最新の国際ニュース【随時更新】

最新の国際ニュース【随時更新】

ニュース

テレビ朝日が制作するストレートニュース。政治、経済、社会、国際情報から、お天気、芸能・エンターテインメントまで、幅広く最新情報をお届けします。緊急ニュース、災害情報、注目の記者会見など、速報にも対応します!

テレビ朝日/ANN

AbemaNews

「よくやった!」「連携を揺るがす」韓国では賛否
「よくやった!」「連携を揺るがす」韓国では賛否2分2019
 韓国ではGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄について「日本の侮辱的な反応への正攻法だ」と評価する声がある一方、「日米韓の連携を揺るがす」との懸念も出ています。ソウルから報告です。  (高橋政光記者報告)  韓国メディアはGSOMIA破棄のニュースについて22日から大きく報じ続けています。ハンギョレは「政府『国益に合致しない』軍事協定終了を強行」と肯定的な内容です。そして、東亜日報は「韓日軍事情報協定破棄。韓米日三角軸揺らぐ」と伝えていて、賛否が分かれています。韓国の国民からは「文(ムン)大統領よくやった!」「サッカーの韓日戦で日本に勝った感じだ」など、政府の対応を評価する声が多く上がっています。一方で、最大野党・自由韓国党は「韓米日の連携より北朝鮮、中国、ロシア側を選んだ」「理性を失った」と痛烈に批判しています。また、専門家からは「アメリカとの同盟関係も揺らぐ」との懸念も出ています。そんななか、文在寅(ムン・ジェイン)政権は任期半ばに差し掛かって“死に体”になるのを避けたいので、支持層をしっかりつかんでおくために今後も日本に対して強硬姿勢を続ける見通しです。ただ、日本に対抗しようとするあまり「外交的に孤立する恐れがある」という指摘も出ています。
“喜ぶのは中国と北朝鮮”アメリカは厳しい反応
“喜ぶのは中国と北朝鮮”アメリカは厳しい反応2分2019
 韓国が22日、日本とのGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄を決めたことについて、アメリカ政府は韓国の決定に対して厳しい反応を示しています。ワシントンから報告です。  (布施哲記者報告)  アメリカ政府は異例ともいえる強い調子で韓国政府に不快感を示しています。アメリカの国防総省は当初、日韓双方に問題の解決を呼び掛ける声明を発表していましたが、その後に2回目の声明を発表すると、一転して矛先を韓国に向けて「非常に懸念している」「失望した」と批判しています。こうしたアメリカ政府の怒りの背景には、韓国が貿易問題を安全保障問題に飛び火させたことにあります。ある元アメリカ政府関係者は「これでアメリカ軍や同盟国の能力が落ちることになる。そうなれば兵士の命、人の生き死にに関わってくる。そういうシリアスなゲームを我々はしているのだ」と韓国の対応を批判しています。また、ワシントンでは、これで日米と韓国が分断されることになれば喜ぶのは中国と北朝鮮だけだという声が上がっていて、失望感をさらに深めています。あるアメリカ政府関係者は「今回の決定は韓国の最高指導者である文(ムン)大統領が決めたことだ。我々にできることはほとんどない」と諦めの表情を見せています。
タイで解禁の医療用大麻 危険な違法製品も
タイで解禁の医療用大麻 危険な違法製品も4分2019
 カナダやアメリカの一部の州で大麻が合法化され、日本でも検討を求める声が上がっています。そんななか、タイで医療用の大麻が解禁され、一部で違法製品まで容認する考えが広がっています。  タイで今年2月に医療用の大麻が解禁されたことを受け、現地の製薬メーカーのみならず、大学までもが製品の開発に乗り出しています。  ランジット大学・リラワット教授:「研究の結果、大麻に含まれる成分が胆管がん細胞の成長を抑える効果があることが分かった。大麻から安全な医薬品を作ることが今の目標だ」  一方で、大麻製品を非合法的に製造している団体があることがANNの取材で明らかになりました。  タイの伝統医:「警察は逮捕したいならしてみろ。私の行為は違法だが、道徳的には間違っていない」  この男性は何と自身で違法に“大麻オイル”を作り、希望者に提供しているといいます。  タイの伝統医:「一般の医薬品では治せない病気も大麻なら簡単に治すことができると信じている」  伝統医は「金もうけが目的ではなく、病気で困っている人を助けたいだけ」と主張。製造費はすべて支援者らの寄付で賄われていて、この日は約300人に手渡されました。  タイの伝統医:「国が認可した大麻オイルより私が作ったものの方が安くて効果がある。国のものは高くて効果があるのか私は知らない」  集まった市民も医療用の大麻は解禁されていて、違法製品だとしても不安はないと話します。  大麻オイルの希望者:「大麻は新たな治療方法であり、解禁して良かったと思う。実…
韓国 GSOMIA破棄を発表 日本に今後も強硬姿勢か
韓国 GSOMIA破棄を発表 日本に今後も強硬姿勢か4分2019
 日本と韓国のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)について韓国政府は22日午後、日本が貿易管理上の優遇対象国から韓国を除外したことを理由に破棄すると発表しました。  韓国大統領府はGSOMIA更新期限の24日を前に記者会見を開き、「GSOMIAを終了する」と発表しました。日本が貿易管理上の優遇対象国から韓国を除外したことを理由に挙げました。これによって北朝鮮のミサイルなどに関する軍事情報を共有できなくなり、日米韓の連携にも深刻な影響が出そうです。韓国では日本の輸出規制に対する反発が続いていて、韓国政府高官は21日に「韓国を信頼できないという国と敏感な軍事情報をやり取りすることが適切なのかという面では最後の瞬間まで悩み、慎重な決定を下すつもりだ」と述べていました。  韓国・ソウルから報告です。  (高橋政光記者報告)  韓国メディアは韓国政府の記者会見が始まってから各社、速報で伝えています。そして、GSOMIA破棄を発表した韓国大統領府の高官はGSOMIAについて、韓国の国益に合致しないという厳しい言葉で切って捨てました。その背景は韓国大統領府関係者によりますと、21日の日韓外相会談でも日本の姿勢に変化が見られなかったことをその理由に挙げています。韓国としてはこれまで日本に特使を派遣して対話の場を持とうとしたのだけれども日本側がそれに応じてくれなかったという主張です。韓国政府はこれを事前にアメリカに通報していて、日本にもこの後に連絡するということです。文政権は日本への強硬姿…
過激な世界の“あおり運転”…想像を超える映像も
過激な世界の“あおり運転”…想像を超える映像も5分2019
 あおり運転の末に車から転げ落ちた男性、トラブルになって窓ガラスをたたき割った女性。21日も世界中から危険な運転の映像が届いています。  北京で17日に撮影された映像。信号が変わった瞬間、無理やり大型バスが車線変更。さらに大型バスは意外な行動に。蛇行運転をしながら乗用車に危険な幅寄せを繰り返しました。道路脇を走るバイクの男。その手にはナイフ。バンコクで14日、タクシーに抜かれたことに腹を立てたバイクの男がタクシー運転手をナイフで刺し、さらに顔を殴打。運転手は頭から血を流すなどけがをしました。  蛇行運転を繰り返す黒い車。すると、怒ったシルバーの車から男性が身を乗り出し、相手をつかもうとします。しかし、バランスを崩して車から転げ落ちていきました。  サウジアラビアでは乱闘事件も。トラックに追突されて怒った赤い車の男性。取り出したのはムチ。トラック運転手を何度もムチでたたきます。すると、トラックから男が次々降りてきて反撃。両者入り乱れての乱闘に発展しました。  バスの窓を野球のバットで破壊する女。さらに、警察に電話をしていたドライバーを無視してそのまま車を発進。警察によりますと、女は違法な追い越しや幅寄せをしてきたことでバスの運転手ともめていたということです。  中国で批判の的となっているのは、まるで女優のような姿の女性。横断歩道でUターンしようとしたところ、男性の車が邪魔になって女は乗用車の男性を平手打ち。女は違法なUターンとハイヒールに帽子という運転に適さない服装で運転したこ…
関係改善の糸口は見えた?…日韓外相が諸懸案を議論
関係改善の糸口は見えた?…日韓外相が諸懸案を議論3分2019
 韓国との関係が悪化するなか、日韓の外相が会談して元徴用工の問題やGSOMIA(軍事情報包括保護協定)などについて議論しました。  河野外務大臣:「日韓の最大の懸念事項であります、旧朝鮮半島出身労働者の問題につきまして、韓国側の対応をしっかりと求める旨、私の方から申し上げました」  会談は約40分間、行われました。河野大臣は韓国国内で日本製品の不買運動など反日的な動きが高まっている問題についても提起し、「地方議会で不当な差別につながりかねない条例案が提案されていることに懸念を表明した」と強調しました。24日に期限を迎えるGSOMIAについても話題に上ったということです。  (千々岩森生記者報告)  今回、外相会談としては異例のケースですが、会談冒頭の双方の発言は取材が許されませんでした。撮影が許可されたのは河野大臣が康京和(カン・ギョンファ)外相を迎えて硬い表情で握手を交わす短いシーンだけでした。両者がカメラの前で厳しい言葉を浴びせあって対立を際立たせる姿を両国の国民に見せること、そして反発がさらに高まることを避ける狙いがあった可能性もあります。また、両者の目が合った瞬間に康外相の表情が少し緩んだことも印象的でした。ただ、河野大臣が韓国国内での反日デモや日本製品の不買運動を指摘する一方で、康外相が原発の汚染水の処理問題を取り上げるなど、そもそもの徴用工問題や輸出規制から論点がさらに拡大していることも事実です。今回は決定的な対立こそ避けつつも緊張緩和に向けた出口はいまだ見いだ…
香港デモが関係? 英総領事館職員が中国で行方不明
香港デモが関係? 英総領事館職員が中国で行方不明4分2019
 香港でデモ以外にも対立を示唆するニュースが相次いで報じられました。メディア同士のトラブルの動画が公開されたほか、イギリスの領事館職員が行方不明になっていることも判明しました。  デモが連日続くなか、20日にインターネット上で大きな話題となった騒動がありました。中国政府系メディアの記者と香港メディアの記者のトラブルです。赤い服の女性が中国本土「広東テレビ」の記者です。香港警察の会見が終わった後、香港メディアの記者20人以上が女性の周りに集まって問い詰めます。女性は「偽記者」で、本当は警察ではないかと疑っているのです。香港のデモでは以前にも偽記者騒動がありました。  13日、香港国際空港で中国共産党系のメディア「環球時報」の記者が変装した警察官だと疑われ、デモ隊に取り囲まれました。この記者は「香港警察を愛している」という文字が書かれたTシャツを持っていて、「香港警察を支持する」と発言したことからデモ隊から暴行を受けて負傷。環球時報は自社の記者だと認め、中国政府もデモ隊の行動を「テロに近い」と声明を出しました。  20日に発生したトラブルで香港メディア側はまず、女性に「身分証」を提示するように要求。女性は自分が広東テレビの香港駐在の記者だとする身分証と名刺を提示し、納得していない様子の香港メディアの記者らを残して部屋から立ち去りました。  一方、今回のデモが関係しているのかは不明ですが、香港のメディアが20日に大きく報じたのがイギリス領事館の職員が行方不明。香港メディア「香港01…
河野大臣「二カ国間で困難あるが」 日韓外相会談へ
河野大臣「二カ国間で困難あるが」 日韓外相会談へ2分2019
 日本、中国、そして、韓国の3カ国の外相会議が北京で行われています。21日午後には日本政府が輸出管理の優遇対象国から韓国を除外することを決定して以来、初めての日韓外相会談が行われます。  (森林華子記者報告)  韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は、会談の冒頭では輸出規制を巡る日本への批判を避けました。  韓国・康京和外相:「3国間の協力は両者の関係に影響を受けず、揺るぎない形で推進していかなければなりません」  河野太郎外務大臣:「それぞれの2カ国間の関係は色々、困難に直面することもありますが、そのなかにあっても日中韓の3カ国の協力を止めるべきでないと思います」  会談に先立つ写真撮影では3人が並んだ際は笑顔でしたが、すぐ近くにいた河野大臣と康外相が言葉を交わすというシーンは一切ありませんでした。その後の会談は冒頭で両者が厳しい表情で発言しました。今回の外相会談を受けて中国側は年内にも3カ国の首脳による会談を開きたい考えですが、日韓関係が改善しない限り難しいとの見方もあります。午後には康外相との会談が予定され、河野大臣は徴用工問題について対応を求める方針です。戦後最悪と呼ばれる日韓関係が改善に向かうかどうか、非常に重要な会談となります。
英アンドリュー王子が未成年少女と?米富豪が斡旋か
英アンドリュー王子が未成年少女と?米富豪が斡旋か3分2019
 イギリスのアンドリュー王子が未成年と性行為をしたとする疑惑が報じられました。証言者の女性はアメリカの大富豪から売春をあっせんされたとしています。  エリザベス女王の次男でチャールズ皇太子の弟・アンドリュー王子。この王子が性的虐待に関与した疑惑が報じられているのです。疑惑のもととなった写真、王子が女性の腰に手を回しています。この女性、バージニア・ジュフリーさん(36)が「王子との性行為を強要された」と証言したのです。  疑惑が浮上したきっかけは数十人もの未成年の少女を性的に搾取し、虐待したとして起訴されたアメリカの大富豪、ジェフリー・エプスタイン被告の裁判でした。エプスタイン被告は少女らを顧客に紹介し、売春をあっせんした疑いが持たれています。エプスタイン被告は邸宅をいくつか所有していますが、そのうちの一つにはわいせつな写真とアダルトグッズで飾られたマッサージ室もあったということです。  では、その顧客とは誰なのか。エプスタイン被告はトランプ大統領やクリントン元大統領など有力な政治家のほか、イギリス王室のアンドリュー王子などのセレブとの幅広い交友関係で知られていました。このエプスタイン被告の被害者の一人がジュフリーさんです。AFP通信によりますと、ジュフリーさんは未成年だったころ、エプスタイン被告を通じてアンドリュー王子と性行為をさせられたとしています。  実は、アンドリュー王子に関する疑惑は初めてではありません。2015年にもエプスタイン被告が開いた未成年の女性を含む「乱交パ…