酒癖50

ドラマ

マイリスト
  • とある企業に務める青田(浅香航大)は、営業部実績ナンバー1の“デキる”社員。自分が出来る事は他人も出来ると、後輩にも自分と同じ努力をするように激を飛ばす。その態度を“パワハラ”だと上司にとがめられるも聞く耳を持たず、クライアントとの会食では部下にシャンパンの一気飲みを強要するのが日常茶飯事だった。ある日人事部主催の講義に呼ばれ、講師であるヘイトアルコールファームの酒野聖(小出恵介)から“この会社で酒癖の悪い50人”であると告げられる。その日は酒の一気飲みの危険性についての講義がなされ、心当たりのあった青田は前日の飲み会を思い出し…。
  • 営業部の下野(前野朋哉)は理不尽な事にも「仕方ない」と職務を遂行し、上司やクライアントに頭を下げる毎日を送っている。ストレスを抱えながら仕事し、酒を飲むと性格がガラリと変わって問題行動を起こす、いわゆる“酒乱”だった。酒野(小出恵介)の講義に出席し、酒の怖さを知ったことで下野は断酒を決意。アドバイスに従って新しい趣味をもつことに前向きになるが、再び強いストレスに襲われ…。
  • 総務部の口山(犬飼貴丈)は、社員からのクレームに粛々と対処する日々に追われ、鬱憤をためていた。ある飲み会で、無礼講という名のもと、嫌われている上司に酔った勢いでもの申し、周囲の社員から感謝され自信をつける。“無礼講”の口撃は社内で噂になり、いつしか他部署の飲み会にまで呼ばれ、もてはやされるようになっていった。数々の嫌われ上司を“無礼講”で改心させた口山だが、酒野(小出恵介)の講義に出席し、酒の力で人を攻撃することの危険性を説かれる。だが、自分のやっていることは“世直し”“正義”であると信じる口山は聞く耳を持たず…。
  • 色川(村上純・しずる)は、マーケティング部のスタークリエイター。マーケティング部は人気の部署で、異動してここで働きたい社員も多い。酒野(小出恵介)の講義に呼ばれた色川は、酒を使って女性を口説く危険性について説かれる。「人を酒で強引に支配することは犯罪だ」と言われるが、色川には他人事だった。彼は恋愛工学を活用し、多くの美人社員を強い酒をすすめることで落としていた…。
  • 酒野(小出恵介)はなぜ“酒を大嫌いにさせる”プログラムを開催するに至ったのか?酒野はかつてベンチャー企業の社長だった。部下の村上とともに創業したその日、中学の同級生・武山(小池徹平)もまたBarを開店し、2人は互いの門出を祝いあった。やがて酒野の会社は急成長、同時に彼の酒の飲み方も変わっていく。傲慢な態度も垣間みえる酒野に、武山は「人が変わることは悪いとは思わない。だけど、格好悪く変わってると寂しい」と苦言を呈す。だが、武山の言葉は酒野に届かず、彼の酒の飲み方は悪化の一途を辿る…。
  • 武山(小池徹平)が逮捕されたことで、一度は酒が大嫌いになった酒野(小出恵介)。一滴も酒を飲まなかった間も会社は順調に大きくなり、夢の実現に近づきつつあった。しかし、親友・武山を犠牲にしても、完全に変わることができなかった。武山との連絡を部下の村上に止められ、酒野は次第に不安定に。再び深酒するようになり、仕事にも悪影響が出はじめる。そんな時村上から、武山が酒野の会社も人生も全部ぶち壊すと言っていたと聞かされる。困り果てた酒野に「やられる前にやるしかない」と村上が提案する…。
  • \小出恵介 4年ぶりのドラマ復帰と再出発の裏側に密着したドキュメンタリー 特別先行映像公開/4年ぶりの主演となるアベマオリジナルドラマ『酒癖50』撮影初日の撮影裏に潜入するほか、久しぶりの共演となるゲストとの本音トーク、独占インタビューにて2年間のNY生活やドラマ復帰まで空白の4年間の苦悩や葛藤を告白するなど、普段見られない素顔を余すことなく映し出す。真っ直ぐに前を向く小出恵介が見据える、今後の俳優としての野望とは…?ナレーションは、過去共演を果たした俳優仲間、そして一人の友人である小池徹平が務める。
  • \小出恵介 4年ぶりのドラマ復帰と再出発の裏側に密着したドキュメンタリー/4年ぶりの主演となるアベマオリジナルドラマ『酒癖50』撮影初日の撮影裏に潜入するほか、久しぶりの共演となるゲストとの本音トーク、独占インタビューにて2年間のNY生活やドラマ復帰まで空白の4年間の苦悩や葛藤を告白するなど、普段見られない素顔を余すことなく映し出す。真っ直ぐに前を向く小出恵介が見据える、今後の俳優としての野望とは…?ナレーションは、過去共演を果たした俳優仲間、そして一人の友人である小池徹平が務める。
  • \小出恵介 4年ぶりのドラマ復帰と再出発の裏側に密着したドキュメンタリー/4年ぶりの主演となるアベマオリジナルドラマ『酒癖50』撮影初日の撮影裏に潜入するほか、久しぶりの共演となるゲストとの本音トーク、独占インタビューにて2年間のNY生活やドラマ復帰まで空白の4年間の苦悩や葛藤を告白するなど、普段見られない素顔を余すことなく映し出す。真っ直ぐに前を向く小出恵介が見据える、今後の俳優としての野望とは…?ナレーションは、過去共演を果たした俳優仲間、そして一人の友人である小池徹平が務める。