの野菜の輸入が激減しているのです。野菜は栽培されているのに、なぜ日本に届かないのでしょうか。中国では、新型コロナウイルス対策として人の移動などを規制する「封鎖式管理」という手法が取られています。農地の周辺には検問が設けられています。入り口は制限されて1カ所からしか入ることができません。この交通封鎖が農産物の出荷にも影響を及ぼし…
ウイルス減少?シートに注目 新型コロナで生活変化

ウイルス減少?シートに注目 新型コロナで生活変化

5分2020

 日本経済にも変化が出ています。国内の企業が開発したあるシートが注目されています。  新型コロナウイルスの感染拡大で注目を集めているものがあります。化学素材メーカーが開発した抗ウイルスのフィルムシート「アキレス ウイルセーフ」です。インフルエンザウイルスやノロウイルスなどを減らすことができるといいます。新型コロナウイルスに効果があるとはうたっていませんが、今、問い合わせが殺到しています。  他にも注目を集めているのが「金」です。田中貴金属工業では19日、1グラムあたり6246円と1980年以来、約40年ぶりの高値を付けました。新型コロナウイルスの感染拡大などで景気悪化が懸念されています。そのことから、安全資産とされる金に投資資金が集まっているといいます。  新型コロナウイルスの影響は東京・三鷹市にある三鷹の森ジブリ美術館にも。年間約65万人が訪れる人気スポットです。しかし、今回の感染拡大を受けて希望者のチケットの払い戻しを始めました。対象となるのは先月22日から今月29日の入場分など一部の日程で、すでに事前予約が済んでいる分となります。  一方、第1便の乗客を受け入れていたホテルがある千葉県勝浦市では不安の声が上がっています。今週末に開催予定のひな祭りのイベントでは、市内各所に約3万体のひな人形を飾るなど準備を進めてきましたが、19日午後に市は中止を決めました。各地に影響を及ぼす新型コロナウイルス。終息する日はいつになるのでしょうか。
マスク不足は解消?高齢者施設では感染防止対策強化

マスク不足は解消?高齢者施設では感染防止対策強化

5分2020

 新型コロナウイルスの感染拡大により、重症化するリスクが高い高齢者が集まる施設などで警戒する動きが強まっています。関係者は「感染すると命に関わる」として、マスクや手洗いの徹底など神経をとがらせていました。  日本海側など各地で今シーズン一番を記録した積雪。京都では梅の花に雪が積もっていました。凍結した路面を踏みしめて試験会場へ足早に向かう受験生たち。ほとんどがマスク姿です。試験前に多くの生徒が手洗いをしていました。会場内では試験官もマスクを着用。問題用紙を後ろに配る際には手と手が直接触れないよう気を使っているようにも見えます。一方、確定申告の受け付けが始まっている税務署でも訪れた皆さんはほぼマスク姿でした。  政府は中国からの輸入に頼っていたマスクについて、国内メーカーに増産を要請して今週以降、週に1億枚以上、供給できる態勢が整うとの見方を示しています。  マスクや消毒液が不足がちななかでも感染防止の対策に特に力を入れているのが老人ホームなど高齢者施設です。約60人が入居し、平均年齢86歳という特別養護老人ホーム「愛敬苑」では通常、各部屋まで行って面会することが可能でした。しかし、新型コロナウイルスの感染者が増えているため1階のエントランスに限り、手洗いやマスクなどしたうえで家族の面会を許可しています。先週、神奈川県に住む80代の女性が国内で初めて新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったことが分かりました。感染した場合、高齢者は重症化が懸念されるだけに警戒を強めていて、各所に…