面白南極料理人

面白南極料理人

ドラマ

舞台は、南極の昭和基地から離れる事1000km、標高3800m、平均気温-54°C、世界で最も過酷な観測地帯と言われる「ドーム基地」。生物はおろかウイルスさえも生存する事が許されない、地の果てである。この物語は、3人の研究者と4人の設営隊員の合計7人の「第38次南極越冬隊」の話である。日本ではスゴイ肩書きのそうそうたる面々だが、普段はただの7人のオジサン。そんな彼らが、閉鎖された空間で1年間を一緒に暮らすのだ。楽しみなんて何もない。あるのは、厳しさ・過酷さ・息苦しさ・ストレス・不安・心細さ。逃げる場所もなければ、頼る人も隊員以外にいない。極限状態の中では、日本では考えられないような事件が度々起こる。しかし、最後は、主人公の大将こと西村隊員の美味しい料理を食する事で、7人の心が再び1つになっていく。実にダサくて、カッコよくて、でもバカバカしい、7人のオジサンたちの予測不可能なコメディドラマである。