ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2020【土曜放送】

ニュース

史実を刻む~語り継ぐ"戦争と性暴力"~

史実を刻む~語り継ぐ"戦争と性暴力"~

49分2020

米ドキュメンタリー賞受賞記念特番 世界最大級の映像祭で銀賞受賞!旧満州で起きた悲劇を勇気ある告白から史実に残す過程を描いた珠玉のドキュメンタリー 戦争直後、中国・旧満州で起きた「性接待」という名の性暴力。岐阜県・旧黒川村から入植した開拓団で起きた悲劇だ。生き延びるためにソ連軍を頼り、見返りとして未婚の女性たちに性の相手を強要した。封印されてきたこの事実を女性たちが告白し、2018年、遺族たちが碑文に刻んだのだ。犠牲になった女性たちに寄り添うことは、史実として残すこと。遺族会会長が取った行動だった。記録に残すことが問われる時代に真正面から歴史に向きあった人々。碑文ができて、2019年夏、大学生たちが訪れた。女性たちの思いは確実に後世に伝わっている。 この作品(テレメンタリー 2019「史実を刻む~語り継ぐ“戦争と性暴力”~」1時間版)は 「アメリカ国際フィルム・ビデオ祭」(USIFVF)ドキュメンタリー・歴史部門において、銀賞に相当する「Silver Screen」を 受賞した。 アメリカ国際フィルム・ビデオ祭(US International Film & Video Festival)は 1968 年にアメリカのシカゴで創設された世界最大級の映像祭で、 ドキュメンタリー、エンターテイメント、教育など多岐にわたるジャンルの映像作品を表彰しており、 今回は世界26か国から1000作品以上が参加した中での銀賞受賞となった。